このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者が少6の頃、まだまだ幼くて性の知識はほぼなかった。そんな投稿者はよく隣に住むお姉さんの家に遊びに行っていた。その日もいつものように勝手にドアを開けお姉さんの部屋へ行くとお姉さんの様子がどうもおかしかった・・・。

当時、私は小学六年生でまだ毛も生えてなく、ゲームやドロ警などが好きな幼いタイプの子供でした。

周りにも「えっちは男女はだかになってするらしい」程度の知識しか無い奴らばかりで、オナニーはおろか精通すらまだでした。

私の家の隣には、当時中学二年生のお姉さんが住んでいまして 同じ小学校に通ったり 親同士が仲良くしていたのもあり、私もとてもお姉さんになついていました。

お姉さんもよく可愛がってくれていたと思います。

家は団地でしたから、扉を開けたらすぐお姉さんの家に着くので私はよく親が仕事でいない日中(看護士でしたので昼間、小学校から帰宅すると誰もいない日がありました)お姉さんの家に行ってゲームなどをして過ごしていました。

もちろん同級生とも遊びはしていましたが、当時は「待ち合わせ」という概念が無く、気付いたらいつもの公園に集まるという感じでしたので、その時の気分によって
「今日は公園」
「今日はお姉さんの家」
と使い分けていました。

さて、その日はお姉さんの家にしようと 勝手知ったる人の家とばかりに無断で、隣の家の扉を開け、靴を脱ぎあがっていきました。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性の隣に住むきれいなお姉さん。近所のスーパーで顔を合わすようになり、ついに部屋まで遊びに行くことに・・!?

大してエロくない話だが、地方都市在住の俺の隣の部屋、芽衣さんって可愛いOLさんが住んでる。

ロリ系って訳じゃないが、まだ大人っぽい大学生くらいに見える芽衣さん。

お隣さんってことで顔を合わせたら雑談くらいはするようになった。

 

ちなみに、向こうは俺を実年齢より上に見てたらしく(実際は24だが30くらい、自分より年上に思ってたらしい)、俺は実年齢より芽衣さんを下に見てた(実際は28だが22~3、俺よりちょっと下かなって思ってた)。

 

地方都市、お互い一人暮らしだから買い物の場所がかぶる。

仕事終わって惣菜コーナー行くと、スーツ姿の可愛い女の子が半額シール貼られるの待ってると思ったら芽衣さんだったりとか、割と多い。

ちなみに、その光景見たときに、

「なんか、○君には恥ずかしいところばっか見られてる気がするんだけど……」

とか拗ねられた。

年上なのに可愛いと思った。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】当時中2の投稿者は夏休みで電車に乗っていた。満員で年上っぽいミニスカートの女性と密着してしまい、勃起してしまう。それに気づいた女性に次の駅でおりなさいと言われるが・・・。

中学2年の夏休みの朝、電車に乗ってたときです。

満員の車内で前に薄い生地の短いスカートの女性がいました。

僕は満員の中で彼女に密着していました。

彼女のお尻が気持ちよくて僕は勃起してしまいました。

恥ずかしかったんですが動けなくてどんどん膨張しました。

彼女が僕の手をとりました。

そして次の駅で彼女は体勢を変えこちらを向きました。

20代ぐらいの伊藤美咲のような顔でした。

彼女は次の駅でおりなさい。わかったわね。と小さい声でいいました。

今度は向き合ったまま密着した形になったのであそこが密着したんです。

女性のあそこにペニスをおしつけたまま彼女を窓におしつけた形になりました。

大きな胸が押し付けられて僕はもう気持ちよくてたまらなかったです。
彼女は怒ったような顔で僕を見ていました。

痴漢扱いされてると思いました。

僕は彼女に手をとられて電車をおりました。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

今から10数年前の話。
おれが大学2年生だった夏の事、バイト仲間の健から

「海にナンパ行かね?」

と誘われた。
ナンパなんかうまくいくとも思えなかったが、健は彼女と別れたばかりだったし、
おれは面白半分、付き合い半分で行く事にした。

貧乏だった当時、その金をどうやって捻出したかは覚えていない。
とにかく健と一泊の予定で海に向かった。

「おめーと二人で夜を過ごすのは洒落になんねーな」

おれ達は笑いあっていたが、いざ浜辺につくと凍りついた。

人がいねぇ。

いや、いるにはいるが、ほぼ家族連れ。
言ってみればファミリービーチだったわけだ。

成せば成る。
昔の偉い人も言ってたし、おれ達なりにがんばってみた。
余裕で全敗だった。

特に最後に声をかけた娘には彼氏がいて、

「なになに、おれの女に何か用?」

なんて凄まれてしまった。 この記事の続きを読む