このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】ヤクザの口からは意外な言葉が・・・

投稿者男性は中学2年の時、隣に引っ越してきた強面のおっさんと若い女性の夫婦の部屋をよく覗いていた。ある日、覗いているのがおっさんにバレてしまい、家に呼び出される。死を覚悟した投稿者だったが・・・。

中学2年生から中学卒業まで続いた話です。

僕が中学2年生の秋頃に、空き家だった隣の家に旦那が50代で奥さんが20代の夫婦が引っ越してきた。

旦那は見た目から判断するとや〇ざっぽい感じで何の仕事をしているのかわからないヤバめのタイプ。
嫁はギャルっぽいような感じだけどすごく可愛くて、僕は奥さんを見ていつもドキドキしていた。

僕の部屋の窓から外を眺めると、たまに奥さんの着換えが見えたり夫婦の営みが見えたりした。
旦那がいない時は、たまにだけど奥さんのオナニーが見えたりして興奮しながら一緒にしたのを覚えている。

しかし、僕が覗いているのを隣の旦那さんにばれてしまい、ものすごい形相で睨まれた。
僕はどうしていいかわからなくてガクブルしていると、「すぐに家に来い!」と言われた。

あぁ、人生終わったなと思い、親に相談もせず隣の家に行った。
隣の家の部屋の中は、頭がふわふわするような不思議な香りが充満していて、さっきまでガクブルしていた僕はいなくなっていた。

気づけば頭の中がもや~っとするような感じになり、思考能力が鈍っていった気がする。
旦那と奥さんは裸で僕を待っていて、僕が来たことに驚きながらも淡々と話を始めた。

旦那「坊主、言うべきことがあるだろう?」
僕「本当にすいませんでした」

旦那「そんなに見たかったのか、正直に答えろよ、怒らないからさ」
僕「はい、奥さんがとてもきれいで・・・」

旦那「そうか、お前もエッチしたいのか?」
僕「!?許してください、僕の親には言わないでください」

すると、旦那は一瞬口元が緩み、ニヤリと笑った。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】当時20歳。仕事仲間と飲んだ帰り、一人で歩いているところに見つけた泥酔女。本当に親切心で送り届けた。しかし女が話してくれず、ずるずるとセックスまで。その後シャワーを浴びていると、部屋のチャイムと共に怒号が。さぁ、どうなる・・・。

893

あれは俺が20歳の頃の忘れられない話

俺は建設会社の現場監督として働いていた

総工費30億程のホテル建設現場で完工間近

バブルの余韻がまだ残る12月の週末
ちょっと早い慰労会を行う事になり、夕方から割烹料理屋へ

そして二次会、三次会と続いた

その頃には人も減り、所長と俺を含めた若い連中3人
普段は絶対に来れなさそうな高い店

「ここまでの支払はしとく 後はコレで足りなかったら領収書持って来い」
と言って5万置いて帰られた

そこで閉店まで大人の遊び方を勉強しつつブランデーをカポカポ煽って解散

店の前で同僚と別れ、駐車場に向かう

「うぇ、ちょっと飲みすぎたか?」

駅の横道を歩いていると人影が見える
徐々に近づくとそれは女性だった

歩道の花壇にもたれかかって動かない

酔っ払いか?

歩幅を狭めゆっくり確認しながら通り過ぎる…

そしてそのままバックして戻り再度確認

「大丈夫ですかぁ?生きてますかぁ?風邪ひきますよ」

肩をポンポン
終電も過ぎ、人通りも無い歩道 本当に良心での行動

「あ・・すみません」彼女は起き上がった
20代後半に見えた パッと見ホステス 前髪の立ち方がそんな印象を与えた
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

突如自宅のポストに届けられたラベルのないDVD。再生してみると妻(28)が入れ墨の入った男たちにレイプされてる映像だった。妻に一体何が・・・?

自宅のポストへ過去数回にわたり届けられたDVD・・・

それらのラベルの真っ白いDVD-ROMには何も記載されていませんでした。
その中身というのは観ていられないほど激しく、残忍なほどの輪姦映像で、数名のヤクザ風の男たちによって生肉の便所にされている女はまさしく私の妻(当時28歳)でした。

妻は着物の帯のような紐で上半身を縛られており、腕は後ろ手で縛られています。
そして膝の辺りを強めに縛られています。

場所はホテルなどではなく広めのリビングのような部屋です。
美穂は40代位の刺青男に丹念にフェラチオ奉仕をさせられながらもう一人の男にびしゃんびしゃんとお尻を叩かれています。

長い黒髪を男の両手でもみくしゃに捕まれて、上下にこれでもかというほど頭を激しく揺らされながら刺青男の筋張った肉棒を唾液まみれにしてしゃぶらされています。

「奥さん、今日はどうして欲しいんだ?」
との刺青男の問いに、妻はすぐさま肉棒を浅く銜えなおし、唇を亀頭に滑らせたまま、
「いかせて下さい」と…すっかり理性を無くした表情で懇願します。

既にあのイケナイ薬でも使われているかのような様子で半ば錯乱しかけてており、とても正気の状態ではなさそうです。

妻は正座をさせられ前かがみでフェラチオ奉仕を続けさせられています。
いったいどのくらいの時間、しゃぶらされているのでしょう・・・
その姿勢のまま別の刺青男が美穂に無造作に挿入しようとします。 この記事の続きを読む