このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】性教育って難しいんだね・・・

投稿者男性(23)の一家は少し変わっていた。巨根で女好きの父に、嫉妬深い母、その両親に育てられた投稿者男性と妹(22)。家族は今でも一緒に風呂に入る。そして昔から性についてオープンな両親の影響で妹と初体験をしてしまった投稿者・・・。

kyokon

皆さん、ドモドモ!!!
今日は皆様に土産話があります、最後まで読んでくれるとありがたいっす。

土産話をする前に、僕の家族を紹介するぜ。

①父親56歳 ドエロ、浮気常習犯、巨根
②母親45歳 嫉妬深い、束縛が強い
③僕23歳
④妹22歳

僕の家では家族で仲良くお風呂に入っている。
これを友達に話すと「妹チャンの裸も見れるの?」と下心見え見えの質問をされるが、妹の裸を見たって何とも思わないじゃないか。

友達からは「妹チャン可愛いよな」となぜか人気があるけれど、僕にはなぜ人気があるのかわからない。
おおっと、妹話で脱線してしまったので本線に戻します。

家族でお風呂に入るということは、それぞれの裸を見るので・・・。
おっぱいやまんこ、ちんちんが皆に見られてしまうんですよね。

えー、家族紹介に書いてある通り、僕の父親はチンポがでかいんですよ。
僕が中学の頃の話ですが・・・、家族で一緒にお風呂に入っていた時にチンポのサイズの話になりました。

僕「おやじぃ、チンポ大きくなんないんだけど」
父「んー?勃起してないだけだろう?」
僕「おやじのは何でそんなにでかいんだ?」
父「それはお母さんのおかげだろう!!!」

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】まさかの結末に唖然・・・

リビングでオナニーしているところを父親に見られた投稿者女性。二人になった時に「処女なので勉強したい」と父と母の夫婦生活を覗かせて欲しいとお願いするが・・・後々大変なことに発展する。

taboo

今から2年前、居間でのオナニーを父に見られた。

そんな所でしていた私が悪いのに、父は、
「ごめんよ」
と言った。

母が買い物に行って父と二人になったので、
「お父さんゴメンね。私があんな所でしてたから。」
と謝った。

父は顔を赤くして、
「もう18歳になるもんな。そういう事もするよな。」
「お父さん。今も、お母さんとしてるの?」
「してるよ。母さんのこと好きだもの。」
「見てみたいな。」
「え?」
「私したこと無いから…東京の大学に行く前に、勉強しておきたい。」
「母さん嫌がるよ。」
「するとき教えて。覗いて良い?」
「仕方ないなあ。愛美のお願いには父さん弱いよ…今夜母さんを誘ってみるから」

夜、両親の寝室から気配がした。
父は襖を少し開けておいてくれた。

父は46歳、母は40歳だったが、薄明りの中に浮かぶ両親の裸身はとても美しかった。
父は母の股間に顔をうずめ、母は、父の物を咥えていた。69だ。
母は父のものを放し、「はあー」
と切なく喘ぎ、敷布を握っていた。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

大学から交際していた彼女と結婚した投稿者。妻を専業主婦にして、小さいころに母親が亡くなって以降、男手一人で育ててくれた父親の面倒を見てもらうことに。ある日、最近元気がない妻に気付き、仕事を早く切り上げて帰ってみると妻が居ない。実家かと思い、行ってみると・・・。

ntrotoko

大学で出会ってから交際していたSと、就職して貯金もできてきたことで、結婚しようということになった。

Sは見た目は少し頼りないというか、幼げで、AV女優の上原亜衣にちょっと似てる。
胸は、そんなにないけど。

怒ったら怖いけど、たいていにこにこしていて、料理もうまくて、一生いっしょにいてもいいって思えるくらい、大好きな彼女だ。

オレが小さい頃に母親が倒れ、そのまま亡くなってからは、親父が一生懸命に働いてオレを育ててくれて「いつかいい人ができたら、父さんに遠慮なんかしなくていいから、結婚するんだぞ」
って言ってくれていたから、Sを家に招いて、顔合わせをすることにした。

親父は親父なりに料理もがんばっていたけれど、男の料理なんて、品数も少なければ彩なんて考えてつくったりしないから、あまり見た目がよくない。
だから、寿司をとって、3人でいっしょに食べた。

久しぶりに酒を飲んだ親父は、
「こいつのこと、よろしく頼みます」
なんて泣いてくれたりして、オレも目の奥がちょっと熱くなった。

新居は実家の近くのマンションにして、親父が心配だから、Sにたまに見に行ってもらうことにした。
オレはそこそこ給料ももらっていたから、Sひとり養うくらい大丈夫だっていって、Sには仕事をやめてもらった。

帰ると、いつだって綺麗に掃除してある家で、おいしい夕食を食べる。
本当に幸せで、Sがなんだか元気がないことに気づいたのは、ずいぶん経ってからだった。 この記事の続きを読む