閲覧数: 1,981 PV

読了時間:約 5

男も40を過ぎると精力も性欲もぐっと減退するものばかりかと思っていましたが、いざその年代に自分がなってみるとさにあらず。 回数こそは減ったものの、好奇心も性欲も旺盛で、その上それなりの体験・経験も豊富となり、今が盛りのげんです。 …

閲覧数: 1,738 PV

読了時間:約 4

オレの女友達の話だが、男付き合いは悪くないのだが非常に気が強いやつがいる。 彼女はユキといって27歳の小柄な女だ。 身長は本当に小さく、150もないかもしれない。 その割にグラマラスなところもあって、変に性的な魅力がある。 …

閲覧数: 14,954 PV

読了時間:約 7

投稿者:Eカップの女子大生さん(女性・20代) 私は、22歳の大学生です。 名前は、麗奈(レイナ)って言います。 昨年の夏、彼氏と一緒に海に遊びに行った時のことです。 彼氏と一緒にビーチで座り喋っていると、一人の男性に話…

閲覧数: 2,291 PV

読了時間:約 3

2年前の話だが、会社に相武紗季を少しグラマーにした女がいた。 年は23歳、身長は152cm、岩手県出身で、大学を出てうちの会社の情報処理課へ配属されて来た。 名前は、かをり。 外見は普通だが、胸だけは強烈に自己主張している肉感的な…

閲覧数: 2,630 PV

読了時間:約 4

オレ(既婚)、M美(独身で2歳年上)。 食ったってより、結果食われた話。 M美には最初、彼氏がいたしね。 オレも結婚したばかりだったので、仕事の話オンリーだったわけだ。 翌年に職場の飲み会があり、1次会では普通に飲んでたが・…

閲覧数: 1,233 PV

読了時間:約 3

メル友募集掲示板に書き込みをしたのはもう5年くらい前になります。 何人もの人からメールが来たので正直ビックリしました。 その中の1人がK君で、同じ大学生だったから話が合って数ヶ月メール交換していました。 何ヶ月目だったか忘れた…

閲覧数: 2,634 PV

読了時間:約 4

会社で仕事をしていると、時に部下の女から相談を受けることがある。 仕事の話もあるのだが、その彼女が良く言ってくるのは恋愛相談だ。 「何でアタシってモテないんですか…?」 とてもリアルな質問である。実はこう言っていても彼女は…

閲覧数: 2,036 PV

読了時間:約 4

私には、アブノーマルなプレイをするための、いわゆる“セフレ”がいる。 ネットで知り合ったセフレの彼とは、月に1~2回の頻度で会い、お互いの希望も踏まえ、いつも3時間程度のプレイを愉しんでいる。 つい先日、私達はアナルセックスに挑…

閲覧数: 2,690 PV

読了時間:約 11

中学3年のとき技術の授業で隣だった子と音楽話で意気投合しちゃって、プライベートでも会うような女友達(仮名・美香子)ができ、放課後や週末に暇ができては遊んでいた。 美香子はルックスもよく、はっきりいって俺のタイプだ。 しかし美香子には…

閲覧数: 2,707 PV

読了時間:約 5

私はバツ1の38歳普通の会社員。 今から約1年半前に、ある出会い系サイトで37歳の人妻と知り合った。 お互いメールを交わすうちに親しくなり、割りと近所だったので土曜の昼間にJR駅の改札で待ち合わせデート。 身長は160cm前後…

閲覧数: 2,174 PV

読了時間:約 5

10年以上前なので時効だと思うが、俺は25になる直前に高校生に筆おろしして貰った。 ただ、まさかDTとは言えず、あとで「あの時がDT喪失だった」と言ったらマジで驚かれた。 俺:25才直前 相手:17才 俺は中学ぐらいから…

閲覧数: 2,774 PV

読了時間:約 4

40代後半の自営業です。 隣町と言っても40キロほど離れているのですが、仕事上よく使う信用金庫の窓口嬢と次第に親しくなりました。 彼女は推定30歳ちょい過ぎ、顔はいまいちですが気の利く感じのいい子でした。 昼過ぎに行ったとき、…

閲覧数: 2,507 PV

読了時間:約 6

<スペック> 名前『ひろみ(仮名)』、東京の女子高生。 160cmくらい。 割と細身で、人懐っこい笑顔がとても可愛かった。 顔は優木まおみに似てた。 新宿で待ち合わせ。 会う前に電話してたので性格は把握してた。 どちら…

閲覧数: 2,498 PV

読了時間:約 4

オレが先日に出席した合コンなのだが、そこでオレは一人の女に気に入られてしまった。 その彼女の名前はマリ。 真面目そうな感じだが、わりとグイグイ来る女だ。 なかなか可愛いと思うのだが、オレは彼女がいるのでアタックされても付き合う…

閲覧数: 3,188 PV

読了時間:約 4

この夏の出来事。 配送先の担当者の三枝子さんとの話。 三枝子さんは42歳で、細身ですが、なかなかの巨乳! その日は遅れてしまい、いつもは受け取る人が何人もいるのだが、到着した時には三枝子さんひとり。 急いで荷物を下ろし、仕分…