閲覧数: 1,361 PV

読了時間:約 2

嫁に行った姉貴は、時々娘を連れて家に来て泊まっていくことが多い。 姉貴の旦那は出張が多いらしく、その時によく家に帰って来る。 要は、娘を母親に預けて自分は羽を伸ばしたいという事なんだろう。 任された方の母親もいい加減で、「買い…

閲覧数: 1,716 PV

読了時間:約 4

みくです。 大学1年の頃の話なんだけど。 サークルに入って新しい友達も出来て遊び放題。 毎日楽しい日々を過ごしてまちた♪w でも、バイトもしてないのに飲み会ばかり行ってたら当然お金がなくなり、その日は誘われたけど「用事がある…

閲覧数: 1,855 PV

読了時間:約 2

小学まで関西で暮らしてた。 中学生になる時、父親の転勤で四国に家族で引越しする事に。 新しい土地でまだ友達がいないし、うちが関西弁喋るって事でちょっと浮いた存在。 1ヶ月ぐらい経った時、1人の女の子が喋りかけてきた。 Eちゃ…

閲覧数: 1,353 PV

読了時間:約 2

投稿者:Nさん(女性・10代) 今年で高3年になる女子です。 これから私のやってみた事をここに書きます。 私はふとネットで触手系のエロ漫画をみてからずっとやってみたいと思っていました。 そこで去年の梅雨の時期にナメクジを…

閲覧数: 2,187 PV

読了時間:約 4

去年の夏の出来事です。 私の名前は麻衣(仮名)、商社に勤める25歳のOLです。 ハイツと呼ばれるアパートに半年前から1人で住んでいます。 ある日の夕方、仕事が終わって自宅に帰る途中、工事を終わった人達が上半身裸で着替えをしてい…

閲覧数: 3,126 PV

読了時間:約 4

もう20年位前の話ですが、最近知ったここの投稿で興奮させてもらってるのでお礼の意味を込めて体験談を書かせて頂きます。 俺が高校2年生の時、仲の良い友人Aがいました。 俺は彼女がおらず、Aはモテルタイプで友達以上恋人未満の女友達が…

閲覧数: 1,673 PV

読了時間:約 5

麻衣が高校生の時、深夜全裸になって、部屋を真っ暗にして、窓を開けてオナニーしてた。 月の明かりに浮かび上がる、自分の青く白い裸体がとっても美しくて、全身に手を滑らせると、とても滑らかで触り心地良くて。 すぐに麻衣のオマンコが、び…

閲覧数: 2,694 PV

読了時間:約 7

私の母は去年再婚して義父がいるのですが、その義父と私の実の姉がデキています。 母のいない日には夫婦の寝室からギシギシパンパンという音と「あん、あんっ」って声がします・・・。 明らかに夜の営みの音ですが、義父の相手をしているのは母では…

閲覧数: 3,229 PV

読了時間:約 8

昨年、社会人になり、仕事で必要だとノートPCを購入。 実際は仕事なんかに使うこともなく、インターネットばかりしていました。 エッチな体験談を読むようになり、はまってしまった私は読んでいるうちに感じてきちゃって、自然と下着の上から性器…

閲覧数: 4,034 PV

読了時間:約 4

隣に住む高校三年生との体験です。 彼の見た目は大柄な体型で、ちょっとぽっちゃり形ですがスポーツマンに見えます。 顔はちょっと子供っぽく、優しそうで真面目に見えます。 彼とは朝の時間ちょくちょく挨拶したり、簡単な会話をしてて、お…

閲覧数: 2,270 PV

読了時間:約 4

高校2年生になったばかりの5月夜、友達から借りてきた無修正のアダルトビデオを観ながらパジャマとトランクスを膝の上まで下げシコシコとオナニーしてた。 その時、音も無く僕の部屋に入ってきた高校卒業後地元で働いている20歳を迎える3つ上…

閲覧数: 3,007 PV

読了時間:約 2

私が高校生の時の告白を聞いてください。 家の近くに本屋さんがあって、いつも学校の帰りに立ち寄ってから帰ります。 私は駅のトイレでパンツを脱いでノーパンになり、本屋の官能小説を立ち読みしています。 スカートのボタンの所から手を入…

閲覧数: 3,248 PV

読了時間:約 3

去年の夏、合宿が終わって帰るときに思いついて姉の所に寄ってみようと電車を乗り換えて電話もせずに行ってしまった。 姉夫婦は夏休みを利用して旅行に出たそうで、留守番してる旦那さんの義母さんが居ただけだった。 突然寄った事を説明して、…

閲覧数: 3,852 PV

読了時間:約 5

思い出してしてしまうんです。 半年ぐらい前の夏のことです。 専門学校へ通う途中の電車の中で二人組の痴漢に遭ってしまいました。 それまでも何度か痴漢されたことはありましたが、電車を降りる時とかに服の上から足やお尻をポンってタッチ…

閲覧数: 6,353 PV

読了時間:約 4

俺、中1の時にサッカーの試合で太腿を骨折して近くの大学病院に入院したことがあるのだが、そこの看護婦に同じ町内の知り合いのおばさん(当時35~6)がいた。 入院自体は一週間くらいだったが、その間やはり困ったのがトイレだった。 特に…