このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】胸糞注意です・・・

大学が一緒の彼女と付き合う投稿者男性。田舎からでてきた彼女と人見知りの投稿者男性はお互い友達がいなくて仲良くなった。しかし、徐々に友達を増やす彼女。ある日、人数合わせに合コンに行くという。そしてその日から彼女と連絡が途絶えてしまう。そして彼女の家に行こうとしたら彼女からメールが・・・。

lgf01a201407220400

東京の私大に入って、紗耶って子と知り合った。

同じ大学だけど、学部は違う。

ただ、一年のとき取ってる授業が一緒で、たまたま席が近くて、「二人組でレポートを作成する」って課題が出たときに、お互い地方出身だったから誰も組む相手がいなくて~、みたいな流れで出会った。

人見知りだから、大学生活でもなかなか友達が出来ない。
北海道の田舎から出てきてるらしくて、紗耶の北海道の話とか、いろいろ聞けた。

北海道出身って言っても、高校までソフトボールやってたから、色白美人って感じじゃなくて、健康的な雰囲気の女の子だった。

で、二ヶ月くらい、お互いしか話す相手がいない状況が続いてたけど、紗耶は可愛いし、人見知りだけど割と慣れると社交的なので、どんどん俺以外にも交友関係は広がっていった(俺も少しは広がったけど、サークルやってないので、紗耶ほどは広がらなかった)。

その時に焦って告白したら……

「……あのね、実は男の子と付き合うの初めてだから……上手くできないかもしれないけど、わたしでよかったら、よろしくお願いします」
って言ってくれて、正直、かなり嬉しかった。

OKしてもらえたのも嬉しかったし、初めて付き合う男が俺っていうのも、すごくうれしかった。
ただ、その時点で若干温度差はあったかも。

俺は紗耶しか見えてなかったけど、紗耶は、
「知り合った人の中で、いちばん知り合った時期が早くて、今のところいちばん仲がいい異性」
だからOKしたみたいな雰囲気だったので。

ただ、その年のクリスマスの時には紗耶の初体験もらえたので、その時は本気で感動した。
それから一ヶ月もしないある日、紗耶から連絡来た。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】彼女は社長のことを「かっこいい」とも言っていた・・・

投稿者男性はオヤジ受けがいい巨乳の彼女がいた。いつも彼女の周りの男のことを心配していたのだが、そんな中に彼女の会社の社長がいた。最近セクハラがエスカレートしてきていると聞いて心配になり、会社の飲み会場所にこっそり行って監視していたのだが・・・。

nozoki

ちょっと昔の話。

その当時つき合ってた彼女は顔もけっこうかわいく、おとなしくマジメな子でした。

色白、童顔、小柄でスレンダー。
でもDカップあるおっぱいは美巨乳で、昔から男受け、特にオヤジ受けがよかったようだ。

そんな彼女とつき合ってた俺はけっこう心配で、彼女から周りの男の話しを聞くようにしていた。

その話しの一つに当時彼女が勤めていた会社の社長の話しがあった。

彼女が入社したての頃、社長がけっこうカッコいいの、と話したことがり、あまり他の男を褒めない彼女だったのでなんとなく気になり、それからというものことあるごとに会社の話を聞くようにした。

その社長は独身で、お金もあるしかなりの遊び人だという話しだった。

しばらくして、彼女が少し暗いので何かあったのか?と聞くと、その社長にセクハラをされている、とのこと。俺は憤慨するのと同時に軽い興奮を覚えてしまい、詳細を聞いた。

最初のうちは、会社で二人きりになると、食事に誘ってくるだけだったようだが、そのうちカラダに触れてくるようになり、尻やおっぱいを触ってくることも日常茶飯事になったという。

でも立場上我慢するしかない、ということで彼女が我慢できるなら、と俺も納得せざるを得なかった。

内心は社長がカッコいいから我慢できるんじゃないか?と疑心暗鬼にかられていたが。

それからまたしばらくして、彼女が会社の飲み会があると言ってきた。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】飲み会に行った彼女からかかってきた無言電話・・・

彼女のバイト先で彼女をねらう男がいた。いつもにらんでくるので大学のレポートなどをわざわざ彼女のバイト先でやってイチャイチャしたりして挑発することに。ある日、彼女のバイト先で飲み会がある。その男も参加なので心配していたら、夜、彼女から無言の電話がかかってくる。聞いているとその男とラブホテルにいるらしい・・・。

lgf01a201407220400

ある程度可愛い彼女がいる奴って、自分と付き合ってる時もある程度別の男からアプローチがあるって思ってたほうがいいと思う。

かく言う俺もそうで、大学生の時に付き合ってた彼女の真樹はファミレスでバイトしてた。

真樹は同じ年で、20歳。

ファミレスとか、ファーストフードとか、コンビニとか、そういうとこで働く若い子って、ある程度アドレスとかもらうし、同じバイトの奴からも遊びに誘われたりするものだと思う。

けど、相手は客だったり一緒に働く仲間だったりで、あんまり強く拒絶は出来ない。
ともかく心配だったけど、

「心配しすぎだよ 私のこと、信用できない?」

みたいに言われたら、何もいえなくなる。

ただ、時々、真樹が働いてるファミレス行った時に、毎回俺を睨み付けてくる奴がいた。
同じバイトで、名前は……知らない、覚えてない。

名前覚えるのも癪だったので、そのかわり、半分挑発のつもりで、真樹と一緒にテスト前とかレポートとか、バイト先のファミレスでやってた。

その時もかなり睨みつけられたけど、負け犬の遠吠え(遠吠えじゃないけど)みたいに思えて、かなり気分良かった。
ただ、行く度に対抗意識バリバリで睨み付けられてた。

そんな中、真樹のバイト先で、忘年会の飲み会があった。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は21歳の妻がいる。もともと同じ職場だったのだが、結婚して別の会社へ就職。そして行ってなかった新婚旅行がてら、スノボにいくことに。すると妻の会社の社長から「息子を連れて行ってやってくれないか」と頼まれる・・・。

yobai

妻は21歳、僕は25歳で新婚1年をチョッと過ぎたところです。

僕が妻と知り合ったのは会社の入社式の時で、僕の隣に立って居たの妻でした。

その時の妻に対する第一印象派は幼さの残る汚れ無き瞳、ただ童顔というだけじゃない澄み切ったつぶらな瞳に程よく膨らんだバスト、キュッと吊り上ったヒップのライン、僕は身も心も吸い寄せられるようでした。

それはただ単純に年齢の違いが感じさせるのでは無く、それまで女性とは無縁の大学の研究室にこもっていたせいでも有りません。

女性関係で言えば、在学中にも数々の誘惑も有りましたが、僕の研究の妨げになるほど魅力的な女性が身近に存在しなかったからです。

そんな僕が彼女と交際するきかっけは、通勤電車が同じ路線で僕より一駅後に彼女が乗車して来る事に彼女が気付き、挨拶をかわすようになってからです。

でも、最初は部署が違うので(彼女は経理課、僕は新薬の研究室)話が噛み合わず、お互いに歯がゆかった事を覚えています。

しかし、相性が良かったのか仕事以外の話に花が咲き、交際を口にするまでに差ほど時間は掛かりませんでした。

でも彼女は僕の交際の申し出に「先に両親に会って欲しい」と頼まれ、深く考える間も無く彼女自宅へ。

そこではギコチナイ僕とは裏腹に彼女の父親は雄弁でした。

何故なら彼女から僕の履歴や仕事の内容を聞かされていたようで、歓迎ムードでひたしく笑顔で話しかけてくるのです。

で、結局あれよあれよと言う間に僕の両親を巻き込んでアッと言う間に結婚の段取りまで組まれてしまいました。

でも、僕としては彼女となら決して後悔しなだろうし、逆に結婚しなかったらその事を後悔したと思いました。

それで去年の2月にゴールイン。

それこそアッと言う間の出来事でした。

でも仕事の都合で新婚旅行には行けず、結婚して直ぐ新居での新婚生活に入りました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性の付き合って半年になる彼女が女友達と飲むから会えないと連絡が。しかしその夜、友人から、居酒屋でコンパをしている彼女がいるとの連絡が。慌てて連絡してみるも出ない。そこで先に彼女の部屋へ行って待ち伏せすることに・・・。

ntr

自分には付き合って半年の彼女がいます。

名前は純子といい、27歳です。

イメージし易いように身体のサイズを書きますと、163cm48kg、胸はEカップでむっちりした
体型ですがスタイルもよく、まあまあ美人な方だと思います。

純子とは知人の紹介で知り合って、割と早く意気投合してすぐに付き合いました。

最初のデートでセックスをして、それ以来毎週のようにお互いの部屋を行き来していました。

ある金曜日の夜、純子から友達と飲むから今日は会えないと連絡がありました。

自分は暇になったので自分の部屋で1人で過ごしていると、22時を過ぎた頃に友人から電話がありました。

「おー久しぶり、おまえ今何してる?」
「別に何もしてないよ、そっちこそどうした?」
「おれ今○○で飲んでるんだけどさ、おまえの彼女純子ちゃんだっけ?合コンみたいなことしてるぞ」
「え!?マジ?」

「マジマジ、おれ相手の男連中知ってるけど結構遊んでるって有名な奴らだぞ。おまえ合コンしてること知ってるの?」
「全然知らないよ」
「相手の男達◇◇会社のサッカー部で、しょっちゅうヤリコンとかしてる奴らだよ。純子ちゃん達絶対狙われるぞ」

「マジで?何人で飲んでる?」
「3対3、6人だね、純子ちゃん結構酔っ払ってるぞ、楽しそうに笑ってるし。おれもう店出ちゃうからおまえ何とかしろよ」

友人と電話を切ったあと、すぐに純子に電話をしましたが繋がりませんでした。

心配になってじっとしていられず、取り敢えず純子の部屋に向かいました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は高校まで勉強ばかりしていたので大学に入っても女の子と話すこともできなかった。そんな投稿者に色々とアドバイスしてくれた親友。ある時、コンパで流行っていた”ねるとんごっこ”で親友も気に入っていた女の子がなんと自分を気に入ってくれ、付き合うことに。しかし・・・。

ikari

昔の事だから勘弁して欲しい。忘れたい過去の話しだけど付き合ってくれい。

何年前になるかな…大学行ってた時だけど、俺って高校まで堅物でさ。
親が歳いってるせいもあって結構厳しい家でさ。

志望大学もチョイ無理目だったせいもあって、女の子と付き合った事もなくてさ。

そんなヤツが大学受かっちまったんで、当然遊びたいよな?
だけどそんな簡単にハイそうですか、なんて女の子いないし、 彼女なんて中々出来なかったんだよな。

コンパ行ったって話し掛ける事も出来ないし、向こうから 声掛けられても、真っ赤になるだけ(笑)思えば純情だったな

だから必然的に男ばかりと遊ぶ訳。そんな友達の中にSって奴が居た。
コイツは女の子にもモテたし、元々都会育ちだったもんで…

なんて言うかな。俺にとっては師匠!みたいなモンだった。

金は持ってなかったけどいい奴だったよ。

Sに色んな相談もした。どうやったら女の子と話せる?とか どうやって付き合うのか?とかね。

Sは色々アドバイスしてくれた。

俺はその頃メガネ掛けてたんだけどコンタクトにしたりとか、服装とか今に流行りは コレだとか、髪はこうしたら…とかね。

まぁSのお陰もあって徐々にだけど、俺も変ってきたんだよ。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】上司の引っ越しを手伝った投稿者男性たち部下は裏ビデオマニアで有名な上司のコレクションを1箱くすねることに。その中には手書きでラベルが貼られたビデオもあったので、ワクワクしながら見てみると、そこに映っていたのは職場結婚した投稿者の妻だった・・・。

furin

一昨年に結婚した33歳の夫です。
妻は30歳で職場結婚です。

3月。離婚した上司の引越しを同僚2人と手伝いに行きました。
会社で風俗マニア・裏ビデオマニアとして超が付く程に有名なスケベ上司です。

裏ビデオマニアとして有名な上司ですが、どんなに仲の良い人にもビデオは貸さないというケチでも有名でした。

引越し当日、午後から引越し業者のトラックが来ると言う事で私たちは荷造りの手伝いをしたのですが、噂通りにミカン箱ほどのダンボールに4つにビデオが沢山入っていました。。

私たち3人は上司の友達も引越しの手伝いに来ているし、一つくらいダンボール箱が無くなっても
私たちだと分からないだろうと相談してトラックに乗せる振りをして自分たちが乗ってきたクルマに
ダンボール一箱を乗せ(早い話が盗んだ訳ですが、、、。)手伝い終えた後に3人でビデオを分けることにし、ダンボールを開けると聞いたことのあるような題名のビデオや題名のラベルが張ったビデオに混じって手書きでM・K1993/12/24などと書かれたビデオもありました。

同僚とこの手書きのなんか凄そうだなと話しながらビデオを分けて帰宅し、その手書きラベルのビデオを見るとそこに写っていたのは紛れも無く妻と上司でした。
手書きビデオ5本の日付から逆算すると写っている妻は21歳から25歳。

手書きのM・Kの意味は妻の名前(旧姓)だったんです。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は高校の時から片思いしていた彼女と同じ大学へ進学することができた。しかしそれ以上の進展はなく、彼女は別の男と付き合ってしまう。その男と彼女は別れるが、男と同じゼミになり、飲み会で彼女との初めてのエッチの話を聞いてしまうことに・・・。

sex

高校のときに、片思いしてた子がいた。

美織って言って、育ちがいいのか、いつも笑顔で余裕がある感じの子。
親が議員やってて、いわゆる「地元の名士」って奴。

誰からも好かれるタイプで、男女問わず人気あった。
議員の娘だから、顔が広いし、いろんな人と幼い頃から会ってるんだろう、コミュニケーション能力も、ちょっと同世代の奴とは違った。

可愛くて、人懐っこくて、コミュニケーション能力高いから、多分、かなりの数、告白されてたと思う。

あと、何気に着痩せするタイプで、Eカップはあるって噂だった(実際、体育のときとか、かなり目立ってた)。
だけど、親が厳しくて、門限が高校の時は七時、男女交際禁止らしくて、全部断ってたみたいだった。

今時そんな子いるのか、って突っ込みたくなるような噂だったけど、どうやら本当らしい。
議員の娘だから、下手なことは出来ないんだろう。
ただ、本人もそんな状況でもぐれることなく、成績優秀で、それなりの大学に行った。

俺も、勉強だけは出来たから、美織と一緒の大学に進学して。
学部は違うけど、何か接点があって、仲良くなれたらいいな、って思ってた。

入学式のとき、たまたま美織と会って、高校からその大学に進学したのは俺達だけだから、ずっと一緒にいて、いろんな話した。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は大学から付き合っていた彼女と社会人2年目でできちゃった婚。しかし子供の血液型を見てすぐにおかしいと気づいた。自分と嫁からは生まれるはずのない血液型なのだ。そして嫁を問い詰めると・・・。

lgf01a201403042200

彼女の名前は祐美ということにしとこう。勿論仮名。

祐美とは大学3年の時に、ゼミで一緒になったことがキッカケで付き合い始めた仲。

祐美は結構病なヤキモチ焼きで、俺が他の女の子と談笑するのすら快く思ってなかったみたいでしたが一方、俺はその手の束縛は全くしていなかったし、そんなことする意味すらないと感じてました。

基本的に信頼していたし、付き合うってそういうもんだと思ってました。

大学卒業後は、院に進学することもなく、二人とも地元の企業(別々の)に無難に就職し、お互い「多分結婚するんだろうな」という予感を保ったまま、何事もなく1年が過ぎていきました。

社会人になって2年目の夏、まぁ、避妊に失敗したと見え、祐美は妊娠しました。

「できちゃった婚かぁ、だらしないなぁ、俺」
なんて思いながらも、ぶっちゃけた話、ものごとの順序がちょっと前後しちゃっただけのような認識で、
「それならまぁ、結婚しようか」
ということになり、すぐに親に挨拶にいってそのまま入籍。

もちろんできちゃったことは内緒。
うちの親も祐美の両親もそういうことには厳しいので。

まぁだらしない話ですが。

挙式後、祐美の実家の近くに部屋を借りてから、およそ10ヶ月。

祐美は無事に2670gの男の子を出産。
月並みですが、「俺もひとの親かぁ」と一潮の感慨。
嬉しかったですよ。

でもね、すぐにおかしいことに気付いたんですよ。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は彼女とツレと3人で飲みに行った帰り、投稿者の部屋で3人で雑魚寝することに。しかし夜中目が覚めると彼女のスカートがめくれ上がり、それを見ながらツレがオナニーしているところを目撃してしまう・・・。

panchira

彼女と俺の友達と(男)と三人で酔っぱらって家に帰った時のこと。

彼女はその日ミニスカだったんだけど酔っていてそのまま三人で雑魚寝することになった。

彼女は最初は布団をかぶって寝ていたんだけど、途中で目が覚めると開脚しているじゃないですか。

もちろんパンツ丸見えで食い込んでやらしい姿に。

連れに見られるのが嫌で布団をかぶせた。

で、眠たさもあって再び眠りに入ったんだけど、何気に目が覚めて目を開けると、

彼女のバーバリーっぽいスカートがヘソまでめくれてパンツが食い込んだあそこを見ながら連れがオナっていた。

俺は気付かないふりをしたが、触られてなくて良かったと思う。

彼女酔って寝たら触られたくらいじゃ起きんからひょっとしてあの食い込みは奴の仕業じゃないかと考えたけど、そんな奴じゃないしなぁ。

しかし、あいつも度胸あるよ。俺と彼女の間に入ってきてオナるなんて。

オナニーだけとは言え、あの空気じゃ止めれないから我慢したけど、何か嫌な感じだ。
奴はイッタらしく元の位置に戻ったけど、俺ですら彼女で生オナニーした事ないのに。

悔しくて見ていた事奴に言ったら、今度逆バージョンさせてやると。
あいつの彼女でオナニーさせてくれると。

でもなぁ。と思いつつも乗ってしまった。その話に。

奴の彼女を酔わして、俺がやっている間、連れはトイレで待ってると。
この記事の続きを読む