このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】南米の大都市に住むある日本人男性の話。日本で有名大学を中退した彼は、仕事もせずにブラブラしていた。そして興味本位だけで南米に渡ったのだが・・・。

リョウ君は南米のある大都市に住んでいます。もちろん日本人です。
けっこう有名な日本の大学を中退後、仕事もせずブラブラしてましたが、友達から南米の生活を聞いて「面白そう」とやって来ました。

学生時代はモデルのバイトをやってて、女遊びも派手だったリョウ君。
ただ決定的に勤労意欲に欠け、まともに就職する気もなかったのです。

南米での身分は留学生。現地の学校の学籍を買ってビザを取りました。
このへんは日本やアメリカよりずっと簡単です。
周りには密入国というか、ビザが切れて不法滞在状態の人も多いけど、身分証明書がないと何かと不便なこともあるので。

もちろん幽霊学生ですから、学校には行ってません。
現地の日系人向け邦字紙に潜り込み、記者の真似ごとをしてコラムを書いたりもしますが、給料はとても安いです。
まあ、日本円で月5万円も稼いだら、十分暮らしていける国ですが。

リョウ君の主な収入源は「何でも屋」の手伝いです。
日系1世(移住者)のおじさんがやってる出張専門の店で、お客は日本人駐在員とその家族。
電話で依頼を受けたら、子守、買出し、掃除、簡単な修理や工事まで、文字通り何でも引き受けます。

この記事の続きを読む