閲覧数: 1,931 PV

読了時間:約 4

隣に住む高校三年生との体験です。 彼の見た目は大柄な体型で、ちょっとぽっちゃり形ですがスポーツマンに見えます。 顔はちょっと子供っぽく、優しそうで真面目に見えます。 彼とは朝の時間ちょくちょく挨拶したり、簡単な会話をしてて、お…

閲覧数: 1,578 PV

読了時間:約 4

高校2年生になったばかりの5月夜、友達から借りてきた無修正のアダルトビデオを観ながらパジャマとトランクスを膝の上まで下げシコシコとオナニーしてた。 その時、音も無く僕の部屋に入ってきた高校卒業後地元で働いている20歳を迎える3つ上…

閲覧数: 1,768 PV

読了時間:約 2

私が高校生の時の告白を聞いてください。 家の近くに本屋さんがあって、いつも学校の帰りに立ち寄ってから帰ります。 私は駅のトイレでパンツを脱いでノーパンになり、本屋の官能小説を立ち読みしています。 スカートのボタンの所から手を入…

閲覧数: 1,787 PV

読了時間:約 3

去年の夏、合宿が終わって帰るときに思いついて姉の所に寄ってみようと電車を乗り換えて電話もせずに行ってしまった。 姉夫婦は夏休みを利用して旅行に出たそうで、留守番してる旦那さんの義母さんが居ただけだった。 突然寄った事を説明して、…

閲覧数: 1,955 PV

読了時間:約 5

思い出してしてしまうんです。 半年ぐらい前の夏のことです。 専門学校へ通う途中の電車の中で二人組の痴漢に遭ってしまいました。 それまでも何度か痴漢されたことはありましたが、電車を降りる時とかに服の上から足やお尻をポンってタッチ…

閲覧数: 3,223 PV

読了時間:約 4

俺、中1の時にサッカーの試合で太腿を骨折して近くの大学病院に入院したことがあるのだが、そこの看護婦に同じ町内の知り合いのおばさん(当時35~6)がいた。 入院自体は一週間くらいだったが、その間やはり困ったのがトイレだった。 特に…

閲覧数: 2,559 PV

読了時間:約 4

中1の頃にオナニーを覚えたんだが、『やり過ぎると身長が伸びない』という間違った情報を耳にして不安になったので、夏休みに入ってからオナニーは我慢する事にした。 1週間くらい経った頃、都会の大学に行ってる近所のお姉さんが帰省してきた。…

閲覧数: 3,186 PV

読了時間:約 3

私は中学三年生になったころ、放課後に先生に宿題を出しに行って教室に帰ると誰も居なくなっていました。 そこで私は前から思っていたことを実行しようと思いました。 私はトイレでパンツを脱ぎ、教室で男子の机に私のマンコを擦りつけました。…

閲覧数: 2,167 PV

読了時間:約 6

妹が性行為に興味を持ち始めたのは、たぶん小6の頃だろう。 ときどき俺の秘蔵エロ本が無くなってる時があり、不審に思った俺は妹の部屋を家捜しした。 すると、引き出しの中からアッサリ発見。 (妹よ、もう少し隠す場所を考えろよ!) …

閲覧数: 1,891 PV

読了時間:約 3

残業という名目で課長と2人きり、他に誰もいないフロア。 月に何度か訪れるこのチャンスに、こっそり課長のおちんちんをハメてもらうのが私の密かな愉しみでした。 制服を着たまま、パンティとストッキングを下ろして、机に手をついて後ろから…

閲覧数: 4,945 PV

読了時間:約 2

私が初めてオナニーしたのは小6の時、エルティーンという少女雑誌にやり方が書いてあって、自分のお部屋でそれを読みながらこっそりとやってみました。 クリトリスの皮を剥いて指でなでなでしたらジーンって体が痺れて、初めて味わう感覚でした。 …

閲覧数: 3,217 PV

読了時間:約 6

27歳、由紀です。 デパートへ行き、露出オナニーしました。 適当な洋服を手に取り試着室へ・・・。 もちろん試着なんてする気はありません。 その時、もう足は震えドキドキが止まりませんでした。 試着室に入るとコートを脱ぎ、スカ…

閲覧数: 25,403 PV

読了時間:約 4

京子といいます。 私のオナニーは異常でしょうか? 初めてオナニーをしたのは小学校6年生くらいで、初潮を迎えたのは5年生だったと思います。 女の子はオマセさんなので、性に対して興味が湧く年齢でしょうか。 ちょうど6年生の夏頃だ…

閲覧数: 2,192 PV

読了時間:約 4

デパートのトイレでオナニーしちゃいました。 生理前のせいかウズウズしてしまって、自分でもオマンコが濡れているのがすっごくわかるくらいで・・・。 仕事なんて集中できるわけなくって・・・。 早くお昼休みにならないかなぁーってそればっか…

閲覧数: 3,069 PV

読了時間:約 4

私は小さい頃から両親に『女は淑やかに慎ましく』みたいな躾けをされてきました。 そして、その言いつけを守る子でした。 両親が大好きだったから。 でもいつからか、心の底に“そんな自分を壊したい”自分が居る事に気がついたの。 小5…