このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】ベッドの上では”立場逆転”の快感・・・

投稿者男性の会社には唯一の女性管理職がいたが、周りからは怖がられていた。しかし投稿者だけは大学時代にラクロスをやっていたという共通点から割と言いたいことを言える仲だった。そんな課長が珍しく飲み会で酔った時、皆が二次会へ行く中、投稿者が課長を介抱することに・・・。

jousi

俺の会社は結構男社会で上役は男がほとんど占めています。

女性の管理職と言ったら俺のとなりの課の課長が一人いるくらいですが、その一人がすごいんです。
影響力は絶大で数字もめちゃくちゃいいので上司に食いついても簡単に言い負かす事が出来ないのです。

俺の課ととなりの課はよく合同で忘年会をやったり歓送迎会をやるのでその課長とはかなり顔なじみです。多くの人はその課長に結構気を使って言いたいことを言わないのですが、俺は課長と接点がありました。

それは大学時代ラクロスをやっていたというところです。
ラクロスなんていうマイナーな競技をしている人間は少ないためすぐ意気投合、言いたいことをズバッと言えてしまいます。

そのため「課長にこれ伝えといて」など言われることもしばしば。
その度課長は「直接言えばいいのに」と言いながらもたわいの無い会話を交えるのでそこでまた親密度が深まります。

普段酔わない課長ですがその日は体調がすぐれないということでかなり酔っていました。
みんなそれをいいことに課長を置いて二次会にいってしまいました。

俺はもちろん介抱役です。駅に行くまでで吐いてしまったのでタクシーを呼んでうちに行くことにしました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】女は付き合う男でここまで変わる・・・

投稿者男性は中学から憧れていた先輩がいた。黒髪で高校に入るとさらに可愛くなっていた。そんな先輩と同じ部活に入るが、先輩に彼氏ができてから先輩は変わった。髪を染め、スカート丈も短くなった。やがて先に卒業した彼氏と別れた先輩はさらに派手になっていく・・・。

jk

俺が高1の時に同中だった高2の先輩とHした話。

同じ中学だった一年上のA先輩は、優しい先輩だった。
バレー部の練習場が隣(男女)だったので、そんなに話したわけではないけど、A先輩も俺の名前ぐらいは知っていた。

A先輩が卒業して、俺もA先輩と同じ学校を受験した。
理由は先輩の事もあったけど、あんまり厳しくないという話をネットの掲示板や実際にその高校の生徒を見て判断した。

厳しいと言われる学校も受験したが、そっちは嫌だったので頑張って第一志望の高校に受かった。

入った高校は部活が強制だった。
できるだけ楽な部活がいいし、勧誘している場所でもしかして先輩いないかなと思ったら、逆にあっちから声をかけられた。
後ろからだったのでびっくりした。

一年ぶりに見た先輩は、前より可愛くなっている感じだった。
髪を染めていないし、スカートも膝上でも10センチぐらいなのでそんなに下品な感じではなかった。
一番代わったのは、髪がセーラー服の襟ぐらいまでに伸びていた事だった。

文芸部に入った。A先輩いわく、楽だから入った方がいいよだった。
文芸部は・三年(男1女1)二年(男2女1)・一年(男1女3)の構成。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は社会人になって出会いがないので出会い系サイトで一人の女性とやり取りするようになった。童顔で年上が好みだと言うよく分からない投稿者にぴったりの女性だった。そしてしばらくのやり取りの後、ついに会うことになるのだが・・・。

社会人になり、出会いもなく、暇潰しにと、出会い系サイトで一人の女性とメールのやりとりをするようになった。

彼女は33歳の独身で、自己PRには「名前は沙希。小柄で童顔」と書いてあった。
俺とは10歳年の差があったけど、年上で童顔がタイプの俺にとっては絶好の相手が見付かったとその時は思った。

二月程、メールのやりとりをして、仲良くなったある日、こちらから
俺「今度の日曜日もしよかったら会ってみたいな。」
と送信すると、
沙希「いいよ。でも期待しないでね。」
と、すんなりと会うことになった。

出会い系は初めての事で、まだ写メの交換もしていないのでお互いの顔も知らず、ましてや電話で声も聞いたことがなかったので、かなり緊張したけど、どんな人なのか、勝手に理想像を頭の中で描いていた。

そしてその日を迎えた。
日曜日の昼12時にデパートの時計台前の入り口で待っていると、グレーのタイトスカートを履いている小柄の女性が数メートル先にいた。

この記事の続きを読む