女装好きな俺(ノンケ)が男の娘好きなイケメンにイカされた・・・・・

閲覧数: 705 PV

※この体験談は約 6 分で読めます。

体験談タイトル:女装子がはじめて男性に抱かれてメスイキした話

「はぁ…んっ…もう…やだ…グチュグチュのオマンコ気持ちいいよぉ…」

俺は女の子が大好きだったはずなのに…まさか男に抱かれてメスイキしてしまうなんて。
自分でも信じられないけれど、この時俺は体も心も女性になれたような気持ちになった。

これは女装子の僕が男の生チンポで犯された体験談。

まずは主な登場人物

俺(春輝)…23歳・女の子が好き過ぎて女の子になりたい性癖。
10代の頃から女装趣味がある。女装すると美人だと自負している。

征哉…26歳・女装した俺に惚れているイケメン
A子…女友達兼セフレ。俺の女装趣味にも理解アリ
B子…サイトで知り合ったセフレ。自称S女
その他…変態紳士という名のキモいおっさん達

冒頭でも説明した通り、俺には10代の頃から女装をしている。
その理由は女の子が大好きだから。
女の子ってふわふわしていて可愛いし、肌もスベスベで柔らかいし、いい匂いがするし、存在自体が本当に神だと思う。
それに比べて男はゴツゴツしていて硬いし、見た目も可愛くないし、なんか汗臭い。
そんな男を卒業したくて始めたのが女装であり、女装する事で、自分も憧れの女の子になれたようで嬉しくなった。

心理学では同一視とか同一化というらしく、自分にとって憧れの存在の特徴や振る舞いを真似て欲求を満たす行為なのだという。
これを聞いた時、まさに俺の事だなと思った。

女装をしているとよく“恋愛対象は男なの?”と聞かれるけれど、ありえない。
さっきも書いた通り、男そのものには何の可愛さも魅力もない。
男には一切興味はないし、恋愛対象になどなり得るはずもない。
多分これが女装子とニューハーフやオネエと言われるトランスジェンダーの違いなのだと思う。

こんな事を書くと叩かれるかもしれないけれど、“体は男だけど心は女、でも恋愛対象は女性でいわゆるレズです”なんて言っている自称トランスジェンダーの女装子はただの女好きの勘違い野郎だ。
むしろ俺のように“自分は女性が好きすぎて女装までするようになったいわゆる女性フェチです”と開き直った方が潔くないだろうか、とも思う。

と、少し話は逸れたけれど、俺はただの女性フェチでマニアなだけで、男は1%も恋愛対象にはなり得なかったのだ。

そんな俺が征哉と出会ったのは合コンでの場だった。

“女装して合コンに参加してみない?”
とA子に誘われたのがきっかけだ。

A子は女友達の一人で、一緒に遊びに出かけたり、飲みに行ったりする仲だ。
A子の気分が乗ったらセックスする事もある。
また、俺の女装趣味にも理解があるので、一緒にメイク道具や女の子の服を選んだりもしてくれるし、たまに女装レズセックスを楽しんだりする事もあった。

そんなA子に誘われた合コン。
別に男との出会いが欲しいなんて思っていなかった俺は一度は断った。
けれどA子からの、

“何で女の子は綺麗でいられると思う?”
“男性から可愛いと思われたいからだよ”
“たまには女の子として男と話してみる事でもっと女の子らしくなれるんじゃない?”

という言葉に俺の心は揺り動かされた。
確かに女の子がメイクをして可愛く振る舞うのは大抵が男のためだ。
男の視線を得たり、心を掴むために女性らしく振る舞う。
けれど男に興味のない俺には、その部分はあまり理解できなかった。
それは普段、女装姿で男と絡む事がなかったからとも言えるし、興味がないから絡む事がなかったとも言える。

A子の言い分は理解できると思った俺はさらに女の子の気持ちを理解するため、女の子気分を味わうため、合コンに参加する事にした。
合コンの参加者は俺も含めた女性が4人、男性が3人。
主催者のA子は仕切り役に回るらしい。

この日、俺はA子の手によって女の子に変身した。
いつもより入念にメイクをして、髪を盛り、男ウケする服装をチョイスした。
俺はどちらかというと黒髪清楚系な女の子が特に好きで、そういう系の女装を楽しむ事が多いけれど、この日は巻き髪の明るめロングヘアに、一枚脱ぐと胸元がチラリというあざと系女子に変身。

ちなみにおっぱいは詰めて寄せてDカップに仕上げた。
自分で言うのも何だけど、トリンドル玲奈に似ているなと思った。
こんな事を言うと悪いけれど、他の女子2人よりも女装した俺の方がイケてるとも思った。

また、相手の男は全員20代で3人のうち2人はフツメン。
というか髪型とファッションで何とか下駄を履かせた上でフツメンといった感じだった。
けれどもう一人は違った。
切れ長の奥二重に高い鼻筋。
背丈も180cm近くありそうなスタイルの良さ。
間違いなく真のイケメンの部類だった。

この日はスーツを着ていたけれど、彼が寝起きのスエットでやってきたとしてもイケメンには変わりないだろう。
俺の隣にいた他の女子2人も同感だったのだろうか。
水増しフツメンは眼中になく視線はイケメンを追っていた。
そしてこのイケメンこそが、征哉だった。

こうして臨んだ合コン。
まずは自己紹介から始まり、その後各々での会話が始まる。
ちなみに俺は“名前はハル。
プログラマーをしていて彼氏はいない”という設定だった。
といっても本名は“ハルキ”だしプログラマーなのも彼氏がいないのも本当だからほとんど嘘は吐いていない、性別だけが嘘なのだ。

俺の自画自賛は間違いなかったようで、フツメン2人が俺に食いついてきた。

“女の子なのにプログラマーって珍しいね”
“パソコン得意なの?”
“休みの日は何してるの?”

“そうだね、よく言われる”
“まあ、普通の人よりは得意だと思う”
“ゲームしたり音楽聴いたりかな”

質問には卒なく答えた。
性別以外に嘘はないから答えるのは大して難しくもなかった。

“っていうかこんな可愛い子が来るなんてマジでテンション上がる!”

フツメンの一人はこんな事を言い始めた。
全員に向けて言うならいいけれど俺だけに言ったら他の女子が気を悪くするとか考えないんだろうか。
でもこんな風に褒められて嫌な気はしなかった。

この時の俺は女の子になりきっているから“可愛い”“綺麗”“美人”といった言葉はどんなものでも嬉しかった。
ああ、女の子は褒められて綺麗になるんだなというのが分かる気もした。
俺は少し気分が良くなって、上に着ていた服を一枚脱いだ。
盛られた胸元が露わになると、フツメン2人の視線を胸に感じる。
本当に俺を女として見ているんだ、と思うと妙な高揚感を覚えた。

フツメン2人と俺がこんなやりとりをしている間、征哉は他の女子との会話に花を咲かせていた。
といっても女子2人が一方的に征哉を質問責めにしているという感じだったけれど。
それでもやっぱりイケメンの余裕なのか、愛想の良い笑顔を絶やさず対応している。
そういうところがさらに女性の好感度を上げるのだろう。
男としての俺も見習いたいところである。

と、それなりに合コンも盛り上がっていた時だった。
不意に視線を感じた。その先に目をやると征哉と目が合う。
彼は笑みを浮かべるでもなく、何かを考えるような表情でじっと俺を見ていた。
思わずドキッとする。

恋愛的なものではない。身構えるような胸のざわめき。
何というか、俺の心の中を覗かれているような気がしたのだ。
でもそれはほんの数秒の事で、彼はまた女子2人との会話に戻った。
俺はホッとした。

そうしているうちに合コンもお開きの時間となる。
仕切り役のA子が“連絡先交換するなら今だよー!”と呼び水を与えた事でラインの交換会が始まった。

当然女子2人は征哉にラインを聞き出していた。
そして俺はフツメン2人にラインを聞かれた。
男に興味はないけれど、断るのも白けるだろうし交換した。
そんな時だった。

「ねぇ、ハルちゃん。俺もライン聞いていい?」

フツメンに乗じて征哉が俺との連絡先交換を求めた。
ほとんど話をしてないのに何故?と思ったけれど、もしかして密かに俺は狙われていたのだろうか。
だとしたら俺はこのイケメンにも通用する美人なのだと、ちょっと嬉しくなって彼とも交換に応じた。

今回、初めての女装しての合コンで得た事。
確かにA子の言う通り、男性と接して褒められる事で嬉しさも感じたし、女子として見られる事に高揚感も覚えた。
だからと言って恋愛対象が男になるわけではないけれど、たまにはこうやって男性からチヤホヤされるのも悪くないなと思った。

合コン解散後。
早速フツメン2人からラインが届いた。

“今日はありがとう!今度一緒にメシでも食いに行こうよ!”
“ハルちゃんみたいな可愛い子と話出来て嬉しかったよ。デートとか出来ると嬉しいな”

二人とも俺が女だと完全に思い込んでいる。
少し罪悪感を感じた。
女装しての合コンはその場だけで楽しむものであって関係を長引かせるものじゃないな、とも思った。
面倒だったので、“そうだね”とだけ返した。

そうしているうちにもう一通ラインが来た。
征哉からだった。
その内容に心臓が飛び出る思いがした。

“今日はあんまり話せなかったけど、一つ聞いていい?ハルちゃんって男だよね?”

合コンで目が合った時、もしかしたらあの時に勘付いたのかもしれない。
ドキッとした予感は当たっていたのだ。また胸がざわつく。

・・・

▼続きを読みたい方は以下からどうぞ!▼

女装子がはじめて男性に抱かれてメスイキした話

引用元:女王様とお呼び!

コメントを書く