このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】持病を抱えた熟女が、見舞いに来てくれる一回り年下の少年に欲情してしまい・・・。更にとんでもない結末がwww

私は田舎の因習深い家に生まれ、家にはびこる老害どものせいで体調障害を患ってしまいました。

大学を卒業すると同時に家を捨てて、都会に就職し、数人の男性と交際した後、3年前に上司であった15歳年上の亭主(今は離婚していますが)出会い結婚しました。

家庭に入り、これで幸福になれると思いましたが、この亭主は出張をしては浮気をするくそ亭主でした。

別れようと思いましたが、ここで別れても体調障害を持ったままではどうしようもないと、くそ亭主とは体調障害を治してから離婚してやると決め、病院代を稼ぐために午前中はパートに働きに出て、午後は病院通いにしていました。

幸い、いい医者に出会い、体調障害の主な原因は極度のストレスである事が判明。
カウンセリングと処方箋で体調障害の治療を開始しました。

病院通いをしなくてよくなった後は公園で読書をして、心身ともにリラックスさせる毎日。
孤独のようにも見えるが章君というとても大人しくて優しい少年が話し相手になってくれている。

章君は半年に一回は来る姪の友達で私とも顔見知りであった。
家は捨てたとはいえ、姉妹とは連絡を取っており、姪も私には懐いている。

そんなかわいい姪の友達なので安心して話を聞いてもらっている。
話といっても愚痴に近い事をいつも黙って聞いてくれます。

そのおかげで心のもやもやが晴れる感じです。
章君にはいい迷惑ですのに本当に感謝していました。

そんなある日、私は章君にいつものように話を聞いてもらっていると、空から冷たい物が落ちてきました。
空は晴れているに雨?と思っていたら、あっという間に黒い雲に覆われ、どしゃ降りに見舞われました。

章君はこの公園から家まで15分以上あり、私は5分もかからないので章君を連れて、家に行きました。 この記事の続きを読む