閲覧数: 1,467 PV

読了時間:約 4

会社の社長の娘としてしまった話です。 社長の家に何度か行った時に仲良くなり、時々遊んであげたりするようになりました。 すっかり懐いてくれて、社長も娘のお守りや遊びには私を呼ぶようになりました。 ある日、社長の娘さん(香奈ちゃん…

閲覧数: 1,851 PV

読了時間:約 7

普通の熟女体験談とはちょっと違うかもしれませんが、東北のS市にいた頃のエロバナです。 あの辺りは桜の開花が遅くて、大学へ入ってしばらくしたあと、寮の先輩らと花見をした。 俺は一度別の大学を中退してからの再入学だったので、一回生と…

閲覧数: 1,846 PV

読了時間:約 6

俺が高校3年の時、クラスメイトとのセックスに失敗して妊娠させた。 高校卒業時に産まれた愛娘の綾も今年で17歳になった。 妻は娘が14歳の頃、パート先の男と不倫の末に駆け落ち。 現在は俺と娘の2人暮らしである。 綾は父親の俺か…

閲覧数: 2,054 PV

読了時間:約 7

僕は高校時代、部活動は弓道をやってました。 なぜそんな物珍しい部活動に入ったのかというと、ある可愛い1コ上の先輩がいたから。 その先輩(以後A先輩)は可愛いだけではなく実力もあり、部内の人気ナンバーワンでした。 A先輩は小柄(…

閲覧数: 1,654 PV

読了時間:約 7

高1の時から何となく気になってたYと高2で同じクラスになった。 最初はただの女友達の一人としか見てなかったけど、仲良くなってつるむようになってからは異性として意識するようになった。 だけど、俺もYも素直な性格じゃないから、いつも…

閲覧数: 1,829 PV

読了時間:約 4

この間、友人にコンパに誘われた。 男3×女3、相手はO女子短大。妹の通ってる学校だったんで、もし妹の知り合いだったらマズイかなーと思ってちょっと躊躇したけど、やっぱり行くことにした。 当日、先に着いて女の子を待ってたら、5分ぐら…

閲覧数: 2,098 PV

読了時間:約 5

これは私が大学生の頃、実際にあった巨乳JKとの体験談です。 当時、私はコンビニの夜勤のアルバイトをしていました。 夜勤は私と同じ年の大学生ばかりで、基本的には裏で談笑してサボっているような仕事でした。 ある時、夕勤にJKが二人…

閲覧数: 1,743 PV

読了時間:約 3

つい最近の事なんだけど、俺の友達の誘いでそいつの妹の卒業式に何故か行かなてはならなくなってしまったのです。 その妹は、女子校だったので俺はドキドキしながら車を正門で止めて待っていました。 卒業式が終わったのか、制服姿の女の子が出…

閲覧数: 1,632 PV

読了時間:約 3

俺は今大学1年生で、サークルで知り合った、3つ年上の3年生(彼女は1浪してる。)のCと言う女性と付き合っている。 Cは168cmの長身で、とても大人な感じの女性なので、俺は友達に「どうしてCが年下で163cmしかないチビなお前と付…

閲覧数: 1,722 PV

読了時間:約 4

高校時代、合唱部に所属していて、卒業後はコーチとして週1回程度(大学との兼ね合いもあって不定)、指導をしに行っていた。 私立ということもあり施設は充実していて、合唱部が使う音楽室小と、隣に吹奏楽部が使う音楽室大、その通路の間に音楽教員…

閲覧数: 2,201 PV

読了時間:約 5

ちょっと前に会社の同期の女の子と、ある業務で一緒になった。 最初は何気なく挨拶を交わすだけだったんだけど、仕事が終わってから仕事の悩みとか恋愛相談をするうちに、だんだん仲良くなっていった。 その子、胸がすっごく大きくて、スタイル…

閲覧数: 3,228 PV

読了時間:約 5

体が弱かった俺は、小さい頃から伝統空手をやらされていた。 小5の時のクラス替えで、体がデカくて腕力のあるジャイアンみたいな奴とクラスが一緒になった。 ジャイアンは、俺が空手をやってると知ると俺と同じ道場に通い始めたけど、寸止めル…

閲覧数: 3,341 PV

読了時間:約 7

俺と妹は二歳違いで、普通の兄妹だった。 小さい頃は可愛がっていたけど、お兄ちゃん子というより父さんにべったり。 んで、小学のいつ頃か忘れたけど、だんだん高飛車になってうざくなってきた。 可愛いかったしね、仕方ないと思ったけどマジで…

閲覧数: 3,297 PV

読了時間:約 3

高校の時の話。 俺には姉がいる。 美人で誰にも優しく、高校の時はどの教科の成績も良かった。 誰にでもモテ、俺を通して姉貴と仲良くなろうとする奴もいた。 正直怖かった・・・。 でも俺は姉貴を何とも思わない。 なぜなら・・・…

閲覧数: 1,848 PV

読了時間:約 4

俺には二つ上の従姉がいて、毎年夏休みには遊びに行っていた。 小さい頃から可愛がってもらっていて、俺は頼りになる姉のような存在に思っていたし、向こうも俺のことを弟分のように思ってくれていたと思う。 話は俺が中一の時のことです。 …