このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者の巨根を見た人妻は・・・

(前回のあらすじ)元ニートで大学生の投稿者男性が山道をドライブ中に助けた三十代の夫婦と一緒に同じ目的地だった鉱泉へ。そこでまさかの混浴に3人で入ることになる。そして童貞の投稿者を悪ふざけした夫婦がからかいだすのだが、なんともおいしい体験をすることに、・・・。

前編はこちら
【奇跡】ヒキニートだった俺が山道で困ってる若夫婦を助けた結果・・・・・・・・・・・・

onsentekoki

椅子に座らせられると、背中から洗い始める由紀子さん。
手で背中を洗っていたが、急に体を押しつけてきた。

背中で由紀子さんのおっぱいが上下左右に動き回る。
おっぱいで洗ってくれているようだ。

俺は、ただただうつむいて、その感触をドギマギしながら楽しんでいた。

しばらくすると、由紀子さんは後ろから抱え込むように両手を伸ばして、俺の胸や腹なんかを洗い始める。

指先で、乳首を転がすように洗いながら、
「あっ君、綺麗になってる?気持ちいいかな?」

なんて声をかけてくる。

正直に言って、童貞の俺には乳首はくすぐったいだけだったが、背中のおっぱいの感触がたまらなく気持ちよかったので

「はい!気持いいです!」
元気よくそう答えた。

すると、由紀子さんは素早く俺のタオルを取り払い、俺のガチガチのチンポを握ってきた。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】車に乗せて一緒に温泉へ→なぜか一緒に入ることに・・・

投稿者男性は引きこもりだったのだが、親からご褒美に車を買ってやると言われて大学受験し、見事合格した。大学生になってからは愛車のパジェロミニを運転して山道をドライブするのが趣味になっていたのだが、ある日、山道で夫が足をくじいて困っている若い夫婦に出会う。

onsen

昔、引きこもり気味だった俺に、親が「大学受かったら車買ってやる」と言ってくれて、頑張って予備校かよって勉強した結果、引きこもりも治って車持ちの大学生になれた。

たまたま流行ってたパジェロミニを買ってもらった事もあって、林道を走り回ることにハマっていた。

舗装もしていない山道を、ただ走り回るだけだったがとても楽しく、ダムや廃村なんかで写真を撮ったり、鉱泉でお湯につかったりして楽しんでいた。

たまに友人も連れて行ったが、基本的にいつも一人だった。

その日もいつものように学校のない平日を、林道で楽しんでいた。

車がギリすれ違えるかどうかの、細い未舗装の道を走っていると、遠くに2人組のハイカーが歩いているのが見えた。

この林道は、登山口にもつながる林道なので、ちょくちょく見かけるのだが、二人のうちの一人が足を引きずっているように見えた。

片方の荷物を、小柄な方の一人が全部もっていて、見るからに大変そうだった。

近づいていくと、二人揃ってこちらを振り返る。
男性と女性の組み合わせで、結構年上に見えた。と言っても、俺が19の時の話だ。

目が会った事もあるが、女性がいると言う事もあって、車を止めて声をかけた。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】アラサーヒキニートの中学時代の最高の思い出・・・

投稿者男性が中学時代、自分もイジメられていたのだが、女子のかわいい女の子にもイジメられてる子がいた。彼女は2年までは不良の先輩に守られていたのだが、3年になってそれを僻んでいた女子の不良から陰湿ないじめを受けることになる・・・。

kyousitu

僕はアラサーヒキニートです。
毎日まとめサイトを見て過ごしています。

しかし、まとめサイトで福原遥(まいんちゃん、の女の子です)を見るたびに、中学校のときのことを思い出してしまいます。

僕の学校は荒れていました、地方の、田舎の中学校です。
いじめもあり、僕も同級生や上級生にお金を巻き上げられていました。

同級生に、かわいいお人形のような女の子、美少女がいました。
福○遥を見ると、いつもその子のことを思い出します、それくらい似ています、なのではるかちゃん、としておくことにします。

はるかちゃんは、長くて綺麗な黒髪、大きい瞳、柔らかそうなほっぺた、全体的にほっそりとしつつも女の子特有のやわらかそうな雰囲気、学年一、いや、学校一の美少女でした。

ちなみに僕の人生では遥ちゃんよりかわいい子を見かけたことがありません。
ただ、運動のほうは遥ちゃんは苦手で、優しくて、気が弱くて、そんな女の子でした。

なので、何度か不良のターゲットにされそうになっていましたが、遥ちゃんが一年、二年の時は、一歳年上の不良グループの一人が遥ちゃんにマジ惚れしていたらしく、そのおかげで遥ちゃんはいじめのターゲットにされず、普通に学校に通うことが出来ました
(その不良と遥ちゃんは、いい関係だったけど付き合ってはいないみたいでした、「お兄ちゃんみたいな存在」だということらしいです、不良側も、まぁ純情な中学生男子ですから、好きな子に「お兄ちゃんみたい」といわれたら、そう振舞うしかないですよね)。

ちなみに僕は三年間いじめられ続けていましたが、この際僕の話はどうでもいいですよね。

この記事の続きを読む