このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】父親の巨根を狙う妹がついに・・・

投稿者男性の家族は父親が絶対的王者。(チンコのサイズで)。そして性に奔放な両親に育てられた投稿者と妹も兄妹で関係を持ってしまうキチ一家だった。そんな妹は父親の巨根が気になって仕方がないようなのだが・・・。
【ヤバい家族】父が妹に「チンコが大きい男と結婚しなさい」と教育した結果・・・・・・・・・・・・・」の続き。

kyokon

巨根で母と妹を魅了する父。
母が父に魅了されてセックスを楽しむのはわかるけれど、なぜ妹まで父のデカチンポに反応しているのかよくわからない。

家族でお風呂に入った後は必ず両親はセックスをする。
例え、僕や妹(美羽)が成人した後でもだ。
両親の寝室からは母の喘ぎ声とパンパン肉と肉が当たっている音が聞こえてくる。

前回、母と美羽が父のチンポが原因でぶつかり合った。
結局、美羽はなぜか悔しそうにお風呂から出て部屋に入っていった。
僕は美羽の様子が気になったので、美羽を追いかけて部屋に行ったんだ。

僕「どうしたんだよ?」
美羽「お母さんばかりずるい!」
僕「おいおい、近親相姦はありえないだろ」
美羽「お兄ちゃんがそれを言うわけ???」

僕は一瞬で何も言えなくなってしまった。
僕と美羽は、お互いの童貞と処女を与え合った仲だった。

僕「わかった、お兄ちゃんが後でいいモノプレゼントするわ」

僕は数日後に父のチンポサイズに近いバイブをプレゼントした。

僕「これだけ大きければ満足するでしょ!なーに、お礼はいいって」
美羽「ばっかじゃないの」

美羽は僕に文句を言ったが嬉しそうにバイブを受け取った。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】性教育って難しいんだね・・・

投稿者男性(23)の一家は少し変わっていた。巨根で女好きの父に、嫉妬深い母、その両親に育てられた投稿者男性と妹(22)。家族は今でも一緒に風呂に入る。そして昔から性についてオープンな両親の影響で妹と初体験をしてしまった投稿者・・・。

kyokon

皆さん、ドモドモ!!!
今日は皆様に土産話があります、最後まで読んでくれるとありがたいっす。

土産話をする前に、僕の家族を紹介するぜ。

①父親56歳 ドエロ、浮気常習犯、巨根
②母親45歳 嫉妬深い、束縛が強い
③僕23歳
④妹22歳

僕の家では家族で仲良くお風呂に入っている。
これを友達に話すと「妹チャンの裸も見れるの?」と下心見え見えの質問をされるが、妹の裸を見たって何とも思わないじゃないか。

友達からは「妹チャン可愛いよな」となぜか人気があるけれど、僕にはなぜ人気があるのかわからない。
おおっと、妹話で脱線してしまったので本線に戻します。

家族でお風呂に入るということは、それぞれの裸を見るので・・・。
おっぱいやまんこ、ちんちんが皆に見られてしまうんですよね。

えー、家族紹介に書いてある通り、僕の父親はチンポがでかいんですよ。
僕が中学の頃の話ですが・・・、家族で一緒にお風呂に入っていた時にチンポのサイズの話になりました。

僕「おやじぃ、チンポ大きくなんないんだけど」
父「んー?勃起してないだけだろう?」
僕「おやじのは何でそんなにでかいんだ?」
父「それはお母さんのおかげだろう!!!」

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】鬼畜な兄にはある悩みが・・・

数年来、妹(20)と禁断の肉体関係を持つ投稿者男性(23)。そんな妹の高校の卒業旅行に保護者としてついていった投稿者。ホテルのミスで妹と同部屋になり、喜ぶ妹。そんな妹は今だに彼氏も作らず兄一筋に生きてきたのだが・・・。

imouto

俺23歳、妹20歳気付いた時には肉体関係があった。

子供の頃から性的な関係はあったので正確に何時からとは言えない…
ただ妹と初めて交わったのは妹が12歳…小6だったのは覚えてる。

共働きの家は両親の帰りが遅く大体俺達が寝る頃に帰って来ていたので、風呂は当然一緒に入っていたので、女の身体に興味が湧いて来た頃に妹の身体を念入りに調べてお互いの身体の仕組みや性行為的な事を教えて実行させていた。

そして妹が12歳の終わり頃、とうとう合体に成功した!

それまで何度か挑戦していたが中々上手く行かずにいたので、やっと挿入出来た時は余りにも気持ち良過ぎて入れた直後に発射してしまったのを覚えている。

その時、妹は痛かっただろうに我慢してくれていて俺はその後2~3回続けて中出しした。

次の日も風呂に入って中出し…その次の日もと、未だ初潮を向かえていなかった妹に毎日、毎日、妹の膣(なか)に精子をぶちまけていた。

後で知ったのだが妹は一週間程は痛いだけで本当は嫌だったらしいが大好きな俺の為にと我慢していたのだと…

だが一ヶ月も続けると痛みはすっかりなくなり逆に気持ち良さを感じる様になって来たと教えてくれた。

そんな事とは少しも分からなかった俺は自分さえ気持ち良ければいいと自分が満足するだけ満足して何時も行為を終わらせていた。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】一生修復できない汚点を残してしまうことに・・・

父はトラック運転手、母は早くに他界してしまい、妹と二人の時間が多い投稿者男性。ある日二人で映画でも観ようとビデオカセットを探していると1本のラベルのないビデオを発見。興味深々に見てみると・・・。

kurorekishi

僕は今大学2年です。

僕が妹としたのは高校2年の時、妹が確か小学3年の時です。

とんでもないことをしてしまったと今でも後悔しています。

僕の家は3人家族、母は僕が中学に入学してすぐに脳溢血で亡くなりました。

父は長距離トラックの運転手で浮気もしていたらしく、お金は稼いで家族に入れるのですが僕が高校生の時は月に一度位しか家に帰って来ませんでした。

僕と年の離れた妹はどう生活していたかとゆうと、僕の家の隣が父方の父母の家なので食事や家事などは隣に行ったり隣が来たりでおじやおばの世話になっていました。

僕と妹は友達が「お前らホントに兄妹かよ」とゆうほど顔が似ていません。

僕は父に似てゴリラ顔で体型はドラム缶の様です。
妹は母似、それもいいとこだけを頂いたようなスラッとした体型で顔は最近見た感じはモーニング娘の安倍なつみを少し痩せさせた様なルックスです。

ラブレターをいっぱいもらっちゃったと照れてた所をみると僕と違い相当もてるみたいです。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性が家でくつろいでいると、高校生の妹が帰ってきた。しかし玄関で何やら格闘している。助けを求められて行ってみると、トイレに行きたいのに靴ひもがほどけないという非常事態に陥っていた・・・。

ある日、冬の寒い日の夕方。
自分がストーブの効いた居間でくつろいでいると、家のドアが開く音が。

時間的に、父や母が帰ってくるにはまだ早い。
消去法で、妹が帰ってきたことはすぐわかった。
しかしその妹、なかなか居間に入って来る様子がない。
玄関で一体何やってんだ、などと思っていると。

「助けて!お兄ちゃん!」

それは切羽詰まった悲鳴だった!
何だ!?
慌てて玄関に行くと、そこには慌てた様子で履いている靴と格闘している妹がいた。

「どうした!何があった!?」
「靴が、靴が脱げないのよ!」
「何!靴が!」

………。
??
とりあえず妹に命の危険はないと安堵したが、イマイチ状況が把握できない。

「……どゆこと?」
「お手洗いに行きたいのに…ほどけないの!」

泣きそうな声に、自分はようやく妹が危機的状況にあることを理解した。
妹はもう高校生だ。
年頃の女性、ましてや大事な肉親に、おもらしなどさせるわけにはいかない!

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は妹(中3)に相談される。「胸が小さいと友達バカにされた」と。そして「協力してよ」と言われる・・・。

さっき妹の梨花が俺の部屋に来て

妹「お兄ちゃん助けて」

いつも強気な妹が泣きべそかいてた

俺「な、何?何事だよ?」

妹「胸が小さいって馬鹿にされた・・・」

俺「え?誰に?」

妹「友達。ううん、やっぱり違う、友達じゃない。ライバルみたいな存在。」

妹「たまたま聞いちゃったの(涙)
梨花ちゃん綺麗だけど胸が小さいのが、ざ~んねんw
って、みんなで馬鹿にしてた(涙)」

俺「気にするなよ。まだ中学生なんだからさ。」

妹は中3なんだけど、胸が小さいっていうか、真っ平、なんだよね。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性には淫乱でヤリマンの姉と、天使のような妹がいた。童貞はその淫乱ビッチな姉に無理やり奪われた。しかしその姉が天使な妹になにやら教え込んでるらしいのだ・・・。

俺は姉と妹に挟まれた長男です。

一言で姉は淫乱、ヤリマン、ビッチ、売女。
妹は処女、天使、美少女です。

俺は十六歳の時に姉に筆下ろしさせられました。

「十六歳の誕生日までに他の女が筆下ろししてくれたらアタシはしないでやるよ」
と言われ、俺は必死に探しましたが見つかりませんでした。

で、姉にヤラレました。

姉ちゃんが相手なんて激キモだし絶対勃起しないと思ったんですが、強制的に触られて舐められるとイヤなのに勃起して結局、姉ちゃんのマンコに入れられてしまいました。

俺は恥ずかしながら泣いてしまいました。
姉ちゃん相手に多分一分も持たなかったと思います。

女の中って何であんなに我慢できないような作りになってるんでしょう。
イカされるって言葉がぴったりです。

「これで一応は男だ。で、ここから男のテクニックを磨いていくべきだ。テクなしは女にバカにされるぞぉ」
と姉ちゃんに脅されました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者の妹は17歳なのにいまだにオネショをしている。それでも本人は気にしていなかった。しかし妹に彼氏ができた。すると、お泊りができないと、オネショを治したいと言い出したのだが・・・。

妹はもう十七歳です。
見た目はマジで立派な女子高生です。

身体も発達しているし、多少幼いとこもあるけど、ちゃんとした女の子です。
そんな妹には家族内で極秘にされていることがあります。

おねしょをするんです・・・。
妹自身、それを恥ずかしいとも思ってなかったみたいですが、どうやら最近彼氏が出来たのに、そのせいでお泊まりが出来ないと悩み始めたらしいのです。

俺がただ唯一、部外者に妹のおねしょのことを相談したのは親友の正明(まさあき)だけでした。

正明に、「おねしょするのにお泊まりとかヤバイよな?」と聞いてみると、
「え? 別に?」
みたいな感じでした。

「別にって・・・お前、彼女がおねしょしてたら引くだろ?」
と聞いてみても「そうかな?人によるんじゃない?」程度。

世の中の他の男たちも女のおねしょに寛大なのだろうか・・・・。
俺だけ?
俺はイヤだ。

そんなわけで妹に切実に相談され、俺は
「ちょっといい案を考えるから一日くれ」と言いました。
で、いくつかの案を練りました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者が中3の頃、なぜか耳かきが趣味だった妹(厨2)の実験台にされていた。そして、ある時、新しい耳かきを買ってきた妹の実験台に。しかしその時、デニムスカートをはいていた妹のパンツが丸見え状態であることに気付いてしまう・・・。

うちの妹は何故か知らんが他人の耳かきをするのが大好きで、俺もよくその実験動物にされた。

十年ほど前、当時中2だった妹は俺(当時中3)にその日も
「新しい耳かきを買ってきた」とウキウキしながら俺にモルモットになる事を強要。
首根っこをつかみ強引に俺の頭を膝枕に乗せた。

正直妹は兄として可愛がっていたし、耳かきも上手なので「しょうがねえなあ」と言いながら承諾。
妹は新調した銀の耳かきで俺の耳をホジホジしはじめた。

「はい、右の耳終わり。兄ぃ(妹は俺のことをこう呼ぶ)次左向いて」
そう言われて俺は頭を反転させたのだが…

反転させた俺の目に飛び込んできたのは、ジーンズスカートの奥に見える妹の純白パンツだった。
少々自慢になるが俺たち兄妹はかなり仲がよかったので、俺は妹にはっきり言ってやることに。

俺「なあ、お前パンツバッチリ見えてるんだけど」
妹「あっそ。兄ぃモテないだろうし、よければごゆっくりどうぞ」

「パンツくらいでガタガタ言うな」とばかりにさらっと華麗にスルーし、左の耳をホジホジし始める妹。
恥じらうどころか兄である俺を(実際モテなかったが)愚弄するその態度に、俺は兄として怒りと威厳の危機を感じた。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者が高2の時、祖父が亡くなり葬式で親戚が集まった時のこと。飲めない酒を飲まされ、別室で寝ようとしていると、襖を隔てた隣の部屋から、妹と従姉妹の話す声が聞こえてきたのだが・・・。

○年前の話

俺が高2になった頃東京の郊外に住んでいたの母方の祖父が亡くなった。
葬式には久しぶりに母方のイトコが全員集合した。

母は5人きょうだいの末っ子だったのでイトコも大勢いてしかも年齢層も幅広い。
その当時、俺と妹(中3)を含めて10人いる従兄弟は上は30歳くらいから下は中2までいたはず。

葬式が終わった夜、奥座敷で男の従兄弟達で酒盛りになった(俺が男の中では最年少)。
真面目?な高校生だった俺は飲み慣れないビールを少し飲んだだけで一気に睡魔が襲ってきた。

従兄弟達に「高校生はもう寝ろw」と促されて別棟で今日のために掃除された古い家に行かされた。
そこは葬式のための寝室として使うように布団が敷いてあった。

うとうとしていると襖一枚で仕切られた隣室に誰かが入ってくる気配、
そして電気がついた。
「お姉ちゃん、明日久しぶりに○○とかに連れてってくれない?」

妹のA子の声、妹がお姉ちゃんという相手はここに住む従姉妹で都立高2年のE美のはず。
俺から見るとA子はまあ少し可愛らしい顔つきではあるがすこし頬が赤くていかにも田舎娘、
それに対しE美は色白な上ナチュラルメイクで洗練されていて都会っ子っぽい。
何故かこの二人は昔から妙に気が合っていた。

「うん、A子いいわよ、キャミとか見に行こうか」
田舎から久しぶりに都会に出てきた妹は不謹慎だが葬式よりも東京で買い物出来る事が楽しみでしょうがなかったようだ。
しばらく女の子同士でどこで何買おうみたいな話しが続いていた。

「ところでA子、W君(俺の事)どうしてる?」
「お兄ちゃんならKさん達とかみんなでお酒飲んでるよ、未成年なのにねえww」

俺が隣りで寝ているなんて全く考慮に入っていないようだった。
「W君て彼女いるのかなあ」

この記事の続きを読む