このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

憧れの会社の先輩♀がいる投稿者男性。仕事もできてスタイル抜群、でもひとつ気に入らないのが、旦那が格好悪いこと。そんな先輩と自分のミスで残業することになり、その後一緒にご飯を食べるとこに。チャンスとばかりに酔った先輩に冗談んで催眠術を賭けてみたら・・・。

憧れの先輩がいる。

その人は俺よりも3つ年上で、キャリアウーマンって言葉がよく似合う美人。
長い髪をたいていアップにしていて、細見の眼鏡をかけていて、体にほどよくフィットしたスーツが、大きな胸を強調していて……。

タイトスカートからのぞくまっすぐな脚とかもやばいけど、一番の魅力は、尻。
大きくて、スカートがぱつんぱつんになってるのが最高にエロい。

入社してすぐ、俺の指導をしてくれたのが、そのS先輩だった。

S先輩はすごく厳しい。けど、それ以上に、自分にすごく厳しい人。
だからきっと、結婚相手に選ぶのは、S先輩よりもさらにきちんとしてて、仕事もよくできるイケメンなんだろうな……って思っていたら、結婚したのは、俺と同じ年のヘラヘラしたしまりのない男だった。

結婚式に行ってそいつの顔を見たときには、ほんとにもう、S先輩をさらっていきたいって思ったくらいだ。

今回、そのS先輩と二人きりになることができた。
というのも、仕事で俺がミスしてしまって、指導係の先輩も責任を感じて残業をしてくれることになったんだ。

ほかの人たちはもう帰ってしまって、俺も先輩にこれ以上迷惑がかからないようにと必死でがんばったおかげもあって、夜ご飯を食べて帰ろうということになった。

半個室みたいになっている居酒屋で、お疲れ様ってことでお酒を飲んだんだ。
そしたらS先輩、すぐ酔ってきちゃって。

面白半分で
「俺、ちょっと催眠術とか、占いとかできるんすよw」
とか言ってみて、知っている限りのS先輩の情報をまず披露。

A型でしょう? とか、几帳面で責任感の強い性格、だけど本当は弱い部分がある……。
とか言っておいてから、この間スーツのボタンが取れてしまってから持ち歩いているソーイングセットの糸を5円玉に結んで、
「今、あなたの目の前にいる人が、あなたの好きな人です」
って言ってみたら、
「うぅ~ん……○○くぅん…今日も疲れちゃったよぅ……」
ってすり寄ってきたww この記事の続きを読む