閲覧数: 2,728 PV

読了時間:約 2

たまに遊びに来る義姉に萌える。 スカート穿いた状態で平気で体育座りするから、股間が丸見え。 風呂入った後なんか、ノーブラで薄手のピッタリシャツを着るから、乳首がポッチしてる。 たまんねえ。 当然、ズリネタは義姉。 嫁の目を…

閲覧数: 4,380 PV

読了時間:約 3

去年くらいの出来事。 2ヶ月くらいに渡って義姉(兄嫁)と情事がありました。 一番最初に関係を持った時のことを書きます。 以前より、巨乳でエロい体をしている義姉を抱きたいと思っていたので、夢のような2ヶ月でした。 俺:28歳、…

閲覧数: 5,896 PV

読了時間:約 4

お世辞にも美人とは言えない義姉は23歳で結婚、26歳で離婚以来、一人でパートをしながら育てたという。 その娘も高校を卒業するや、一人暮らしをしながら会社勤めをしており、義姉は一人1ルームマンションで暮らしている。 義姉の最初の印…

閲覧数: 3,083 PV

読了時間:約 4

つい最近、妻の姉の優子さんの家でたまたま二人きりになる機会があり、流れでゲーム対決をすることになりました。 優子さんは俺より7歳上で、身長158cm、3サイズは92-63-93。 キョンキョンに激似で、嫁より好きかも! 部…

閲覧数: 8,281 PV

読了時間:約 3

知り合いどころか妻の姉といい仲になっちゃいました。 妻の姉は私の1つ年下で人懐っこい、笑顔が特徴的なかわいい女性である。 人見知りな妻とは正反対の年下のお姉ちゃんは、いつも愛想良く振る舞ってくれ、私は大好きだった。 もちろん異…

閲覧数: 11,132 PV

読了時間:約 5

某エロ本の編集部にいた頃、ハメ撮り投稿コーナーの女が読者モデルとして編集部に輪姦される企画で、俺のイチモツが注目された。 長さ18cm、最大径4.4cm、巨根と言われた。 その後、奥様寝取られコーナーが出来て、俺は編集部にやって…

閲覧数: 4,760 PV

読了時間:約 7

22歳で専業主婦をしている兄貴の嫁さんは、なぜかいつも黒いエプロンをしている。 それにミニスカートが好きなもんだから、細身の体と相まってエロい事この上ない。 大学への推薦入学も決まり、暇を持て余している童貞野郎の僕には目の毒でし…

閲覧数: 3,590 PV

読了時間:約 6

GW中に・・・。 義姉(29歳)、俺(27歳)。 義姉は原田知世似の痩せ型。 胸はAかBくらいの小さめです。 連休初め、友達に誘われて合コンに行った。 4対4のこれといった当たりもない合コンでした。 飲み始めて30分くら…

閲覧数: 5,428 PV

読了時間:約 4

姉に無理やり挿入させられた事がある。 チンポに跨り腰振ってる姉。 俺が、「イキそう」と言うと、「ダメ、まだイカないで、我慢して」と言って、腰を振るのを止めない姉。 俺がイクと同時に声を上げ、グッタリと倒れこむ姉。 股間からは蜜が…

閲覧数: 3,362 PV

読了時間:約 5

僕には血の繋がっていない姉がいる。 姉の名前は真紀と言って僕より5歳も年上。 真紀姉ちゃんと僕の出会いは、僕が小学校5年生の時に母親が再婚したことがきっかけ。 初めは僕のお義父さんが真紀姉ちゃんを連れて家に遊びに来た。 僕が…

閲覧数: 22,025 PV

読了時間:約 6

【体験談】妻の姉まで巻き込んだ衝撃の展開に・・・ 投稿者男性の妻がパートで喫茶店に通い始めてから、どうも様子がおかしい。大学生に戻ったようなかわいらしい格好をするようになった。喫茶店にはバツイチマスターと男子大学生が一人らしい。どうも…

閲覧数: 33,980 PV

読了時間:約 3

【体験談】投稿者男性はお正月に嫁の実家に帰省した際に酔った義姉と二人で買い出しに行く事に。道の途中でラブホテルの横を通った時に義姉が「入ってみようか・・・」と言いだすのだが・・・。 結婚して7年、31になります。 義姉は、まだ独身の…

閲覧数: 14,941 PV

読了時間:約 3

【体験談】何も知らなかったの自分だけ・・・・? 嫁と結婚する前から5歳年上の嫁姉、直子さん(34)にセックスを誘われています。 直子さんには夫がいるのですが、子供はできないし上手くいっていないとかで相当溜まっているようでした…

閲覧数: 14,943 PV

読了時間:約 4

【体験談】四十路後半とは思えないフェロモンを発する義姉に・・・ 私達は共働き夫婦です。 子供も社会人になり、それぞれ家を出てマンションを借りての生活をしています。 日曜日が仕事の妻が私に、実家の義姉にあるものを持って行…

閲覧数: 44,804 PV

読了時間:約 5

【体験談】普段おしとやかな義姉が豹変する・・・ 考えてもいなかった夏の昼下がり、義姉のマッサージが男を屹立させた。 思いもしなかった義姉と一線を越えることとなった。 それは四十三歳夏の昼下がりのことだった。 妻の…