閲覧数: 1,420 PV

読了時間:約 5

投稿者:ろまさが さん(男性・20代) 大学の頃の話。 社員登用制度のあるバイトって、けっこう社員にしてもらえる割合高いのかな? 俺の上司が、バイトから社員にしてやるよって言ってきた。 でもそのときは断ったんだ。 彼女…

閲覧数: 1,801 PV

読了時間:約 8

投稿者:ヤリ手ですみません さん(男性・30代) 人一倍真面目な僕は、職場にほぼ味方がいません。 仕事は人一倍熱心にやるので上司や周囲からの評判はいいのですが、それがより一層周囲や同期の反感を買うようです。 32歳とそ…

閲覧数: 2,497 PV

読了時間:約 3

投稿者:宏太 さん(男性・20代) 彼女のナツキと同棲することになったんだが、新しく引っ越してきたアパートの隣の部屋のカップルが毎晩毎晩うるさすぎる。 ナツキは見た目もおっとりとしていて、垂れ目と涙袋がかわいい美少女だ。 …

閲覧数: 2,470 PV

読了時間:約 8

投稿者:未熟な大学生 さん(男性・20代) これは実話なのであんまり面白い話とか、エロい話しにはならないと思うが語らせてもらう。 俺には高校から付き合ってる彼女がいた。 過去形になってることから察してくれ、要するにその子と…

閲覧数: 2,540 PV

読了時間:約 3

投稿者:彼氏 さん(男性・10代) タイトル:高校生の時 自分の彼女は色白でショートカットの地味メガネな大人しい娘でした。 去年の出来事です。 高校2年の時に友人の家でお泊まり会、調子に乗って酒を買ってみんなで飲んだ。 …

閲覧数: 1,883 PV

読了時間:約 4

サークルに入った時、一緒に入った同学年の彼女は直ぐに先輩Aと付き合い始めた。 1年程度経過した頃は、いつの間にか先輩Bと付き合っていた。 それからさらに半年程度経過し、先輩Bと別れ、俺と付き合い始めた。 俺にとっては純粋な恋だ…

閲覧数: 3,236 PV

読了時間:約 4

本当は思い出したくもないことなのですが、思い出すとつい興奮してしまう自分に整理をつける為、初めて投稿します。 その日は大学の友人と花見をすることになっていて、僕と同棲している彼女とで、電車で夕方、花見に出かけました。 彼女は花見…

閲覧数: 1,607 PV

読了時間:約 3

当時、結婚前21歳の彼女は、私との結婚間近にも関わらず、不倫・不貞行為と承知の上で、彼女の上司である男と寝てました。 間抜けな事に、その男を結婚式に妻の上司来賓として席に座らせて、お祝いのスピーチまでさせていたという始末。 もち…

閲覧数: 13,046 PV

読了時間:約 7

投稿者:エリートサラリーマンさん(男性・30代) 妻が近所の池田に悪戯されたあの納涼会から、1ヶ月が経ちました。 あの日以降、近所ながら池田を見かける事もありませんでした。 ホッとする反面、『あの時、もし妻が池田にハメられてい…

閲覧数: 3,134 PV

読了時間:約 3

学生時代からの友人(達也)は2年前に結婚した。 奥さんは、3つ年下の29歳。 色白の小顔だが、ムチムチした熟女体型だった。 友人の誘い(酒飲み)で何度も自宅にお邪魔する事があり、彼女とも仲良くなっていました。 まだ、独身の私…

閲覧数: 4,274 PV

読了時間:約 7

投稿者:エリートサラリーマンさん(男性・30代) 私(32歳)は、大手に勤めるサラリーマンです。 妻(28歳)とは、三年前に結婚しました。 自分で言うの変な話ですが、実は私の妻はかなりの美人なんです! おまけに、抜群なスタイ…

閲覧数: 4,270 PV

読了時間:約 11

今年の8月の話になります。 私は去年の秋に再就職して1年を迎えようとしています。 測量という仕事で、外で働く機会が多いんです。 職場は10人程の小さな所で、いつも一緒に動くメンバーは決まっていました。 若手20代の男性2人(…

閲覧数: 2,369 PV

読了時間:約 3

私の携帯に見覚えのない着信番号が入っていたので、得意先かもしれないとかけてみた。 相手は私が18~20歳ぐらいまでよく遊んだ友人でした。 っといっても、私の結婚披露宴で最後に会ったので7年ぶりでした。 「幸子さんと仲良くしてる…

閲覧数: 3,375 PV

読了時間:約 18

投稿者:イケメン彼氏さん(男性・20代) タイトル:クラブでナンパされお持ち帰りされてた俺の彼女 これは、俺の彼女がクラブでナンパされた男にお持ち帰りされ… その男とSEXしていたことが発覚した時の話です。 そのお陰で、俺の…

閲覧数: 3,081 PV

読了時間:約 13

高校1年の時の話です。 当時、僕は幼なじみのレイコと半分付き合っている様な状態でした。 告白はしていなかったけど、しょっちゅうデートをしたり、お互いの部屋に行き来したり・・・。 少なくとも、僕は恋人だと思って接していたんです。 …