このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】あまりに慣れた態度にむかついた男は・・・

投稿者男性の会社にやってきたアラサーの保険屋の女性。投稿者は下心丸出しで彼女に連絡先を教え、仕事終わりに会うことに。しかし驚いたことに彼女はすんなり誘いに乗ってきた・・・。

manguri

3ヶ月前くらいの話です。
私の会社に保険の勧誘が来ました。

女性はハルカといい歳は20代後半から30代前半といった感じでそこまで若いという感じではない方でしたがなんとなく色気というものを放っている女性でした。

同僚は「忙しい」と言って対応しなかったのですが私は名刺にちゃちゃっと携帯の番号と「18:30に連絡してください」と付けました。

18:30ぴったりに連絡が来ました。
今会社の近くにいるということでした。

駅前のカフェに行き話を聞くことに。
もちろん保険の話なんてどうでもよく私は「このことどうやって寝るか」ということしか考えていませんでした。

一生懸命話をしようとする女の子の前で
「保険入ってないから入ろうと思ってさ。オススメのプランだけ教えてよ」
と言って2分くらいで契約しました。

私にとっては問題はその後です。
「時間ある?ちょっと行ってみたい店あるんだけど少しだけ付き合ってくれない?」
と言いました。

契約にかかる時間を短縮させたのもそのためです。
酒を飲みながら話していたのですがわざと酔ったふりをして下から眺めるように見たり頭をなでたりと徐々にスキンシップを多くしていきました。

お姉さん気質の強い方だったので甘える弟のような感じでハルカに接しました。
その後カラオケに誘い隣で膝枕などしてもらいました。

ちょっと嫌がっていたのですが酔った勢いと契約した優位性を武器に猫のように擦りついていき軽くキスしました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】その男、とんでもない性欲モンスターだった・・・

インテリアデザイン事務所の経営者の投稿者女性。彼氏はいるが仕事一筋、しかしある日大きな仕事を取るためにスーパーゼネコンの荒っぽい部長に枕営業することになったのだが・・・。

makura

私はインテリアデザイン事務所を経営する33才の女です。

主にマンション等の内装のデザインを手がけています。
有名な建築家の方にご贔屓にして頂いているので、不景気でも何とか仕事がまわってくる状況です。

私自身、少しだけ有名と言うか、私としては不本意ですが、「美しすぎるインテリアデザイナー」なんて特集で建築雑誌に載ったこともあります。
本来は顔でなくてデザインで特集してほしいところではあります・・・

私は仕事が一番のタイプで、Webデザイナーの彼氏はいますが、まだまだ結婚するつもりはありません。

自慢ではないのですが、スタイルもいいので口説かれる事も多いですが、遊びより仕事を優先してしまうので、彼氏一筋って感じです。
と言うよりも、セックスに興味がありませんでした。

先日、スーパーゼネコンと呼ばれる建設会社の部長さんと食事する機会がありました。
いつもお世話になっている建築家の方のご紹介でした。

なんでも、今建設予定が決まっている5棟の高層マンションの内装のデザイナーを決めかねているので、一度話がしたいと言われました。
そしてビジュアル的に宣伝効果がある私を推薦していただいたようです。

推定の建設費用から算出しても、2、3年でうちの事務所の売り上げが億単位になります。
これは絶対に成功させたい案件でした。
そしてバッチリプレゼンテーションの用意をして部長さんとの会食に向かいました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性の会社で合言葉のようになっている「兄弟」というキーワードがあった。それは出入りしている生命保険の営業レディーが関係してくることで、いわゆる枕営業のことだった。しかし投稿者自身は枕営業どころか食事にすら誘われたことがなかった・・・。

会社に入って何年かした頃、同期の間でこんな言葉が交わされてるのに気付いた。

「俺たち、何だかんだ言って兄弟だもんな」

もちろん社員同士で血のつながりはないし、義理の兄弟とかでもない。
「社員は家族」「同じ釜の飯を食った仲閒」みたいな感覚でもない。
どちらかと言うと自虐的なニュアンスすら漂ってくるセリフにも思える。

俺自身、何度か「おまえも兄弟だろ」と言われたことがあるが、
その時は正直、意味が分からなかった。なんで俺が兄弟なんだよwって感じ。

それが「生保の営業レディーつながり」だと知ったのは最近のことだ。

うちの社もご多分に漏れず、春~夏を中心に生保のお姉さんやオバさんが来ては、
会社の周辺で新入社員を標的に熾烈な営業合戦を繰り広げる。毎年恒例の光景。
その過程で枕営業というか、肉体を駆使して顧客を獲得する人も出てくるんだな。
「そんな生保レディーもいる」ってレベルじゃなく、ものすごく多いらしい。

うちの社の新人にはマジメな奴が多いのか、
股を開いてくれたお姉さん(オバさん)に義理のようなものを感じて、
そのまま契約に持ち込まれるケースがよくあると聞いた。枕営業恐るべし。

もちろんそんなウブな子ばかりじゃないわけで、「やり逃げ」する新人もいれば、
複数のお姉さん(オバさん)を食べ比べて契約先を決める不届きな奴もいた。
同期きってのイケメン男は、20代から40代のレディー6~7人を全員食って、
揚げ句、ネットで見つけた全然別の保険に入ったそうだ。鬼畜な奴。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】最近新しいアパートに引っ越した投稿者。生命保険の営業レディが何度か勧誘にきていた。ある日、アパートの外にいたところを生保レディに捕まってしまうが、二人とも美女だったので家で話を聞くことになり・・・

アパートに一人暮らしの25歳です、
最近新しいアパートに引っ越ししてくら生命保険屋さんが何度か来ました、
「飛び込み」ってやつですね

面倒だからインターフォンで断わってたんですよ、
話し聞くの面倒だし、面と向かって断わるの苦手なんで

でも25にもなって、まだ生命保険入ってなかったし、会社や親にも入ったほうがいいって言われてたから、そろそろ入ろうかと考えていました

夜勤明けの平日の昼間に、アパートの前の道路でバイクいじってたんですよ

「こんにちは~」って

30歳くらいの人が二人でスーツ来てね、
多分こないだ来た○○生命の女性だなって
外にいたから逃げらんなくて、トークはガンガンくるし、2人とも可愛い人だったから

「じゃあ 少し話し聞こうかな?」ってね この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】保険外交員の投稿者は営業している男の子に呼び出され夜に会う事に。契約して欲しい一心で食事の後は彼のアパートへ。そして・・。

保険の外交していて知り合った27歳の子とエッチしました。

彼は会社員で何回か逢って居て契約が出来そうな雰囲気でした。
ある時に向こうから呼び出され、夜に逢いました。

保険の内容を話して食事して店を出たら「もっと話しが聞きたい」と彼のアパートへ行きました。

再び話しをしてると、向こうがいきなり抱き付いて来てびっくりして「どうしたの?」と言ったら「エッチさせて下さい!」と言われびっくり。

「私今年で39よ」と言うと「でも細くて色白だから堪らない」とおっぱいを触られた。
若い子ならそういう契約とかの誘いがあってもおかしくない世界ですが、まさか私なんかが…といままで無かったからびっくり。

その間にも太股に触れて来てて密着してる彼の硬くなってるモノが私の腰の当たりでビクンとしてて…。
若い男の匂いと股間の感触に夫とご無沙汰な私は感じながら「け…契約してくれる?」と聞いたら「うん!」と言われてそのまま若い男とセックスしました。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

某芸能事務所でマネージャーとして昔働いていた男性の寝取られ体験談。年頃のアイドル志望の女の子を相手していると仕事を投げ出したりワガママ言ったりする子が多い中、健気に頑張っている子は応援したくなる。そして投稿者男性がプッシュしているアイドル志望の彼女にある日「枕営業」という仕事がきた・・・。

20代のとき、そこそこの芸能事務所で働いてた。

マネージャーやることもあれば、営業関連やることもあって、社内じゃ便利に扱われてる。
もちろん、そんな扱いだから、マネジメント任せられるのは新人アイドルが多い、しかも2~3人同時に、とか。

ワガママ言われることもあれば、年頃の女の子だから仕事投げ出すことも子も多い。

そんな中で、一生懸命頑張ってくれる子って、若い頃はつい感情移入して、「俺が頑張って売り出そう」とか思うこともあった。

 

亜実(もちろん仮名だけど)ってアイドルがいた。

いい子で可愛いんだけど、それはあくまで一般の平均と比べて。
特に胸が大きい訳でも、スタイルいい訳でも、飛びぬけて綺麗なわけでもなく、「どこにでも居るアイドル」。

ただ、エロ本のグラビアとか、オタク向けの水着撮影会とか、そういうアイドルが嫌な仕事も一生懸命頑張ってたから、売れて欲しいって思ってた。

ただ、芸能界って甘くなくて、浮上しないまま4年くらい経った。

 

で、ある日来た仕事が……枕営業だった。 この記事の続きを読む