このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】中学生のころ、投稿者が「オマンコみせてあげるからチンチン見せて」と言われ、女子達の前で見せることに。しかし見せた途端勃起していないとダメだと言われ、仕方なく勃起させることにしたのだが・・・。

ijime

中学の時。

オマンコ見せてあげるからチンチンを見せてと言われたので見たい一心で放課後に集まった女子達の前でパンツを降ろしました。

出てきたチンチンに女子達はキャーキャー騒いでましたが、リーダー的な女子からオマンコ見たいなら勃起チンコじゃなきゃ駄目といわれました。

反論しましたがどうしてもオマンコを見たかったのでしかたなく自分のチンチンを握り、ゆっくりと上下にいけない動きでシコシコと弄りました。

そしてみんながマジマジと食い入るように見ている中で僕は股間の形を変化させて握る手を離し、まだ他人に見られたことのない勃起チンコをお披露目させました。

反り返り天を向きながら苦し気にビクビクとバネに弾かれたように脈打ち暴れる男根を目の前にして女子達は驚きや好奇や恥じらいの入り交じった表情で見ていました。

そんな雰囲気に僕は今までに感じたことのない興奮を覚え、誰に言われるまでもなくいきり立った勃起チンコを再びいやらしい動きで弄り始めました。

「こいつオナニー止まらないよ!」とか
「信じられない!」とか
「マジ変態!?」
とか言われながらも勃起チンコはどんどん気持ち良くなっていき、このまま続ければ快感に屈服した羞恥な姿を曝すのも時間の問題でした。

僕は恥ずかしい最後の瞬間を見られないように自分の勃起チンコを弄りながら高まる快感に抵抗し射精するのを必死に我慢しました。

しかし我慢すればするほど快感が大きくなり、もはや限界の僕は

「オマンコ見せて!」と叫ぶように頼みましたが
「本当に見せるわけねーだろ?バカ!」と言われました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】田舎のバスの停留所。突然の土砂降りの雨に、雨宿りに入ったバスの停留所で、少しだけ恋心を抱いていた女の子と二人きりに・・・。

田舎の小学校だったので二組しかないのに
6年間一度も同じクラスにならなかった美紀ちゃん

大人しくて目立たなくてほとんど話したこともなかったけど
いつも憂いを含んだ表情で何かを問いかけるような惹きつけられる瞳をしていた

実は結構気になっていてはっきりしないけど淡い感情を持っていたと思う

7月のある日駄菓子屋でアイスを買っての帰り道
急に土砂降りの雨が降ってきたのでバスの停留所で雨宿りしていたら
美紀ちゃんも自転車で通りかかってやっぱり停留所に駆け込んできた

Tシャツが雨でぴったり肌に張り付いて
すこ~しだけ膨らみかけた胸が薄っすらと透けていた、小さなポッチも確認できる

俺はどうしたらいいか判らなかった

「ぁ・・吉田君も?」
「うん・・」

美紀ちゃんのほうから声をかけてきたので俺はよけいに戸惑って頷くのがやっとだった
この時間バスは1時間に一本しかない、次の便までかなり時間があるので誰かが来る気配もない

最初の言葉だけでしばらくは沈黙が続く

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

卒業アルバムをふいに手を取り、初めてみた女の子のパンチラの思い出にふける投稿者男性。その行為はかなり変態だった・・・・

就寝前に何気なく卒業アルバムを手にとって卒業写真をみていた。

いろんな思い出が思い出されるが、性的な体験も鮮明に覚えているものだと思った。

そして、暫くの間、自分にとっての性的な体験にのみ意識を集中し回想にふけっていた。

あれは3年生の秋。

夏休みが明け、秋学期が始まってからのことだった。
校内の生徒はまだ夏季の制服だった。

女子生徒は半そでのシャツに紺色の薄手のスカート。
スカートの丈の長さは厳しく指定されていないようだった。

それは、学校に向かう途中の通学路で偶然に見かけた、前方を歩いている女子生徒から始まった。

その女子生徒を以下、仮名で絵梨奈さんとよぶことにする。

絵梨奈さんとは別の学級であることが解かっているだけだった。
夏休みが明けて久々に通学路で絵梨奈さんを見かけて、久しぶりに女の子の姿をみた気分になった。

絵梨奈さんの制服姿は夏休みの期間に入る前に見たきりだった。
絵梨奈さんの夏の制服の後ろ姿を久々に見てその可愛いらしさに興奮を覚え、朝から気持ちが高ぶった。

前方を徒歩で通学している絵梨奈さんが学校の門に入っていくのが見えた。

学校の門を通過し校舎に入った。

その校舎の廊下に入ると、絵梨奈さんが前方に歩いているのが見えた。

絵梨奈さんの教室も3階にある。
3階の教室まで階段で上がる。

その階段に差し掛かったとき、絵梨奈さんは1階から2階に続く階段の踊り場に上がり終えようとしているところだった。

その瞬間、通学中の絵梨奈さんの普段の姿からは見ることのない、その踊り場に踏み込む直前の絵梨奈さんの後ろ姿からみえる太ももと、中が見えそうで見えないスカート姿は凄く色っぽかった。

校舎のなかでも段数が多いところではお○んこの形が解かるほど食い込ませて穿いている白色のパンツがスカートの中から鮮明にみえ、その日はいいものを見ることができた一日になった。

でも見えたその後は、頭の中はなかなか興奮が収まらず、ズボンのなかは下着で窮屈に押さえつけられたまま熱くなった。 この記事の続きを読む