このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は女性の体に触りたいという気持ちだけでマッサージ師になった。そして欲望はとどまることを知らず、本番までもっていこうとするもAVのようにはいかず悶々としていた。そこへ、セフレの女店長から魅力的な提案を持ちかけられるのだが・・・。

女の体に触りたくて、マッサージ師になりました。

高校卒業して特になりたいものはなく、卒業後すぐマッサージ師を目指しました。
本当はなりたいものはあったのですが、さすがにAV汁男優一本に絞る勇気はありませんでした。
ただ、どうしても女の体に触りたい!それで金が欲しいと思った時マッサージ師を思いついたんです。

最初勤めたところは、駅から遠かったせいかおじさんおばさんが多く、とても辛かったです。
もちろん、すぐに女性客が多そうなところに転職しましたよ。

最近では20代の子もマッサージを受けに来て、オイルマッサージで彼女たちに触り放題です。
いいだろう!

ただ、触るだけじゃやっぱり物足りなくなってくるんですよね。
47歳のバツイチ女店長をセフレにできても、やっぱり客を犯したい欲求は止められず(笑)
何度か怪しい感じで触るものの、その気になってくれる女性はなかなか現れませんでした。
それどころか、何回かクレームを受けたりして(笑)

女店長「私の体だけじゃ不満なの?仕事中はやめてよ。クレームついたら客足遠のくじゃん!」

かなり真剣に怒られましたが、勃起したチンコを見せると「もう…しょうがないんだから」とフェラしてくれたので、許してくれたんだと思います。

しばらくしてから、セフレである女店長から嬉しい知らせが来ました!

女店長「嫌なママ友がいてね。弱み掴みたいからセックスしちゃってよ。」

マジか!いいのか!てか、そんな嫌な女と俺を共有してもいいのか?と驚きましたが、最後は興奮と興味が勝ちました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者女性が電車で痴漢に遭った忘れられない思い出。帰宅ラッシュに巻き込まれた投稿者はぎゅうぎゅうの電車の中でお尻を触られていることに気付くも両手が荷物でふさがっており、どうしようもない状態。しかしそいつは最後にとんでもない置き土産をしていく・・・。

高校生のとき、電車で痴漢されたときのはなし。

学校から帰る途中の電車で痴漢にあいました。
いつも放課後はお友達とおしゃべりして遅くまで残っているんだけど
その日はなぜか「疲れたなぁ…」と思い帰宅する事にしました。

電車に乗ると帰宅ラッシュで満員。
嫌だな~と思いながらなんとかドアのところで入れてもらいました。

その日は両手に荷物を持っていて
電車に乗ると人の間に荷物が挟まり全く動けない状態に。。
あまりにギュウギュウで最初は気づかなかったんだけど
数分後、誰かがお尻を触ってる!

びっくりしてよけようと思ったけど荷物のせいで全然身動きが取れない。
それを良い事に痴漢はパンチュの上からお尻を触り始めました。
手で押さえることも出来ないし、逃げることも出来ない。

「早く駅について~」なんて心の中で願ってると
当たり前のようにパンチュを下ろしてきてアソコを触り始めました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性には高2になる姪っ子がいた。小さいころから知っているのだが、最近になって色っぽくなってしまった。そしてある日、姪っ子がパソコンを少し貸してほしいと家にやってきたのだが・・・。

近所に居るウチの姪っ子、高校2年生。

小さいころから可愛い子だったが、中学、高校と急に色っぽくなってしまいました。

先日、私がたまたま休暇中で、幼い我が子と部屋で寝転びながらあやして遊んでいたところに、その姪っ子が学校帰りで制服姿でウチに来ました。

ちなみに姪っ子の高校の制服は、ブレザーで、この辺じゃ結構可愛い部類です。
スカートは赤いチェック柄で、プリーツが入っているデザインです。
そして、姪っ子は良い子に成長しているようで、スカート丈も膝上で結構正統派スタイルです。

どうやら自分の家で使ってるパソコンが調子悪いらしく、私が使っているパソコンをちょっと使わせて欲しいとのことでやって来ました。
インターネットでちょっとした調べモノをして、そのページを印刷していくだけの数分の作業で、「ありがと~」と言って上機嫌で帰っていきました。

さて、その数分間・・・。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者は高3の夏、剣道部の合宿で海に行っていた。3年で参加したのは自分だけで一人で海にボートをこぎだすと巨乳の後輩が泳いできてた。「のせてください」という彼女。そしてボートに乗り込んだ時にハプニングは起きた・・・。

2001年、高3の夏、剣道部の合宿で館山に行きました。

10日の合宿の間、普段は午前2時間半、午後4時間の練習で泳ぐどころじゃなかったけど、最終日だけは午後の練習が無く、みんなで泳ぎにいきました。

練習でくたびれ果て、しかもミニ国体の候補選手ということで3年でただ一人引退せず部に残った僕には一緒に遊ぶ仲間もおらず、砂浜に寝ころがって海をぼんやり眺めていました。

しかし、それも1時間もするとあまりに暑くなり、ボートを借りて沖に出てみる事に。

冷えたビールを買ってこぎ出すと、1年生の女子部員の一人が「せんぱ〜い、乗せてください」と泳いで寄ってきた。
入部したときから意識してしまっていたかわいい子だったので、もちろん僕はまんざらでもない。

「おう!」と答えて後輩の両手をつかみ、ボートに引き上げようと思い切り引き上げた瞬間、水がうまい具合に谷間に溜まってしまったたらしく、真っ白なおっぱいが両方ポロリ。

ボートに飛び乗った後輩は一瞬気づかず、反対に凍結してしまった僕に驚いていましたが、1秒半ほどすると悲鳴を上げてしゃがみんでしまいました。

僕はとにかく後ろを向き「いいから早く戻せ」と、訳が分からないまま諭して、取り急ぎ頭の中を整理しました。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は少女が小6の時から家庭教師をしていた。彼女が中学の時に彼女の部屋でレディコミを発見してから彼女と少しづつ距離が縮まり、高3になった時についに彼女の処女を頂く事となるのだが・・・。

何年も家庭教師を続けていれば、それなりの出来事がある。

大学入学時から社会人になってからも、家庭教師を続けている家があり、 おかげで事欠かない暮らしをしていると言える。

その家の娘Aは小学校6年の頃から、俺が勉強を見てきている。
すでに今年の春で高校3年生になった。

Aは幼児体型だが、顔のつくりがハーフかと思うくらいで、人形みたいな感じがする。
Aが中学に上がった夏休みにレディコミを部屋に隠していた。

それを俺が見つけてしまったのが良い機会になり、思春期ならではの好奇心に花が咲いた。

Aは真面目に宿題をこなしていたおかげで、学校での成績も特別良い方ではなかったが、中の上くらいを維持していたので、親にはばれなかった。

時間も経つと下ネタは話だけでは終わらず、服の上からではあったが、スキンシップを図るようになっていた。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者女性は高校生。誰にも言えない楽しみがあった。それは露出プレイ。と言っても大っぴらに露出するわけではない。男性が凝視するギリギリのラインで露出するのだ。初めて露出に目覚めたのは大雨の日、濡れた制服姿を凝視する中学生男子を見た時だった・・・。

私には誰にも言えない楽しみがある。
ほぼ毎日学校が終わると暗くなるのを待って楽しんでいる。

自分がこの趣味にハマってゆく過程ではその異常な感じに相当悩んだけど、いまではこれ無しでは生きていられない。日課のようなものだ。

自分の特殊な趣味に気づいてしまったのは昨年の初夏。
部活で帰りが遅くなったその日、天気予報では雨の確率0%だったんだけど突然の豪雨。

夕方から天気は怪しかったけど最寄り駅と自宅の中間にある大きな公園を横断している最中に、どんどんあたりが薄暗くなりあっという間に土砂降り。

制服の薄手のシャツと膝上に詰めたスカートはずぶぬれで、とくに白いシャツは下着も透けて私はそれを隠すように身を屈めて公園内を走ってた。

公園を抜ければすぐに自宅。
そう自分に言い聞かせて恥ずかしさと通り過ぎる人の好奇の目線に耐えながら走った。

公園のまんなかまでくるとさすがに人通りも少なくなり、息が上がり始めた私は少し足を緩める。
中央広場にさしかかる頃さすがに走り続けて限界。
立ち止まり膝に手をつきはぁはぁと息つく。

ふと視線を感じる。再度胸の前を隠すように腕で覆いあたりを伺うと、ちょと離れたところに自分もずぶぬれなのに私を見つめる地元中学の制服を着たの男の子。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】ある程度イケメンな投稿者のJKの落とし方講座。※ただし、実際にやると犯罪になる可能性あり。

JK最高!

処女も多いし、経験済みの子もそこまで経験したことない、エッチが好きじゃない、そんな子をエッチに夢中にさせてやる達成感?

そういうの、マジたまんねぇ。

しかも、条件さえ揃えば簡単に落ちる。

・ある程度イケメンであること。
・信用してもらってること。
・アドレス、ライン、ツイッター聞いてなるべく絡むこと。

この三つのみ。

マジでJK落とすのはある程度イケメンだったら楽勝。

とりあえずはなるべくライン、ツイッターで絡みながら誘えるチャンスを待つ。

JKが食いつきそうなキーワードを入れていけばOK。

カラオケ、イタリアン、パスタ、パフェとか、そういう店に行ったとか言えば、「いいなー、私も行きたい」って食いついてくるはず。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者が学生の頃、付き合っていた女子高生の彼女とその従兄で投稿者の同級生のカラミを撮ったAVがあるという。それは間もなく卒業して離れる投稿者が彼女に頼んで撮らせてもらった思い出の作品だというのだが、その裏には同級生の彼女への想いもあった・・・。

私は、歪んだエロスを映像化したいがために、学生時代の恋人をモデルにエロビデオを撮影したことがあります。

卒業1か月前、卒業したら地元に帰る私と彼女はお別れになるので、最後の願いということで彼女に出演してもらいました。

彼女の名は安奈、当時高校2年の17歳で、安奈のお相手は、安奈をずっと好きだったが遠慮があって安奈との思いを遂げられていなかった私の同学年の学友の吉弘でした。

実は、吉弘と安奈は従兄妹で、それが縁で私と安奈の交際はがスタートしたのですが、吉弘は安奈を好いていたことが後に判り、卒業する際にマゾ調教していた安奈を譲り渡す際の記念映像として私が映像監督をして撮影したのです。

設定は兄妹相姦で、妹をマゾ調教する兄の映像です。

私が監督した裏AVを、私が仕事上の接待で数人の男に見せたのです。
もちろん私が撮影したことや、吉弘と安奈の関係、安奈は本物の女子高生だということは伏せてあり、素直な感想が聞きたかったのです。

私と数人の男が見つめる画面に、
「妹の安奈はマゾ女子高生」
とタイトルが出て、三つ編み姿でセーラー服を着た10年前の本仮屋ユイに似た可愛い安奈が、兄の吉弘の部屋に入るところから始まっています。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は醜い容姿からかなりの変態だった。そしてバイト先のカラオケボックスにいるかわいい女の子を追い回し変態行為を繰り返していた。そんな変態男に制裁がくだる・・・。

僕は変態です。

性欲が強くて、だけど顔・外見がダメダメなので女の子にモテません。

なので、心が捻じ曲がりました。

ちなみに、大学に通いながら、某カラオケボックスでバイトしています。

そこにJKの菜子ちゃんというカワイイ女の子がいます。

気が弱い感じの、目立たないけどカワイイ子という雰囲気の子です。

更衣室・ロッカーは男女別ですが、内側から鍵をかけるタイプ、外からは入り放題なので、誰もいないときは女子更衣室に簡単に入ることができます。

そして、菜子ちゃんのロッカーをいつも漁っています。

普段菜子ちゃんが着ている制服をくんくんしたり。

連勤のときは制服をクリーニングに出す暇はなく、汗っかきな菜子ちゃんの制服からはデオドラントスプレーに混じった汗の匂いをしっかり嗅げます。

指定の靴ももちろんくんくんします。

菜子ちゃんの足汗の匂いはかなりきつくて、むんむんと汗臭い匂いがします。

そして、毎回菜子ちゃんのFace○ookに、メッセージを送ります。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は大学中退して引きこもりニートのなった。その後、なんとかラノベ作家になったが、全く売れず・・。しかしある日、女の子からファンレターが来た。早速、名前をネットで検索してみたらTwitterで発見。Jk、しかも巨乳美少女だった・・・・。

引きこもりニートだった俺です。
大学も中退して精神的に病みましたが、その後なんとかラノベ作家になりました。

ルサンチマンを込めて書きまくりましたが……まったく売れませんでした。
初版止まりもいいところです。

四作出して、もう次の話が来ませんでした。

ある日、編集部から封書が届きました。ファンレターが入っていました。

くまさんのレターセットでした。中に何故か一冊、俺の本が入っていました。

手紙を読んでみました。

「〇〇せんせいへ

ブックオフで100円だったので買って読みました!面白かったので別の本もブックオフで買いました。なのでサイン書いてください。で、送ってください!頑張ってください」

と、書いてありました。
この記事の続きを読む