このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】興奮冷めやらぬうちにさらなる事件が・・・

新婚の投稿者女性は還暦を過ぎた義父と同居していた。夫は単身赴任で普段はいない。ある日、義父に入浴中に呼ばれ背中を流してくれと言われた。背中を流していると義父の信じられない大きさのおちんちんに気づく・・・。

kyokon

私は29才で結婚3年目の新妻です。まだ新婚だというのに、夫は去年から単身赴任中。

私は夫の実家に嫁いで来ましたが、私との結婚前に夫のお母さんは他界されていましたので、現在は義父と私の2人暮らしになってしまいました。

もう還暦を過ぎた義父と言えども、同じ屋根の下で男と女が暮らしていると、お互い意識してしまうこともあります。

それも夫が単身赴任中に帰って来るのはせいぜいゴールデンウイーク、お盆休み、お正月休みぐらい。
ある日、義父の入浴中に呼ばれ、もう年で肩が上がらないから、たまには背中を流して欲しいと頼まれました。

浴室に入ると義父は背中を向けて座っていました。
私はスポンジにボディソープをつけて義父の広い背中を洗ってあげました。

最後に泡を洗い流すと、義父は振り向いて気持ちよかったと言って喜んでくれました。
でも義父が振り向いたそのとき私はしっかり見てしまったんです。
床につきそうななほど垂れ下がった真っ黒な長いペニスを…。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】話を下ネタへもっていく義父に押し切られ・・・

投稿者女性は以前から義父にエッチな目で見られていることには気づいていた。しかしいつも九州からやってくる時は義母と二人で旦那や子供もいる。しかしある日、義母が友人と会うと出かけてしまい、旦那は仕事、子供は寝てしまい、義父と二人きりの時がやってきた・・・。

gifu

初めまして。初美と申します。

私は先日とんでもないことをしてしまいました。
それは夫の父親とセックスをしてしまったのです。

前々からエッチな目で見られていたなとは思っていたのです。
それでもマンション購入の際に支援してくださったり、孫の面倒をよく見てくれたりと本当にいい義父で人としては大好きでした。

なぜ一夜を共にしなければいけなくなったかというと元々義理の両親は九州に住んでいて私たちの住んでいる東京に来るのは年1回、全く来ない年もある位です。

しかも来る時は二人で来られるので私と義父が二人きりになるなんてことはありません。
しかし先日は二人で来られたものの義母は東京に住んでる友達のところに会いに行くといい、夫は仕事で家を空けていました。

普段なら子供と遊ぶはずなのですが、子供はその日に限って普段しない昼寝をしてしまいました。
しばらくたわいも無い話をしていたのですが「二人目は考えてるの?」とか「隆とはうまくやってる?」と徐々に性行為を臭わせる会話が増えてきました。

徐々に義父が近づいてきて「初美さんは本当にかわいいね」と言って手を握ってきました。
ふり切りたいのも山々でしたが邪険にできないという弱みもあり半分されるがまま状態になっていました。

するといきなりキスをしてきたのです。
推し離そうとするも義父の方がまだまだ力持ち強く唇を舐められ続けました。

舌をねじこもうとするのですがこれを許してしまったらダメだと思い口を固く閉じ続けていましたが途中で気持ちが切れ義父の舌が侵入してきました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】70前の義父の逞しいチンコを見てしまい・・・

結婚10年を過ぎ旦那とのSEXに物足りなさを感じている投稿者女性。そんなある日の夜、同居している義両親の部屋から艶めかしい声が聞こえてきたので覗いてみると・・・。

nozoona

結婚10年を過ぎ少し倦怠期かなと感じている36歳の主婦です。
ぎこちなかったセックスも今では淫乱かしらと思うほど感じるようになっています。

それなのに逆に主人の要求が少なくなって欲求不満気味なんです。
だからと言って浮気や不倫はしておりません。

今年の夏のことです。
猛暑の所為か真夜中に喉が乾き下の台所の冷蔵庫に冷やした麦茶を飲みに降りました。
主人の両親との同居なんです。
子供はいません。

舅達は一階の和室を使っております、私たちは二階を。
階段を忍び脚で下りると和室の襖が30cmほど開いていてスタンドの灯りが漏れていました。
こんな時間に起きていらっしゃるんだと思い更にこっそりと台所に向おうとしたんです。

和室から艶かしい義母の喘ぎ声や息遣いが聞こえてきました。
65歳の義母がと思うと金縛りにあったように動けませんでした。
「たっぷり舐めておかないと濡れが少なくなったからな」と義父の声が・・・。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】義父の策略に嵌ってしまった主婦の悲劇・・・

忙しく不在がちな夫。同居する義父にいつもいやらしい目で見られていた投稿者女性(45)。ある時、夫が1週間の長期出張へ出たとき、ついに義父の毒牙にかかってしまう。しかも義父だけでなく愛犬の大型犬にまで慰み者にされる始末・・・。

jukan

私(幸恵:45歳)は義父(68歳)に犯されました。

夫(45歳)は土建業で営業課長をしており、出張も多く休日も会社に出る事が多かったんです。
息子(22歳)は大学に進学と同時に家を出て1人暮らしをしています。

そんな訳で、家には義父と私の2人で過ごす事が多かったんです。
結婚当時は別に暮らしていた私達も、義母が病気で亡くなり仕方なく一緒に暮らす事になりました。

一緒に暮らして数年が過ぎた頃から、義父が私を厭らしい視線で見ている事を知りました。
息子が大学に合格し、家を出ると義父は淋しさからか?一匹の犬を飼いはじめたんです。

名前はルイ、雑種だと思いますが大型犬の血を引く雄犬です。
義父はルイを可愛がり、面倒は義父が全てやっていました。

ある日、夫が1週間の出張で家を空ける事になったんです。
夕食を終え、私は風呂に入る事にしました。
湯船に浸かりながら”ホット”していると、窓の隙間から感じる視線。

もう何年になるでしょうか?夫が居ない時は決まって義父が風呂を覗きに来るようになっていました。
以前、義父に覗かない様に言うと、凄い勢いで”証拠はあるのか?”と怒鳴られた事があり、義父は認めようとしません。

それ以来、私は義父に覗かれている事を知りながらも諦めていました。
湯船から出て、体を拭き脱衣場へ入った瞬間、突然ルイが脱衣場へ入って来たんです。

”ルイ!どうしたの?ダメよ”と言っていると、義父も脱衣場へ入って来ました。
”お義父さん!何ですか”と思わず身を屈め隠す私。
全て義父の仕業だったんです。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】義父の畑の野菜でオナニーしてしまった結果・・・

投稿者女性は結婚して義父と義弟と一緒に暮らしている。忙しい旦那は夜も遅く、義父が子供の面倒を見てくれたりしていた。子供が幼稚園に行っている間に義父がやっている畑を手伝うようになった投稿者。そこで畑の野菜でオナニーをしてしまったのだが、義父がそれを目の前で試食してしまった・・・。

hatake

私(仁美:30歳)は6年程前に結婚し、1児(5歳)の母です。

夫(34歳)は長男だった事もあり、結婚後実家で義父(60歳)と義弟(26歳)と暮らす事になったんです。

義父と義弟とも仲良く暮らしていた私は、子供にも恵まれ幸せな生活を送っていたんですが、一つだけ不満を抱えていました。

元々性欲が少ない夫は子供が出来ると、益々夜の営みは減り月に1度あるかないかと言った感じで、女盛りの私は欲求不満になっていました。

夫は仕事帰りも遅く、帰宅は22時を過ぎる毎日。
そんな夫に変わり義父が息子を風呂に入れてくれたり一緒に寝てくれる様になっていました。

そんな義父の行為に甘え、私は1人風呂に浸かり、やがて風呂や寝室で欲求不満の身体を満足させる様になっていったんです。

義父は昨年定年を迎え今は自宅の畑で野菜を作ったり、小規模ですが田んぼで米を作っています。

息子が幼稚園に行った後、私も草取りや野菜の収穫を手伝う様になったんですが、その野菜を見ているうちに私はイケない事を考える様になってしまったんです。

立派に育った野菜を手に義父は”これは中々いい出来だなぁ!”と言いながら、その場で野菜を食べる事がありました。

立派に育った野菜は形も大きさも良く、新鮮でしたが、それを見た私は”アレがアソコに入ったら”とそんな馬鹿な事を想像する様になったんです。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】息子が家を出たので大型犬を飼うようになった投稿者一家。普段は義父と2人でいることが多い。そんなある日、犬が股間の臭いを嗅いで舐めてくるので、思わず感じてしまった彼女。しかし義父がやって来て終了。その後、コタツで義父と寛いでいるところへまた犬が入って来て中からマンコを舐め始めた・・・!

52歳の夫と76歳の義父、そして愛犬シロと暮らす私は45歳になる主婦です。

1人息子も2年前に高校を卒業し、都市部に就職が決まり家を出ました。
息子の代わりと1匹のラブラドール(シロ)を購入し、一緒に暮らす事になったんです。

シロの世話は私がしていた関係で、シロは私に随分と懐いています。
そんなある日、キッチンで夕食の準備をしているとシロが近づいて来て、私の傍でクンクンと臭いを嗅ぐ仕草を始めました。

”どうしたの?シロ”
と言いながら食材を切っていると、シロがスカートの中へ首を入れて来て、やはり臭いを嗅いでいる様です。

”もう!シロったら”
そう思った瞬間、シロがアソコをペロペロして来たんです。
”えっ”
荒々しく息を荒らしながらシロのペロペロは止まりません。

久し振りの愛撫に、私の股間も反応を始めてしまいました。
数分だったと思いますが、何だか気持ちが良かった事もあって、私は暫くシロの愛撫を楽しんでいたんですが、義父がキッチンの方へ来たのを知り、”シロ駄目よ”と引き離しました。

気づけば、シロの唾液と自分の汁でパンティはすっかりベチャベチャになり、私はパンティを脱ぎ洗濯機へ放り投げました。

その日、夫は接待らしく帰りが遅いとの連絡が来ました。
義父と2人で夕食を済ませ、居間で寛いでいるとシロが来て、やがてシロはコタツの中へ入って行きました。
我が家は堀コタツで、中が広くシロが入っても十分にスペースがあります。

寒くなりコタツに電気を入れるとシロは必ず中に入って暖を取ります。

シロがコタツに入って数分が過ぎたでしょうか?
ふくらはぎから太腿に掛けて、シロの息が当るのを感じ、やがてシロの顔が足の間に入って来るのを感じました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者女性は32歳の専業主婦。夫の趣味で露出プレイをさせられ、投稿者もそれを楽しんでいた。そしてある日、夫の実家に帰ることになったのだが、実家には義母はすでに亡く、義父と義兄が二人でくらいしていた。そして今回は夫の希望で二人に露出をしてくれというのだが・・・。

私(里香32歳)は、3年前に夫(38歳)と結婚し専業主婦をしています。

私の夫には変わったちょっと性癖があって、私の恥ずかしい姿を他人に見られる事で興奮するんです。
一度だけのつもりで夫の望みを叶える事にした私は、夫の選んだ露出の多い服装をして昼は恥ずかしいと言う事で夜の公園に出掛けました。

誰が来るか分からない公園で、私は夫に言われる様に下着を脱ぎ、恥ずかしい姿で公園内を歩きました。
薄暗い道を茂みに歩いて行くと酔っぱらった中年男性がベンチに横になっていました。

男性の近くに行くと夫が”酔っぱらって意識無いんじゃないか?”見せてやれよ”と言いながら私のスカートの裾を一気に捲り上げたんです。

私の陰部が男性の目の前に曝け出され、寝ていると分かっていながらも、恥ずかしくて溜まりません。
夫は私のシャツのボタンを外し、胸まで露出させると男性の前でオナニーを命じて来たんです。

いつしか興奮していた私も、男性の前で厭らしい格好をしながら1人オナニーを始めていました。
夫が少し離れた木陰で私の変態な姿を写真に納め始めていました。

その事がキッカケで、私は夫の性癖に付き合わせられる様になり、いつしか私自身ものめり込んで行ったんです。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者の幼少時代に父が転勤で長期単身赴任となった。祖父と母と3人暮らしとなる。そして1年くらい過ぎたころ、学校から帰ると母と祖父の姿が見えない。探していると二人でお風呂にはいっているようだった・・・

これは私が幼い時に体験した出来事で、本当の話です。
私が小学校3年生の時だったと思いますが、父の転勤が決まり単身赴任で遠くに出掛けて行きました。

私的には、母も居たし祖父も一緒に暮らしていたので、淋しいと言った感情はありませんでした。
父が家を出て行って1年位が過ぎた時でしょうか?私が学校から帰ると、母と祖父の姿がありません。

家を探し回ると、脱衣場に脱がれた服がありました。
”風呂にでも入っているのかぁ”とドア開けた時、湯船に浸かる祖父と母。

 『真ちゃん帰ってたの?』
 『ん~どうしたの?こんな時間に風呂に入って?』
 『ちょっと畑仕事で汚れたから、洗っていたんだよ。真も入って身体洗え!』
 『ん~』

まだ幼かった私は、何も疑う事も無く服を脱ぐと風呂の中へ入って行ったんです。
明らかに赤らめた顔の母は、何かに怯えている様にも見えました。
祖父はニコニコしながら”今日は学校で何して来たんだ”と話しかけていました。

田舎だった我が家はタイル作りの古い風呂で、世間の風呂より大きかった事もあり3人で湯船に
浸かる事になったんです。
祖父に抱きかかえられる様に母が入り、母と向かい合う格好で私が入ったんです。
一瞬ですが、母が驚いた表情と”うっ”と言う声を発したのを覚えています。
今思えば、きっと祖父と母は繋がっていたんだと思います。 この記事の続きを読む