このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】わざわざ写真を見せるために家に呼んだわけではなかった・・・

投稿者女性は二年前からレズプレイに目覚めてしまった。きっかけは塾講師のバイト先の先輩女性。大学生が多い中で最年長で仕事もできる26歳。飲み会の席でつい調子に乗って恋人はいるのか聞いてしまう。先輩は「いる」という。写真を見せてもらえるというので、家に行くことになったのだが・・・。

les

初めまして。二年ほど前からレズに目覚めてしまったゆかりです。

私は元からレズだったわけではありません。むしろ男性が大好きで生理前になると男友達を一人暮らしの家に呼んで「して、して〜」と言うような淫乱娘でした。

そんな私が何故レズに目覚めてしまったかと言うとバイト時代に遡ります。
その日はバイトの飲み会があったのですが、私は塾講師のバイトをしていたのですが、他の教室は男の子が多かったにも関わらず、私のいた教室はは女の子の方が多く男の子は隅に追いやられるといった感じでした。

しかもパッとした男の子はおらず、家にあげたいと思うような人はいませんでした。
もちろん飲み会などを仕切るのも女性です。

店を決めたり日程を決めたりは茜さんでした。
講師はみんな大学生という中、茜さんは26でフリーター、と言うか社員ではないけどプロの塾講師でした(他に家庭教師もしていましたが)

かなり厳しいけど成績を上げることに関しては右に出るものはおらず尊敬の眼差しで見ていました。
酔いも回ってか、みんなが聞かなかった質問をしてしまいました。

「茜さんは恋人いるんですか〜」
「いるわよ」

まさかのいるとの返答に一同唖然。
みんないないものだと思っていましたからね。ただどんな人か聞いても濁すばかりで一向に応えようとはしません。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性が20歳のころ、先輩(28)と彼女(18)と投稿者の部屋で3人でオールで飲み会&桃鉄をやることに。酒の弱い投稿者は先に寝てしまうのだが、目が覚めて隣の部屋を覗いてみるととんでもない光景が・・・。

ntr

僕が大学生(20歳)の頃の話です。

当時、後輩の高校生の彼女(18歳、147cm細身のロリかわいい感じです)と付き合っていて、僕らはよく先輩(28才)に誘われカラオケやボーリングなどごちそうしてもらってました。

そしてある日、僕が一人暮らししている部屋(2DK)で彼女と先輩とオールで桃鉄大会+飲みをやることになりました。

最初は普通に飲みながら桃鉄を楽しんでいたのですが、僕は酒が弱いこともあり、数杯飲んだ所でもの凄い睡魔に襲われました。

しばらくは頑張っていたのですが、先輩の提言もあり、瞼が今にも閉じそうな僕は隣の自室のベッドで軽く仮眠することにしました。(0時過ぎ)

そして午前3時過ぎ頃…。

ふと目が覚めた僕は彼女と先輩がいる部屋に行こうと、横開きのドアに近づきました。

しかし、不思議と話し声が聞こえなかったので二人とも寝てしまったのかと思い、そっと開けようとしたところ、僕の目に入ってきたのは信じられない光景でした…。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性が以前、会社の先輩女性と飲みに行った時の話。彼女とうまくいってなかった投稿者は先輩女性からの誘いに下心もなく付き合った。しかし酒が進むにつれ、先輩女性からの一言で火がついてしまう・・・。

昔、同じ職場の♀(当時28ぐらい)と飲みに行こうかって誘われた。

その時の漏れは23ぐらいで、ちょうど彼女とうまくいっていないときだったので飲みに行きたい気分だったが、1人で飲みいくととことん落ち込みそうだったので軽くいいっすよ~的な返事をした。

その頃は、とにかく1人になりたくないときだったが彼女とのことを何とか修復したいと思っていたから漏れ的にはその人をどうこうしようって気持ちは全然無かったのだ。

んで、その♀(仮名:えりさん)と飲みにいくことになった。
別にえりさんとは何度も一緒に飲みにいったりしてたから、特別なことって感じはなかった。

このえりさんって、滅茶苦茶酒好きで、その上強い。
そして、見た目もショートの似合う大人の女って感じだった。

そんな感じの人だったから、”飲みにいく”ってことに関してはいわゆる「都合のいい人」だったのだ。

その日は、お互いにかなり飲んでて、かなりベロベロになっていた。
そして、何軒目かに行きつけのバーにたどり着いた。
店は混んでて、カウンターしかあいていないってことだったが、俺たちは気にせずカウンターで飲んでた。

しばらくは他愛の無い話をしていたのだが、彼女の事とかを色々話ししてて、何の話をしていたか覚えていないが、突然、えりさんが
「それってあたしを口説いてるの?」
とか言い始めた。

今まで、そんなことを考えてもいなかったが、そこで俺の中の何かがはじけた。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】弓道部の投稿者女性は合宿でレズの噂のある先輩の裸を見て興奮してしまう。そしてついに告白するのだが、先輩は快く受け入れてくれた。そして二人はともに行動するようになり、ついに先輩の家に泊まることに・・・。

弓道部で皆で合宿に行きました。
練習終わって皆で民宿のお風呂に入ったとき
美人でスタイル抜群の涼先輩の裸を始めてみました。

噂に聞いていましたが見事な巨乳&美乳で乳首とかもギリシャ彫刻みたいに綺麗でした。
日頃、弓道着や制服を着ている先輩は
スレンダーでスラッとしたイメージでとてもこんな凄いオッパイを持ってる人には見えません
普通オッパイが大きいと腰周りが太くなるのに
先輩は細身の長身巨乳という反則のようなスタイルでした。

「涼先輩きれー」と騒ぐ同級生や先輩達の中で同性なのに異常にドキドキしてる自分に気がつきました。
その日から先輩の事が気になって仕方ありません
特に胸元ばかりに目が行き部活も上の空です。

涼先輩は日頃は長い黒髪をポニーテールにしてて
面倒見のよさと優しいお姉さんのような雰囲気で校内でも凄く評判が良い人です。
しかもちょっと変な噂があって
涼先輩はレズじゃないかと言われていました。

私はそれまでは尊敬する先輩がそんな趣味なわけがないと思っていましたが
現金なもので、私はもし先輩がそういう人なら・・と怪しい妄想をするようになりました。
あのオッパイに触ってみたい・・できればあのきれいな乳首を吸ってみたい・・
甘えてみたい・・という願望が強くなっていました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は学校でも評判の放送部の美人先輩の事がずっと好きだった。そして自分の童貞を奪ってくれないだろうかと妄想するようになる。ある日、部室で二人きりというチャンスが訪れた。我慢できず。彼女を襲う投稿者だったが・・・・。

高校の1年の時、3年の先輩マリさんは、学校でも評判の美人で、マリさんの放送当番の日は、学校中のみんなが聞いているというような、学校のアイドルだった。

僕もマリさんが好きだったが、不埒にもマリさんに童貞を奪ってもらいたいと考えるようになってしまった。

もうそろそろ3年も部活引退というある日、テストも近くみんな早く帰り、部室にマリ先輩と二人だけだった。

俺に背中を向けて早口言葉を練習しているマリさんの、長い髪と耳たぶにかかるほつれ毛にたまらなくなって、とうとう後先も考えず後ろから抱きついてしまった。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者が大学生だったころにバイト先で知り合った25歳の先輩女性。その先輩はタイプではなかったがとにかく胸が大きかった。当時彼女もいた投稿者だが、ある日先輩に誘われて飲みに行った時に肉欲に負けてしまい・・・。

僕が大学2~3年生の頃、バイト先に胸がやたら大きい年上の先輩(亜紀さん)がいました。

年は25歳、顔はお世辞にもかわいいとは言えないながらも制服が溢れんばかりに盛り上がっているような状態で、男であればどうしても目がいってしまう感じでした。(後々聞いたところ、F~Gカップと判明)

亜紀さんは年下が好みだったらしく、入った当初から何かとお世話になっていた先輩で、僕に好意があることも何となくわかっていました。

しかし、巨乳の魅力に惹かれつつ、目がいきつつも、当時は彼女(大学1年、A~Bカップ)がいたので、特に何かをしようとは思っていませんでした。

そんなある日、バイト後に飲みに誘われ、暇つぶし程度の気持ちで飲みに行きました。

その日の亜紀さんは、心なしかいつもより露出が激し目で、ミニスカまではいかないまでもやや丈の短いスカートに胸元がゆるい感じのTシャツを着ており、飲んでる最中に何度も胸元に目がいってしまってました。

数時間飲んだ後に店を出ると、亜紀さんは「これからどうしようかぁ~?」と言ってきたので、「亜紀さんって家この辺でしたよね?」と聞くと、「うん、10分位だよ。うちで飲みなおす?(笑)」と冗談めいた感じで聞いてきました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は、東京に出てきた大学時代の先輩からの連絡を受け、久しぶりに会うことに。家に招待して泊まってもらうことにした。その先輩は大学時代から女癖が悪かったのだが、まさかあんなことになるとは・・・。

金曜日の昼間に突然、学生の頃の佐藤先輩から携帯に電話が入った。
佐藤先輩は地方から東京の大学に出てきて就職は地元の会社に就職していました

その会社で急に東京に出張してくれといわれて今東京に来ているとの事。
久しぶりだからおまえと一緒に飲みたいと言ってきたので快諾し良ければ僕のうちで飲んで泊まっていってくださいとも言ったら先輩はとても喜んでいた。
でも、仕事が終わってからで帰りは9時過ぎになるとの事.そのまま、携帯で僕の妻に電話してそのまま伝えた。

妻には「今晩、大学時代の先輩が泊まりに来るから準備しておいてくれ」とそれから、夜になって自分の仕事が終わり8時前には家に着いて、軽く食事を済ませ,風呂も先に入ってしまっていた。

風呂上りにビールを飲んでいると
妻が「ねぇ、今日来る先輩ってどんな人なの?」と聞いてきたので
僕は「学生の頃世話になったんだ、けっこうかっこいいよ」
妻、「そうなの、へ~楽しみ~」
僕 「結婚して子供もいるけどね」
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性が中学の時に陸上部で憧れの先輩がいた。しかし告白できずに卒業してしまった。そして投稿者が高校になってからマックでバイトする女子大生になった先輩と再会した。相変わらずきれいな先輩にドキドキする投稿者だが、一緒にいたチャラい後輩の男もどうやら気に入ってる様子だった・・・・

高校のときにセックスとか経験しなかった奴って一生後悔して生きるっていうけど正に俺がそれ状態。

中学の時の陸上部の女の先輩に、浅倉先輩って先輩がいた。

ほんわかした真面目な先輩で、ただしっかり結果残してる人で後輩からの人望もあって、副キャプテンやってる人だった。

何よりかわいい。

大人っぽいけどちょっと気が弱い流されやすいとこもあって、守ってやりたくなるタイプ。

近所だから制服姿とか見かけてたけど、高校でも陸上やってて足長いし細いしで抱きしめたら折れそうな感じ。

だけど女の子らしい柔らかさはあって、ともかく惚れてた。

中学のときの一歳年上って大きくて、告白できなかったし高校は別になった。

高二の十一月くらいに、同じ部活の奴と一緒にマック行ったら、浅倉先輩がバイトしてた。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は社員旅行で温泉へ行った。先輩女性と話し込んでいたが途中で眠くなり部屋で寝ることにする。しかし麻雀で盛り上がっていてとても眠れない。先輩女性に自分の部屋で寝ればいいと誘われて下心なしで寝に行くが、そこへ酔った後輩(男)が同部屋の女性と帰ってきてヤリだした・・・・・。

もう、時効だから書いてしまいます。

社員旅行で秋○温泉のグリー○グリーンホテルに泊まったとき、宴会で飲みすぎた僕は宴会場を出てロビーのソファーで休んでいました。

そこへ、先輩女性のユキエさんが来てしばらく話し込んでしましたが、眠くなったので自分の部屋に戻ることにした。
しかし、すでにそこはマージャンが始まっていてとても寝られそうにありませんでした。

「だめだ、寝られそうにないや。」とドアを閉めると、ユキエさんが、「ちょっとだったら、うちらの部屋で寝てけばいいじゃん。」と言ってくれたので、他意はなく彼女たちの部屋にいきました。

彼女の同室の人たちは二次会へくりだしたらしく誰ももどっておらず、二人きりになりました。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

憧れの会社の先輩♀がいる投稿者男性。仕事もできてスタイル抜群、でもひとつ気に入らないのが、旦那が格好悪いこと。そんな先輩と自分のミスで残業することになり、その後一緒にご飯を食べるとこに。チャンスとばかりに酔った先輩に冗談んで催眠術を賭けてみたら・・・。

憧れの先輩がいる。

その人は俺よりも3つ年上で、キャリアウーマンって言葉がよく似合う美人。
長い髪をたいていアップにしていて、細見の眼鏡をかけていて、体にほどよくフィットしたスーツが、大きな胸を強調していて……。

タイトスカートからのぞくまっすぐな脚とかもやばいけど、一番の魅力は、尻。
大きくて、スカートがぱつんぱつんになってるのが最高にエロい。

入社してすぐ、俺の指導をしてくれたのが、そのS先輩だった。

S先輩はすごく厳しい。けど、それ以上に、自分にすごく厳しい人。
だからきっと、結婚相手に選ぶのは、S先輩よりもさらにきちんとしてて、仕事もよくできるイケメンなんだろうな……って思っていたら、結婚したのは、俺と同じ年のヘラヘラしたしまりのない男だった。

結婚式に行ってそいつの顔を見たときには、ほんとにもう、S先輩をさらっていきたいって思ったくらいだ。

今回、そのS先輩と二人きりになることができた。
というのも、仕事で俺がミスしてしまって、指導係の先輩も責任を感じて残業をしてくれることになったんだ。

ほかの人たちはもう帰ってしまって、俺も先輩にこれ以上迷惑がかからないようにと必死でがんばったおかげもあって、夜ご飯を食べて帰ろうということになった。

半個室みたいになっている居酒屋で、お疲れ様ってことでお酒を飲んだんだ。
そしたらS先輩、すぐ酔ってきちゃって。

面白半分で
「俺、ちょっと催眠術とか、占いとかできるんすよw」
とか言ってみて、知っている限りのS先輩の情報をまず披露。

A型でしょう? とか、几帳面で責任感の強い性格、だけど本当は弱い部分がある……。
とか言っておいてから、この間スーツのボタンが取れてしまってから持ち歩いているソーイングセットの糸を5円玉に結んで、
「今、あなたの目の前にいる人が、あなたの好きな人です」
って言ってみたら、
「うぅ~ん……○○くぅん…今日も疲れちゃったよぅ……」
ってすり寄ってきたww この記事の続きを読む