閲覧数: 5,364 PV

読了時間:約 4

冬の寒い時期だった。 膝下まで雪が積もっていた。 夜半、新年会が終わって送迎バスを降りようとしたら、まだ酔い潰れた同僚がシートにうずくまっている。 「おい、山下さん!(仮名)」 声をかけたが、反応がない。 完全に酔っぱらっ…