このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性はしがない単身赴任の会社員52歳。ただのメタボおじさんだが、巨根だけは自慢だった。そして投稿者の隣の奥さん(44)のGカップおっぱいが気になっていた。ある日、洗濯物を干していると、隣のベランダに投稿者のパンツが飛んでいってしまい、取らせてもらいにいくのだが・・・。

kyokon

私は単身赴任中の会社員です。もう年は52歳になります。

いわゆるその辺のおじさんで、服装もあまり気にしないし、体型も徐々にメタボに近づきつつあります。

ただ、自分で言うのもなんですが、唯一自慢できることがあります。
それは、ずばり「チンポ」のサイズです。

特に長さなんですが、勃起したらなんと20センチを超える長さです。

単身ながら、つまとうまくいっているのも、このおかげといっても過言ではありません。

なにせ、わたしのチンポが大きすぎて、ほかのチンポに浮気される心配ないのです。
(自分が思っているだけなのかもしれませんが、、)

ちなみに、隣の奥さんとのことなんですが、年齢は44歳のかすみさん。

子供さんは1人おられるのですが、大学生で、家から出ているので、だんなさんと2人暮らしです。

かすみさんは、年の割には、スタイル抜群で、おそらくGカップはあると思われるバストが僕の一番の気になるポイントです。

ある仕事休みの日のことなのですが、洗濯を干している最中に、私のショーツが隣のベランダに飛んでいってしまったのです。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】子供の学校の関係で単身赴任した投稿者男性。週末には家に帰り妻とSEXしていたが、物足りなくなり赴任先で部下の女に手を出した。そして調教していくのだが・・・

高1と中1の子供がいたので仕方なく単身で赴任した。

約100km、新幹線の駅がない赴任先へは高速道路で最寄のI.C.経由でも1時間30分かかった。

2010年3月、俺43歳、妻39歳で離ればなれになった。

俺と妻は、マンネリ防止にソフトなSMを始めて2年だった。
毎週金曜の夜に帰り、土曜の夜に妻を死ぬほど逝かせ、日曜の夕方に赴任先へ戻る生活だった。
それまでは週2~3回妻を抱いていた俺は、週1回のセックスでは足りず、赴任して1年後、ついに部下の女に手を出した。

星子23歳、細身の妻とは対照的に豊満な女だがデブではなく、ムチッとしたタイプだった。
若い頃の川上麻衣子を彷彿とさせる美形だった。

元気がないので、部下の相談に乗ってあげるつもりが、部下に乗ってしまった。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】単身赴任中の投稿者(42)は小遣いほしさに近所の絵画教室でモデルのバイトをすることにした。応募してっ見るとあっさりOK。行ってみるとセレブ主婦が3人ばかり。早速モデルをするが、気に入られたのか水着になって欲しいとのこと。水泳で鍛えた体に自信ありの投稿者はもちろん承諾。しかし水着になってしばらくするとなぜか股間が熱くなってきて・・・。

私は42歳の会社員、正志と言います。

4月から単身赴任をしています。
初めての単身赴任で、家事や自炊で大変でしたが、最近ようやく慣れてきて、仕事と、マンションの往復から、ちょっと寄り道をするようになりました。

ただ、寄り道するとお金がかかり、小遣いがほしくなってきました。
仕送りだけでは、到底遊ぶこともできず、子供にもお金がかかり、追加なんてとてもお願いできません。

そんな時、郵便受けに1枚のチラシが入っていました。地域の奥様たちの趣味のサークルで、デッサンをしているようです。

内容を見ると、「一緒に楽しくデッサンをしませんか?」という奥様仲間募集のチラシでした。
しかし私は、そのチラシの片隅の一文を見逃しませんでした。

「男性のデッサンモデル、大募集!初めてでも大丈夫!1Hで5千円!」
これは自分にとっていいバイトだと思いました。

なぜなら、中学から、高校と水泳部に所属しており、就職してからも、時間を見つけては、泳ぐという生活をしており、結構自信がありました。
もちろん、ヌードになるとは到底思ってはいませんでしたが、、、、、。

私はある日、仕事帰りの夜にチラシにある番号に電話しました。
するとあっさり、OKをもらい、明日が休みだと伝えると、朝10時に来てほしいと伝えられました。

次の日私は、言われた時間に、その場所に向かいました。
普通の一軒屋の一室に連れ込まれました。

案内してくれたのは、声からして、昨日電話に出られた女性でした。
部屋に入ると、女性ばかり3名が待っていました。
一瞬男性がいないことに躊躇したものの、昼間から男性はいないだろうなと考え直し、部屋へと入っていきました。

その後、アンケートに記入しながら、学生のころに水泳をしていたことを告白しながら、30分ほどが過ぎていきました。

さて、ここから、デッサンを始めるようです。
最初は手始めにと、いすに座り、私の顔を描いてもらいました。
時間にして20分ぐらい。みんな真剣に描いています。

じっとしているのも、意外と苦痛だなと思いながらも、何とか時間が過ぎ、休憩となりました。
今日は仕事が休みだと伝えたので、いろんなシチュエーションをしてみようと提案され、言われたまま受け入れました。 この記事の続きを読む