このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】実はこの人妻にもある問題があった・・・

某チェーン店で責任者をしている投稿者。スタッフ募集で面接をするがなかなかまともな人材に出会えない。そんなある日、感じのいい主婦が入ってきた。なによりその主婦はとんでもない爆乳の持ち主だった・・・。

hitoduma

僕はあるチェーン店で、責任者をしている幸一40歳。
もちろん家族はいます。

最近スタッフが数名退職していき、補充をしようとしているのですが、なかなか、、本当に仕事をしようとしている人にめぐり合えず、もうだいぶ面接もどうでもよくなってきていました。

僕の考えが変わっているのか、面接にはスーツで来るものと思っているのだが、結構ラフな格好で来る人が多いのだ。

それがもう何人目だろうか、ようやく見た感じ面接のしがいのある女性がやってきたのだ。
黒のストライプの上下のスーツに、シンプルな白のカットソー。

目もキリリとしていて、仕事できそう。
ようやく面接にやる気が出てきた。というか、すでに最初の雰囲気で半分採用しようと心に決めている自分がいた。

面接用の事務室へと案内し、ソファーに座ってもらい、履歴書の確認を促した。
うちの女子がお茶を出したが早々に追い出し、二人きりとなった。

僕は面接の査定書類を用意し、彼女の向かいへと歩を進め、ソファーへと腰を下ろした。
すると、彼女はスカートのため仕方ないのだが、結構裾がめくれ上がり、太腿の半分が覗いているではないか。
僕は咳払いを1度した後、冷静にさを取り戻し席に着いた。

履歴書を確認。歳は38歳。
実際はもっと若く見える。
結婚してまだ5年で子供さんはいないようだ。おそらくそれで若く見えるのだと思った。

話し方も清楚で上品。
接客の仕事なので、好感度も抜群と思われる。
何より、お客様の年齢層がやや高いので、下手に若い子より受けがいいのだ。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】クラスで気になってた爆乳の同級生の女の子と二人きりで勉強する事になったのだが・・・。

高校の時クラスにいた、唯って女の子がいた。
とにかくおっぱいが大きいってことが有名で、制服の上からでもわかった。
そんな、唯は身長は150cmで俺好みだった。

そんなある日、部活終えて放課後5時くらいに教室に行って見ると、電気がついてた。
唯が1人で勉強をしていた。

これは絶好のチャンスと考え、俺は教室に普段通り入り、唯と話をできる!って思った。

ガラガラ〜

唯「◯◯くん、部活終わり?」
唯から話しかけてくれた。
俺「あっ、うん」
唯「そっか〜お疲れ様!」
俺「勉強か〜そろそろテスト近いもんな」

唯「う〜ん、私いつも社会の歴史苦手でさ…◯◯くんがうらやましいな〜」
俺「そんな、俺昔から日本史好きだったからね、ところでさ何時に帰る?」
唯「そうだね〜せめてここのページと次のページはやっておきたいと思ってる」

俺「教えてあげようか?」
唯「いいよ、いいよ、だってお腹空いたでしょ?」
俺「大丈夫だって、お腹も空いてないから」
唯「でもな〜なんだか悪いような気がして」
俺「全然全然、むしろ困ってるなら助けてあげるよ」
唯は、しばらく考えていた。

唯「そしたら、お願いしようかな」
俺「オッケー!じゃ、どこからやる?」
俺は唯に日本史の幕末〜明治政府の誕生まで教えた。

唯「覚えやすい年号とか、その出来事整理してる?」
俺「単語帳とかに書いて、通学中やってるよ」
唯「そうなんだ〜単語帳買っておこうかな」
俺「そうしたら、いいと思う」
唯「よ〜し、今日はここまでにしよっと」
時計は18時30分を回っていた。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は31歳の営業マン。そんな彼が週末遅くに会社に戻ると一人残業しているお局さんが。彼女はいつも厳しい事務員だが、その胸ははち切れんばかりの暴乳だった・・・。

私は31歳になる営業マンです。

毎日外回りしてるんですが、お客さんのところにおじゃまするには、数件で、
ほとんどはなにかしら、どこかでさぼっています。

それである日、営業先から帰るのが遅くなって、
会社も週末だからみんな帰っていて、(うちの会社は週末は残業禁止なんです)
でもなぜか熟女OLの工藤さんは残って資料の整理をしてたんです。

「あら、まだいたんですか?」
「うん、今日やらないと間に合わないから、特別に許可もらったの」
「そうなんだ」

工藤さんはいつ見ても暴乳で、制服のベストは、胸の部分がはちきれんばかりに、もりあがっていて、
同僚たちからも、1度は触ってみたいよな~、って話をしてて、
女子社員なんか男性社員の目の前で休憩時間なんか触ったりしてて、
男子社員はいつも、お~、いいな~、って陰で言っています。

まあ、その中に自分もいるわけで、私はどちらかと言うと、
熟女大好きだから、工藤さんの胸が特に気になって、
オナニーする時は必ず工藤さんの裸を想像して抜いてるんです。

でもその日はもしかしてチャンス?!って思いました。
工藤さんは未婚で、あんまり男性とのセックスはないはずだから、
そうとう溜まってるはず、と勝手に想像してるんですが、
年齢はもうすぐ40歳で、まだまだいけると密かに思ってたりしています。

ちょうどその日は男性社員が買ってきたスポーツ新聞なんかを整理してて、
エロ記事欄が見えるところにあったんです。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】大学の授業で隣の席に座ってきた女を見て驚く投稿者。キャミソールにブラだけという派手な格好にとにかく胸がでかい。H~Iカップのレベルだった。そしてその女は授業の途中で寝てしまう。授業が終わって帰っていく生徒たち。そしてついに投稿者と寝てる爆乳女二人きりに・・・。

大学の夕方からの授業を受けていた。

正直かったるいと思いながら教授が来るのを待っていたんだが、隣に女が座って来たのだが、ふと見たその姿に俺は驚かされた。

夏だったので、キャミ一枚+ブラだけという服装は、まあ過激な女なら着てて不思議はないんだが、それはともかくして、胸がデカい。HとかIレベル。加えてこの露出、AV女優志望かこいつは、と思った。

「今日さーバイトだったのに二時間しか寝れなかったーマジだるい」だのなんだの電話で話している。

授業が始まった。最初の20分くらいは真面目に話を聞いてたけど、そのうち眠りだした。横を見てみる。
机に突っ伏して寝ていたんだが、胸がヤバい。置き場所がなく垂れている胸は、まさに乳牛という例えがふさわしい。
今すぐにでも下から手のひらを添えてやりたい気持ちでいっぱいだった。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者(既婚)は隣の家に住む爆乳主婦の事が前から気になっていた。ある日、旦那が1か月ほど長期出張に出ると聞く。前からぽっちゃり体形を気にしていた隣の主婦に前職がマッサージ師だったと話し、施術をすることに・・・。

まずは登場人物確認から

私(直之 43歳 会社員)妻と2人暮らし、結婚して10年経ちますが、子供なし。妻は看護師をしていてお互いすれ違い。

隣の人妻(麻友奈 28歳 専業主婦)ご主人と結婚して3年。最近ご主人が出世して、忙しいらしく帰りが遅いのにやや不満あり。
ぽっちゃりした体型も悩みの1つ。

お隣のご主人が年末押し迫った12月に1ヶ月の長期出張にあたってしまった。

隣の奥さんとは、私が出勤時間に、ゴミだしをされることが多く、エレベーターでちょっとした会話をする程度の仲です。

そして、ご主人の出張の話を聞きました。

以前、自分のスタイルに不満があるということを聞いていた私は、1度マッサージを施術する提案をしてみました。

実は今の仕事につく前に数年やっていたことがあるので、麻友奈さんも安心して了解してくれました。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】行きつけの居酒屋の常連仲間が結婚するので、旅行がてら居酒屋の女将親子と他の常連仲間と式に出席する事になった投稿者男性。同じホテルに部屋をとってもらうのだが女将親子と飲みに行くことになる。思いのほか、泥酔した親子に投稿者はエロい気持ちになっていた・・・。

信じてくれないと思いますが、泥酔親子丼の話を書きます。

去年の秋のことです。
よく行く居酒屋の常連仲間が結婚することになり、居酒屋の奥さん(44歳)&娘(19歳)常連仲間6人が披露宴に呼ばれました。

旦那の仕事の関係で式は東京で行われることになり(関東地方某県庁所在地在住)、披露宴終了後は式を挙げたホテルに部屋を取ってくれることになりました。

滞りなく披露宴が終わり、ホテル内のラウンジで行われた二次会も終わり、それぞれの部屋に帰りました部屋割りは居酒屋親子と、男6人がそれぞれツインで4部屋でした。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】出張先で友達と飲みに行ったらその中の一人がfacebookに投稿。そこに自分がタグ付けされていたのだがそれをみた一度飲み会で会ったことがある人妻から誘いのメッセージが来る・・・・・。

出張で東京に行った。

Tです。
初日の夜は、旧知の人たちと酒を飲んで盛り上がった。

その中の一人がFacebookに投稿して、タグ付けしてくれていた。
ホテルに戻り、Facebookを見ると、R子というFacebook友達からメッセージが入っていた。

一度だけ実際に会ったことがあるが、色っぽい人妻だ。

「Tさん、いま東京にいらっしゃるんですか?私も東京に来てるんです。よかったら、明日のランチをご一緒しませんか?」

エロい期待を抱きながら、「ランチ、いいですね。そのあと、午後のご予定は?」と水を向けてみたところ

「夕方に高校時代の友達と会うまでフリーよ。どこか連れて行ってくれる?」と返事が来た。

コレは完全に誘ってるなと思った。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】酔っぱらって終電逃した時に見つけた一人たたずむ太めの眼鏡女性。普段なら声をかけない程のブサイクおデブちゃんだったが、酔っていたせいもあり声をかけてしまった。どうやら彼女は出会い系で会った男にあまりのブサイクさに逃げられたようだった。しかしGカップはあろうかという爆乳に惹かれ、ついホテルに誘ってしまう投稿者。女の返事は・・・?

少し前、駅近くの飲み屋で二次会がおひらきになったが、終電をギリギリで逃してしまった。

安い宿かサウナにでも泊まろうかと歩き始めると、メガバンクの支店の段差というか生垣というか、そこに少し太めの眼鏡の女性が座っているのが目に入った。

20代中盤、今思えばかなり不細工な部類に入るポッチャリだ。
身長も150後半くらいか。

素面なら絶対声なんてかけたりしないが、かなり酔っていたためか、驚くべきことに声をかけてしまった。
「なにしてんの??」
当然無視か拒否されるであろうと思っていたら、なんと、
「出会い系で…帰れなくなって…」
とのこと。

よくわからなかったが、あまりの不細工さに男に逃げられ、お金もなく帰れなくなったのだろう。
一緒に泊まるかと誘うと、二つ返事でOKだった。

朝になったら帰る電車賃だけでもほしいとのことだった。

ラッキーだか、アンラッキーだかわからない状況であったが、これから起こるであろうシチュエーションに妙な興奮して、反勃ちになった。

もう犯すことしか考えられなかった。 この記事の続きを読む