このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】息子が家を出たので大型犬を飼うようになった投稿者一家。普段は義父と2人でいることが多い。そんなある日、犬が股間の臭いを嗅いで舐めてくるので、思わず感じてしまった彼女。しかし義父がやって来て終了。その後、コタツで義父と寛いでいるところへまた犬が入って来て中からマンコを舐め始めた・・・!

52歳の夫と76歳の義父、そして愛犬シロと暮らす私は45歳になる主婦です。

1人息子も2年前に高校を卒業し、都市部に就職が決まり家を出ました。
息子の代わりと1匹のラブラドール(シロ)を購入し、一緒に暮らす事になったんです。

シロの世話は私がしていた関係で、シロは私に随分と懐いています。
そんなある日、キッチンで夕食の準備をしているとシロが近づいて来て、私の傍でクンクンと臭いを嗅ぐ仕草を始めました。

”どうしたの?シロ”
と言いながら食材を切っていると、シロがスカートの中へ首を入れて来て、やはり臭いを嗅いでいる様です。

”もう!シロったら”
そう思った瞬間、シロがアソコをペロペロして来たんです。
”えっ”
荒々しく息を荒らしながらシロのペロペロは止まりません。

久し振りの愛撫に、私の股間も反応を始めてしまいました。
数分だったと思いますが、何だか気持ちが良かった事もあって、私は暫くシロの愛撫を楽しんでいたんですが、義父がキッチンの方へ来たのを知り、”シロ駄目よ”と引き離しました。

気づけば、シロの唾液と自分の汁でパンティはすっかりベチャベチャになり、私はパンティを脱ぎ洗濯機へ放り投げました。

その日、夫は接待らしく帰りが遅いとの連絡が来ました。
義父と2人で夕食を済ませ、居間で寛いでいるとシロが来て、やがてシロはコタツの中へ入って行きました。
我が家は堀コタツで、中が広くシロが入っても十分にスペースがあります。

寒くなりコタツに電気を入れるとシロは必ず中に入って暖を取ります。

シロがコタツに入って数分が過ぎたでしょうか?
ふくらはぎから太腿に掛けて、シロの息が当るのを感じ、やがてシロの顔が足の間に入って来るのを感じました。

この記事の続きを読む