閲覧数: 1,127 views

読了時間:約 7

マッサージでものすごく大胆な痴女に遭遇したときの話です。 どのジャンルか迷いましたけどこちらに投稿します。 ちなみにフィクションではありませんので。 僕は22歳の会社員で、出張や研修で他県に宿泊することが多々ありました。 大…

閲覧数: 1,645 views

読了時間:約 4

僕は、大手運送会社に勤める29歳のサラリーマンです。 仕事は主に事務をやっているんですが、そこに同じ部署に勤める雪乃さん(仮名)という48歳の女性がいます。 バツ1で、大学生の娘さんが1人。 顔は宮崎美子さんみたいな感じで、体…

閲覧数: 1,287 views

読了時間:約 5

そのおばさんは近所の雑貨屋の看板娘です。 おばさんと言うより、お婆さんに近いですね。 私は熟女が好きですからそれくらいでも平気です。 もちろん清潔感があればですけど。 ずっと40年近く看板娘やってるわけですけど、愛想がいいで…

閲覧数: 1,648 views

読了時間:約 4

先週、T子さんから電話があった。 T子さんは、15歳年上の今年45歳になる人で、一昨年離婚している。 (元旦那も知り合いで、今でも両方とも付き合いがある) 電話は、『たまには飲みに行こう』という内容で、翌週の水曜日に行くことになっ…

閲覧数: 2,010 views

読了時間:約 4

連休初日に友人と飲みに出掛けた。 繁華街の居酒屋で飲んで、店を出たら長い髪の女性が2人歩いていたので、可愛いかもと思い友人と2人で声を掛けた。 綺麗な2人で、最初はなかなか食いつかなかったが、カラオケに行く事になった。 2人が…

閲覧数: 2,278 views

読了時間:約 4

個人的な用事があり、滅多に乗らない常◯線に乗ったら、何と知り合いの奥様が乗車してきてビックリした。 彼女は以前お世話になった先輩の奥さん。 向こうも俺の存在に気づくと驚いた顔して近づいてきて・・・。 奥さん「あら!偶然ね。お仕…

閲覧数: 2,316 views

読了時間:約 7

大学を卒業して就職、街中は高いので私鉄で5駅の場所にアパートを借りた。 端部屋なので、隣と上下に挨拶をした。 お隣は、好美さんという43歳の女性が暮らしていた。 卵形の小顔で少し前歯が出ていてネズミっぽい可愛らしい小柄のおばさんだ…

閲覧数: 1,339 views

読了時間:約 3

もう時効と思うので書きます。 大学の時、出会い系でバツイチ独身の40代半ばの女教師と出会いました。 顔は真矢ミキに似ていて、顔つきはきりりととした感じ。 その日の格好は俺が頼んで普段の仕事服に。 その日彼女はパンティーライン…

閲覧数: 1,557 views

読了時間:約 8

そのご夫婦とは、私が相手方の奥さん(裕美、26歳)とチャットで出会ったのがきっかけでした。 裕美さんはご主人(42歳)の性癖に惚れて、前のご主人や娘さんと別れて結婚されただけあって、ご主人の命令はなんでも従われる従順な奥さんです。 …

閲覧数: 2,625 views

読了時間:約 5

俺の名前はミツアキ。 今年の誕生日が来れば22になる。 小学校のときの同級生たちはもう働いていたり、大学に行っていたり。 そう言えば結婚して子どもができた奴もいると聴いた。 俺はいわゆる「引きこもり」だ。 中学3年の時に、…

閲覧数: 1,793 views

読了時間:約 4

今では結婚して20年になりますが、恥ずかしながら童貞を捨てたのは25歳と人に比べて遅めでした。 捨てた相手は上司の行きつけのスナックのママでした。 水商売の方なので綺麗に化粧はされていましたが、年は50歳を超えていたと思います。 …

閲覧数: 1,672 views

読了時間:約 3

知り合いの産婦人科のドクターから聞いた最高にエロい話は、閉経を迎え更年期障害の治療でこのドクターのところに診察に訪れていた48歳の知性的な感じがする女性の話です。 診察の基本は何と言っても問診だとドクターは口癖のように言っていました。…

閲覧数: 1,574 views

読了時間:約 6

二浪中の20歳の男です。 いとことかみんな女ばかりだったことも影響しているのかもしれないけど、子どものころから早熟で、初恋は3歳の時だったし、童貞を捨てたのは中学2年のとき、繁華街で知り合った25歳のOL相手だった。 そのころか…

閲覧数: 2,584 views

読了時間:約 4

僕は大学時代にモテまくった。 パートのおばさん達にだけど・・・。 一年生の夏休み、バイト先のパートのおばさんの家で夕方から飲み会が開催された。 単身赴任の旦那さんは週末にしか帰ってこないので、彼女達のたまり場になっているようだ。 …

閲覧数: 1,294 views

読了時間:約 3

友達の母親は著述家でノンフィクション作家です。 私が彼の家にいくと母親は、いつもも二階の書斎にどじこもったきりで一度も顔を見せることはありませんでした。 物書きというのがなかなか大変な職業だと言うことを私は、彼の母をみてしりまし…