閲覧数: 1,467 PV

読了時間:約 2

投稿者:しのぶ さん(女性・20代) タイトル:クンニ達人おじさんのテクニックに 大阪に住む20代の主婦です。 結婚3年目ですが夫とはセックスレス。 毎日悶々としていたある日、何気なくツイッターを見てたら「クンニの達人」とい…

閲覧数: 896 PV

読了時間:約 4

タイトル:女王様とSMしたってSEXできるんでしょ?って思ってるならそれは正解!それを証明しちゃいました! 女王様も最近いろんな人が増えてきている気がします。 SM掲示板の投稿を見ているとここ数年は女性の書き込みも以前よりかなり…

閲覧数: 1,353 PV

読了時間:約 3

タイトル:出会い系サイトで知り合ったらまさかの同級生…そんな私が弱みを元に一週間舐め犬にされた体験をお話します 「まさか、こんなところで再会するとはね」 「ねぇ、これって運命だと思わない?」 彼女の嗜虐的な笑みはあの頃と変…

閲覧数: 2,573 PV

読了時間:約 3

投稿者:ゆーすけ さん(男性・20代) オレの家は、親戚が多い。 お母さんもお父さんも、兄弟が多いからだ。 だからお正月といえば、すごく楽しみなものだった。 毎年、どこで親戚が集まるのかワクワクしていたものだ。 たいて…

閲覧数: 3,064 PV

読了時間:約 3

投稿者:藻女 さん(女性・20代) 私は結構ブサイクな部類なので男性とエッチをするというところまでなかなかこぎつけません。 誰でもいいというわけでは無いのですが、特に選り好みをしているというわけでもありません。 そのためフ…

閲覧数: 2,912 PV

読了時間:約 4

オレの女友達の話だが、男付き合いは悪くないのだが非常に気が強いやつがいる。 彼女はユキといって27歳の小柄な女だ。 身長は本当に小さく、150もないかもしれない。 その割にグラマラスなところもあって、変に性的な魅力がある。 …

閲覧数: 2,236 PV

読了時間:約 4

オレの学生時代の女の先輩に久しぶりに再会した。 彼女は中学時代の先輩で、クミといって背は小さく体もまるで少女の様だった。 先輩だけどあまりに小学生みたいなナリなので、あまり先輩だと思わずに多少から買っていた部分はある。 クミは…

閲覧数: 2,151 PV

読了時間:約 2

小学校5年生の時、女子から「ディープキスの練習がしたい」と言われた。 なぜかは分からなかったけど、俺も同意した。 放課後の音楽準備室、大太鼓の陰に隠れて舌を絡めあった。 だんだんその子の吐息が荒くなってきて・・・俺もなんだか股…

閲覧数: 2,332 PV

読了時間:約 5

オレには昔から仲良くしていた一人の女がいる。 幼馴染と言うと違うのかもしれない。 その女はオレの8歳も年上だからだ。 その女はリカと言って、オレの印象ではオテンバというイメージがある。 それはオレがまだ幼いころの話にあった。…

閲覧数: 6,616 PV

読了時間:約 8

とりあえずスペック。 当時、全員高2、偏差値64の中途半端な公立進学校。 俺:彼女いない=年齢、ふつめん、調理部(部員は40人ぐらい)。 K子:顔は普通、身長150cmぐらい、卒業後、有名国立大に行った。 O子:K子の仲の良い友…

閲覧数: 1,927 PV

読了時間:約 6

キャバクラで知り合った子の舐め犬になってます。 いつも指名してる子と、こうゆう関係になったのは、1年前ぐらいから。 一番最初のキッカケは、店に遊びに行って、アフターした時だった。 店の近くのカラオケに行って、そこでDVDをあげ…

閲覧数: 2,707 PV

読了時間:約 5

オレは大学時代にサークルでサッカーをしていた。 部活ではないサークルと言う世界だと、本気でやる人と遊びのグループが出てくる。 オレはどちらかというと本気だった。 サークルといえど、実は地域の中で色んな団体が集まる大会がある。 …

閲覧数: 4,115 PV

読了時間:約 10

母は41歳。 近所の衣料品店でパート販売員をしてる。 俺は学生で18歳。 親父が単身赴任中なんで母子2人暮らしだ。 特別に仲が良くも悪くもない、まあ普通の親子だと思う。 母のスペックか? う~ん、適当に想像してくれ・・・…

閲覧数: 3,257 PV

読了時間:約 4

オレはその日は仕事がいつもより遅くなってしまい、帰るころには完全に暗くなっていた。 まあ急ぎの用事もあるわけでは無いが、なんとなくそそくさと車に乗って帰宅本能が働きだす。 オレの借りているマンションは車で15分ほど。 飛ばせば…

閲覧数: 3,209 PV

読了時間:約 4

会社で仕事をしていると、時に部下の女から相談を受けることがある。 仕事の話もあるのだが、その彼女が良く言ってくるのは恋愛相談だ。 「何でアタシってモテないんですか…?」 とてもリアルな質問である。実はこう言っていても彼女は…