このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】小さいころからあこがれてた親友の巨乳ママに・・・

幼稚園から一緒の親友のお母さんにずっと憧れていた投稿者。高校生になりテスト勉強のために親友の家にいく。親友が外出した際にお母さんが赤ちゃんに授乳している姿が。しかもどうも友母の様子がおかしい。どうやら授乳しながらオナニーしている様子。それを見た投稿者も興奮してオナニーしてしまうが・・・。

junyu

僕(賢人)は親友の翔太のお母さん(ひとみさん)のことが小さいころから好きでたまりませんでした。

小学生の頃までは、どこか母親とは違う大人の女性という憧れの気持ちの方が強かったのですが、中学生になり性に目覚めたころから、ひとみさんの大きなおっぱいに甘えながら、ひとみさんに自分のおちんちんを手でしごいてもらいながら、射精させてもらうことを想像し、高1の今日まで、毎日のようにオナニーに耽るようになっていました。

翔太は幼稚園から一緒で、家が近くということもあり、両方の親が交代で送り迎えをしてくれていました。

翔太は元々甘えん坊の性格なのか、ひとみさんが幼稚園に迎えにくると、必ずひとみさんに抱き付いて抱っこをねだりました。

子供がみてもちょっとなんともいえない気持ちになるひとみさんの大きなおっぱいに抱き付いて、しっかりと顔を埋めます。

周りのお母さん達も

「翔太くんは甘えん坊だね」
「まだママのおっぱいが恋しいの?」
「まだ赤ちゃんなんだね」

と微笑ましく言ってましたが、自分は羨ましくてたまらなかったのを覚えています。

ひとみさんは、現在39歳ですが、翔太の他に、まだ5ケ月の男の子の赤ちゃんがいます。

見た目は、とても39歳には見えないぐらい若々しく、それでいて熟女の色気もあり、男子の同級生の間でもちょっと話題になるお母さんでした。

そんな憧れのひとみさんと、本当に自分の妄想が現実になる日が来るとは思いもしませんでした。

今からその時のことを話したいと思います。

それは、3ヵ月ほど前、期末テストの勉強を翔太の家で一緒にすることになった時のことです。

小さいころからよく来ているので勝手知ったる家でした。

2時間ほど数学の勉強をしたあと、翔太がひとみさんから呼ばれ、勇人(赤ちゃん)の紙おむつが切れたから買ってきてもらえないかと頼まれ、買い物に出ていくことになりました。

「自転車でひとっ走り行ってくる、30分ぐらいで戻るから」とのこと。
自分はそのまましばらく続きをしていましたが、お手洗を借りようと思い1階に下りました。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は大学生で近所のスポーツクラブに通っていた。そこで小学生の頃よく遊んでいた友達のお母さんに再会する。昔からきれいでスタイルもいい彼女の水着姿に欲情した投稿者は、飲みに誘い泥酔した彼女を見て理性が飛んでしまう・・・。

22才の大学生です。
今僕が通っているスポーツクラブのプールで、小学生の頃よく家に遊びに行った
友達のお母さんと再会しました。

若くてきれいなお母さんで、ちょっと好きでした。
久しぶりの再会に、水泳そっちのけでよく喋りました。

僕はクラブにたまにしか顔を出さないので知りませんでしたが、肉体を若く保つ ため、ずっとトレーニングしてきたらしく、その体はやや肉厚ではあるものの、よくシェイプされていました。

うちのお袋とはえらい違いです。

話が弾んで、帰りに食事に誘って、お酒も飲みました。
わたし全然飲めないのよ、と言うおばさんに、いいからいいから、とワインなど をたくさんすすめたところ、酔っ払ってフラフラになってしまいました。

おばさんの肩をかついで帰路につきましたが、僕の体にしなだれかかるおばさんの匂い、歩く振動でボンボンあたるでかい乳、昼間の水着姿・体の線を思い出す うちに、どうにもたまらず勃起してきてしまいました。

僕は一大決心をしました。
こんなチャンスはもうないと思いました。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】小6の夏休み、スイミング仲間の友達とそのお母さんと三人で海へ旅行に。そこで友達が怪我をしてしまう。泳げなくなった友達をおいてお母さんと二人で泳ぐ事に。岩場で二人っきりになるとお母さんが急におちん○んを触ってきたのだ・・・。

小学6年生の夏休み、俺は同級生でスイミング仲間の健斗と、健斗のお母さんの真理さんとの3人で、伊豆の海岸まで泊りがけの旅行に行った。

宿に到着して荷物を置くとすぐに海岸に出て泳ぎ始めた。

俺も健斗もスイミングでは選手コースでタイムを競ってる仲だっんで、海でもお互いに意識しながら夢中で沖の岩場まで競争で泳いだ。

岩場で健斗が怪我してしまい、一度宿に戻って医者に診てもらうことになった。

怪我はたいしたことなかったけど、健斗は泳ぐことができないんで、二人は海の家で遊んでることになった。
怪我をした時に助けてくれたガードの人達が、俺達の遊びの相手もしてくれた。

俺も、最初は一緒にゲームしたりしていたけど、つまんなそうな俺に気付いたのか、真理さんが「慎ちゃん、ここまで来たのに泳がないとつまんないでしょ?私とあの岩場まで競争しない?」と言ってくれた。

「健斗はここでお兄さん達に遊んでもらってなさいね。お兄さん達お願いします」と言って、真理さんが俺の手を曳いて海岸まで連れてった。

「私も高校まで一応水泳選手だったんだよ。まだまだ慎ちゃんには負けないと思うよ」って真理さんが張り切って泳ぎ出した。

俺もすぐに泳ぎ始め、真理さんを追い越して先に岩場に着くと、岩場に上って真理さんを待った。
「わぁ~、やっぱり慎ちゃん早いわ~」と、真理さんも岩場に上ってきた。

しばらく二人並んで座ってたんだけど、突然真理さんが俺に抱きついてきた。

ビックリしている俺にかまわず、今度は俺の穿いてる競泳パンツの前に手を当ててきた。

「慎ちゃんのここ、いつももの凄くモッコリしていて、スイミングのギャラリーで見ているお母さん達にも評判なのよ。慎ちゃん、どんな大きなオチンチンしてるのかしら?って」

競泳パンツがモッコリしてるのは、スイミングの友達からもからかわれてたんだけど、お母さんたちまで話題にしてるとは思っていなかった。 この記事の続きを読む