閲覧数: 1,028 PV

読了時間:約 3

投稿者:おっぱい聖人 さん(男性・40代) 体験談タイトル:ヨーロッパ美女との交戦 我 ヨーロッパに住んでまして、結構色々な国籍の美女と交戦してまいりました。 この夏コロナ危機ですが、親族の結婚式があり北ヨーロッパに1週間滞在して…

閲覧数: 1,611 PV

読了時間:約 7

投稿者:タケシ くん(男性・40代) 体験談タイトル:15年間ズリネタだった女と再会し…。 15年ほど前、私が勤めていた会社はスポーツが盛んで、軟式テニス部もあった。 男女合わせて部員が6名、部というより同好会的な扱いだった。 …

閲覧数: 1,106 PV

読了時間:約 11

投稿者:ぽぴお さん(男性・40代) 体験談タイトル:「寝取らせ」妻45歳 年下バイト君と…② 前回のお話:愛妻に大学生バイト君との惚気話をされて鬱勃起・・・・・(その①) 愛妻から、年下バイト『ハルキ』との逢瀬を聞いて、暫く…

閲覧数: 994 PV

読了時間:約 5

投稿者:熟年教師 さん(女性・40代) 私は40代の元体育教師です。 先日、やっと20代の男性教師と結婚できたので寿退社しました。 お腹の中には彼の赤ちゃんもいます。 しかも、彼のお父様は大手企業の社長さん。 そし…

閲覧数: 663 PV

読了時間:約 4

体験談タイトル:【ハードな女王様との40歳体験談(傷だらけの僕)】 今年で41歳を迎えた僕は家庭もなし、彼女もなしのサラリーマン、つまりは独身貴族だ。 このまま家庭を持つこともなく、孤独死まっしぐらな僕にも一応趣味…というか生きる糧…

閲覧数: 1,016 PV

読了時間:約 6

投稿者:ぽぴお さん(男性・40代) 体験談タイトル:「寝取らせ」妻45歳 年下バイト君と… 前回のお話:自分の淫欲に素直になった妻(45)がパート先の大学生をターゲットに・・・・・ 管理人様に、寝取られ男の戯言をまとめて頂い…

閲覧数: 1,360 PV

読了時間:約 3

投稿者:義兄者 さん(男性・40代) 夕食時でした。 サンマの乗った皿をテーブルに置きながら 「変な相談していい?」 と、嫁(43)は神妙な顔をしています。 「妹のことなんだけど・・・」 嫁は着席しました。 「うん…

閲覧数: 3,275 PV

読了時間:約 5

投稿者:ぽぴお さん(男性・40代) 体験談タイトル:「寝取らせ」妻45歳 その後の覚醒 前回のお話:【寝取られ】同窓会にいった妻(45)がパイパンになって帰ってきた・・・・・ 「寝取らせ」と、自分の淫欲に素直になった愛妻の変…

閲覧数: 4,863 PV

読了時間:約 7

投稿者:ぽぴお さん(男性・40代) 体験談タイトル:「寝取らせ」妻45歳 気持ちに素直になります! 前回のお話:【寝取らせ】愛妻(45)に撮影と称してカメラマンにセックスに持ち込んでもらった結果・・・・・ 連投、長文で、大変…

閲覧数: 3,073 PV

読了時間:約 10

ぽぴお さん(男性・40代) 体験談タイトル:「寝取らせ」妻45歳 二回目の寝取らせで、何だか雲行きが… 前回のお話:他人棒が欲しくてたまらない愛妻(45)の妄想を聞きながら粗チンで中出し・・・・・ 初めての「寝取らせ」から約…

閲覧数: 2,523 PV

読了時間:約 5

投稿者:ぽぴお さん(男性・40代) 体験談タイトル:「寝取らせ妻」45歳とその後の性活③ 前回のお話:【寝取られ】他人棒に目覚めた妻(45)、公然と同窓会で浮気しようとしてる件・・・・・ 私のたっての希望で他人棒を経験し、一…

閲覧数: 1,971 PV

読了時間:約 4

投稿者:悦子 さん(女性・40代) 今年の夏にあった出来事なんですけど・・・。 私は4人家族で旦那と娘が2人います。 私は40代、娘は中学1年生と小学5年生です。 最近は旦那に求められないしエッチもしていないので、も…

閲覧数: 2,406 PV

読了時間:約 3

投稿者:洋二 さん(男性・40代) 8歳の娘がいるパパ(47)ですが、酔った勢いでママ友とヤってしまいました。 マリカさん(32)は、娘の同級生のママであり、同じマンションに住む人妻です。 彼女とは、元々出て行った妻が産院…

閲覧数: 1,803 PV

読了時間:約 4

投稿者:和実 さん(女性・40代) 1児の子を持つ、40越えたシンママです。 息子のためにと仕事を頑張ってきたので、自分だけの時間もなく、肌もボロボロ。 他のママたちが綺麗なのに、私はいつも疲れ果てた格好ばかりしていました。 …

閲覧数: 3,732 PV

読了時間:約 3

投稿者:裕子 さん(女性・40代) 新婚旅行先で、夫に路上で犯された経験があります。 我慢できないと過剰に興奮する夫を初めて見た時、少し怖い感じもありましたが、それだけ私を求めてるんだと思うと嬉しかったんです。 本当は…