このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】大学時代に塾講師をしていた投稿者は3人の人間と付き合っていた。塾の経営者の女性と、生徒の女の子、そして同じく生徒の男の子だ。熟女とロリとショタを手に入れた男は変態趣味の限りを尽くして彼らを凌辱していく・・・。

俺が大学2年の時、付き合っていた4年生の先輩の後釜で塾講師のバイトをしていた。

先輩が卒業した後、大学3年と4年の2年間、俺は3人同時に付き合うことになった。
今から8年前の話だ。
1人は塾の経営者で41歳の百合さん、もう1人は塾の教え子だった15歳の有美、そして同じ塾の教え子で有美の幼馴染のタケル君の3人だった。
そう、タケル君は男が好きな15歳だった。

百合さんのご主人は単身赴任なので、週末以外は俺の体が性欲の捌け口になっていた。
百合さんには、オンナが悦ぶセックスを教わった。
俺は百合さんに言われたとおりに腰を動かす。
百合さんは、ギャンギャン喘いで逝きまくった。
165cmと女性にしては長身で、スレンダーな肢体が艶かしい百合さんは、普段は知的で清廉な淑女だが、俺とセックスするときはまるで別人だった。

俺は有美に、タケル君と付き合って欲しいと言われて絶句した。
そこで、俺は交換条件として有美の青い性を要求した。
俺は有美に中学時代の制服を着せて猥褻なデジタル画像を撮影した。
まだ男を知らない性器もドアップで撮影してから、処女喪失動画を撮影した。
今でも俺の宝物だ。

俺は卒業までの2年間、火、木、土曜日は有美を味わった。
俺は、月、水曜日は百合さんにオンナの悦ばせ方を教わり、有美にオンナの悦びを教えた。
有美は147cmの色白ムッチリロリータだった。
お子様ファッションに小学校時代のランドセルを背負わせたらリアルだった。

今後週3回セックスをしていけば、可愛いピンクのアソコもめくれてくるだろうと考えた俺は、早いうちに小学生スタイルでハメ撮りをした。
ピンクの純情膣穴にバックから挿入して、ツインテールとランドセルを揺らした。

「ヤン、ヤン」
とアニメ声で可愛く喘いだ。
そろそろ生理が近いので、思い切って中に出した。 この記事の続きを読む