閲覧数: 1,110 views

読了時間:約 4

オレがまだ学生時代のころ、バイトで一軒の定食屋さんで働いていた。 親父さんが営む昔ながらの定食屋で、何気にファンも多いことで知られている。 ランチタイムから夜の九時くらいまで営業しているのだが、親父さんがもう70歳を超えていて体がき…

閲覧数: 1,446 views

読了時間:約 3

もう8年ほど前のサークルの合宿で。 最初みんなで飲んでたんですが、途中で私たち1、2年生女子だけお風呂に行って部屋に帰ってみると真っ暗。 声をかけても返事がないので女部屋に戻ると女の先輩たちも戻ってきていました。 男の人はみん…

閲覧数: 2,148 views

読了時間:約 3

これは、私が大学生の頃、家電量販店でアルバイトをしていた時の話しです。 内定を頂き、少しでも入社してから会社の為になれるようにとアルバイトとして勤務することになりました。 初日から10日くらいは立ち仕事に慣れず足の痛さと、繁忙期…

閲覧数: 1,367 views

読了時間:約 3

俺は今大学1年生で、サークルで知り合った、3つ年上の3年生(彼女は1浪してる。)のCと言う女性と付き合っている。 Cは168cmの長身で、とても大人な感じの女性なので、俺は友達に「どうしてCが年下で163cmしかないチビなお前と付…

閲覧数: 1,476 views

読了時間:約 2

もう一昔前のことですが、いまだに感慨深い出来事です。 高校生のころある事情で下宿生活してまして、たしか真夏の頃でした。 ほぼ毎日のようにオナニーに耽る年頃で、夏休みのその日も昼間から部屋の中で開始。 下半身丸出しにてエロ本を下…

閲覧数: 1,040 views

読了時間:約 4

僕は二十歳のころ、本業はありましたがお金が稼ぎたくてコンビニのバイトの掛け持ちをしていました。 週に3日程度ですが、給料が良いという事で深夜の時間帯を選んだのです。 深夜のコンビニは基本的には一人でやりますので大変と言えば大変な…

閲覧数: 1,460 views

読了時間:約 4

もう3年前の話です。 私は短大に通いながら、コンビニでアルバイトしていました。 コンビニに来るお客さんで、少し奇妙な常連さんがいました。 その人は少し太っていて、銀縁のメガネを掛けたニキビ痕がとても目立つ人でした。 年齢は3…

閲覧数: 1,268 views

読了時間:約 3

去年の夏休み、大学の夏休みを利用して住み込みリゾートバイトに行ってきた私。 そこはオーナーと奥さんでやってる個人経営の小さなダイビングショップだったんだけど、自宅とは別で。 私は奥の倉庫に部屋をあたえられてて、オーナーも心配だか…

閲覧数: 1,453 views

読了時間:約 4

サークル活動で割り当てられたある一室で、俺は所属したサークルの同期の女(みゆり・18歳)と一緒にいた。 人の少ないサークルなので、カーペットが敷かれ、足の低いテーブルが置かれた手狭な部屋に今いるのは俺とそいつの二人だけだった。 …

閲覧数: 1,480 views

読了時間:約 2

少し前から叔母さん(母の妹)に頼まれて、その娘さんの勉強を見てやることになりました。 私は大学2年で、その従姉妹は中2。 大人しくて、学校では吹奏楽部に入ってるらしい。 色白で可愛い感じの子です。 成績も優秀で、進学校へ行きたい…

閲覧数: 1,812 views

読了時間:約 5

姉が大学三年で、俺が一年、同じ大学に入ったのもあって、経済的な理由で二人でこの春から暮らしてる。 いわゆる普通の姉弟で、一緒に暮らすのが楽しいと思えるぐらいには仲がいい。 自分で言うのも嫌だけど、母親の遺伝子のおかげで、正直俺も…

閲覧数: 1,603 views

読了時間:約 4

今から3~4年前、白人系外国人男性とセフレの関係になりました。 彼とはネットで知り合い、コンタクト取り始めてから1週間後に会うことに。 当時学生だった私は、平日の方が都合が付きやすくて、そのこと伝えたら、彼は一回り以上も年上だったの…

閲覧数: 1,734 views

読了時間:約 4

私は大学生の頃、家庭教師のアルバイトをしていました。 その時受け持ったのは中学3年生の男子(M君)でした。 M君の家はかなり裕福な家庭のようで、大きな母屋の隣に新しい2階建ての離れがあり、その1階におばあちゃんの部屋があり、2階…

閲覧数: 1,891 views

読了時間:約 5

大学の飲み会の帰りのこと。 俺は後輩の女の子とアパートが一緒だったので、毎回その子と一緒に帰ってた。 その後輩を仮に『真琴』と名付けておく。 時をかける少女の真琴に雰囲気が似てて、胸はないんだけどスレンダーで華奢なところとかが似て…

閲覧数: 2,801 views

読了時間:約 5

「あの子だ・・・」 横浜から東京行きの満員電車に乗ると、俺の前に窓の外を向いて立っている清楚な女子大生風の女性がいた。 彼女は昨日もこの電車で見かけた。 品川駅で下車し、山手線の外回りに乗り換え五反田で降りたので、おそらくS女…