このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】小学生の時はふざけて見せつけていたので・・・

投稿者男性は5つ年上の姉がいる。小学校の時はふざけてボッキしたチンコを家族に見せて喜んでいたが、中学になりそれもなくなった。しかしある日、両親不在の夜、風呂上りに姉に「以前のように見せてくれないの?」と言われ・・・。

ane2

僕は優輝といいます。今は25歳。平凡なサラリーマンです。
今日は僕の子供のころの体験を投稿します。

僕には歳が5歳はなれた姉がいます。優奈といいます。
今はもう結婚して、子供までいます。
その姉と僕の間には両親にいえない秘密があります。

それはさかのぼること、僕がまだ小学生のころのことです。
さすがに高学年になると1人でお風呂に入っていたのですが、ちょうどおませになっていくころで、実は僕はお風呂から上がると、家族(とはいっても、なぜか母親と姉)に自分のちんちんを見せて歩き回るのが日課みたいになっていました。

当時まだ5年生。それなりにつんと上を向くのですが、毛はまだ生えていませんでした。
2人からはいつも「早くパンツはいてしまいなさい!」とよく言われていました。

それでもあきらめない僕は、少し固くなったちんちんにバスタオルをかけて、
「ほら!バスタオルが引っかかって落ちないよ!すごいでしょ!」
なんて、今では考えられないのですが、それが小学生なのでしょう。

それが、中学になり、毛も次第に生えてきて、知識もついてきて、そんなことはしなくなっていきました。
まあ、そのほうが普通でしょう。

そんなあるとき。両親が出かけていて、姉と僕と2人だけで夕食を済ませ、先に姉がお風呂に入り、その後僕の番。
そして、パンツをはいて、パジャマを着てキッチンで牛乳を飲んでいるとき、後ろから姉の声が、、、。

この記事の続きを読む