閲覧数: 1,574 PV

読了時間:約 5

前の職場を辞めるときの話。 当時、俺は34歳だった。 その職場の管理職がパワハラ上司を絵に描いたような男で、俺は媚びるのが苦手だったのもあって、ミスするたびにネチネチと嫌味を言われ続けていた。 俺以上に攻撃対象になっていたのが…

閲覧数: 1,820 PV

読了時間:約 4

この夏の出来事。 配送先の担当者の三枝子さんとの話。 三枝子さんは42歳で、細身ですが、なかなかの巨乳! その日は遅れてしまい、いつもは受け取る人が何人もいるのだが、到着した時には三枝子さんひとり。 急いで荷物を下ろし、仕分…

閲覧数: 2,169 PV

読了時間:約 5

独立して、自分の設計事務所を開いた先輩から誘われ、会社を辞めて手伝っています。 当初は二人だけで頑張っていましたが、今では人も増えバイトの女性も含めて6人になりました。 そんな中、前に勤めていた会社で、現在も働いている玲子さんという…

閲覧数: 1,888 PV

読了時間:約 6

私は、娘婿とエッチしたがる悪い母親なんです。 私は現在54歳で、娘婿の啓太さんは33歳。 20歳以上も年の差が有るのに、私は彼とエッチしたくて堪りません。 最初に関係を持ったのは、娘夫婦と息子夫婦の5人で温泉旅行に行った時でし…

閲覧数: 3,169 PV

読了時間:約 4

オレの近所づきあいをしている家族がいる。 と言ってもその家族は母と娘の二人しかいない。 旦那とは何年か前に別れていて、シングルマザーの状態になっていた。 娘もめでたく二十歳となって大学を満喫しているようだが、どうも最近動きが慌…

閲覧数: 1,969 PV

読了時間:約 11

数年前の話。 その当時、花屋に勤めていた彼女と付き合いだして2年ほどが経っていた。 俺も彼女も26歳。 週末になると、しばらく前に彼女が引っ越した東京の下町にあるマンションに泊まりに行くというのがお決まりのパターンだった。 …

閲覧数: 1,922 PV

読了時間:約 3

ある夏のこと・・・。 故郷へ帰省中のことです。 姉の子を連れて、海水浴へ。 その日は、ものすごく暑かった。 浜茶屋で休憩。 混んでて相席になりました。 30代前半の子持ちのママ2人連れです。 ひとりは、ヒラヒラのついた…

閲覧数: 1,943 PV

読了時間:約 3

彼女は沙織、42歳のバツイチだ。 20歳の娘が一人いる。 俺より一回り年上の美人だ。 あるサイトで知り合って、半年が経つ。 その日も有給休暇を取って沙織とデートした。 あるガソリンスタンドに併設のコーヒーショップで休憩した…

閲覧数: 1,838 PV

読了時間:約 4

同じマンションのバツイチさんとのエッチな経験です。 先日の管理組合総会で、今年の役員に私とバツイチさん(一美さん)が選ばれました。 翌日、私が車で少し買い物に出掛けるときに一美さんが歩いておられたので、「どちらまで行かれますか?」と…

閲覧数: 2,265 PV

読了時間:約 7

普通の熟女体験談とはちょっと違うかもしれませんが、東北のS市にいた頃のエロバナです。 あの辺りは桜の開花が遅くて、大学へ入ってしばらくしたあと、寮の先輩らと花見をした。 俺は一度別の大学を中退してからの再入学だったので、一回生と…

閲覧数: 2,020 PV

読了時間:約 3

親のセックスってみんな見た事あるんだろうか・・・。 俺の場合、小さい頃に両親が離婚して親父に引き取られたんで、一番性に興味のある時期、母親はいなかった。 しかし俺が高校卒業してすぐ、待ってたかのように親父が再婚した。 その時、…

閲覧数: 1,914 PV

読了時間:約 5

私はマンションの一階で猫を飼っていた。 その猫は亡き妻が可愛がっていた猫で、妻が天国に行ってから4年経つが元気で生きていたのだ。 しかし、18歳という高齢からか次第に元気が無くなり、ある日の夜、私と娘に見守られて猫は死んでしまった。…

閲覧数: 2,126 PV

読了時間:約 4

高校時代、近所の農家のおばさんの奈津子さんにフェラで抜かれていました。 きっかけは確か、夏休みに誰も居ない時に大画面のテレビでアダルトを見て抜いていた時です。 AVを見ながら夢中で抜いていたのが悪かったんですが、シコシコしている時に…

閲覧数: 1,888 PV

読了時間:約 3

それは1年ほど前に、会社の連中と飲み屋に行った時のことです。 そのK子は、一人で飲みに来ておりました。 結構酔っていたせいか、カウンターの隣合わせの席からこちらに話し掛けてくる。 身長は150cmくらいであろうか・・・顔はまあ…

閲覧数: 1,853 PV

読了時間:約 3

私はデパートに出入りしている問屋の営業マンをしている。 あるデパートで売場の担当者を探していると、ふと見慣れた女性が目に入った。 それは同じ町内の人妻で、娘の同級生の母親だった。 一流企業のエリート社員の母親という顔をしていて…