閲覧数: 2,391 PV

読了時間:約 6

今日はかなり涼しい。 26~27度くらいか。 少しぬるい温泉に浸かっても汗があまり出ない。 湯から上がって強い風に当たると少し寒いぐらいだ。 13時過ぎに入ったが・・・男湯は内湯も露天も誰もいない。 女湯も音がしない。 …

閲覧数: 1,290 PV

読了時間:約 5

麻衣が高校生の時、深夜全裸になって、部屋を真っ暗にして、窓を開けてオナニーしてた。 月の明かりに浮かび上がる、自分の青く白い裸体がとっても美しくて、全身に手を滑らせると、とても滑らかで触り心地良くて。 すぐに麻衣のオマンコが、び…

閲覧数: 1,824 PV

読了時間:約 1

この前、生まれて初めて年下の彼に中出しされた。 ゴムつけてって言ったけど生で挿れられて、それでもいつもお腹の上に射精とかだったから安心してたら 「イクよ…」 って言ってから腰を奥の奥にしながら中に… 自分の中でドクンドク…

閲覧数: 1,347 PV

読了時間:約 5

3年前勉強したく無いのを理由に、あるFラン大学に入った俺。 Fランと言われてるだけあり、周りの人間のレベルも底辺。 講義中に昨日の彼氏彼女とのセクロス話など日常茶飯事。 学内で知り合った女とその日にセックスして別れたとかもよく…

閲覧数: 1,712 PV

読了時間:約 2

当時おれ二十歳 彼女二十歳(スペック上の下、坂井真紀をちっちゃく可愛くした感じ。 胸はおれとほとんど変わらないくらい…兵庫出身だが親元を離れ祖父母宅のある九州南部の短大へきていた) 友達の紹介で付き合い出し5ヶ月くらいたった冬の…

閲覧数: 2,880 PV

読了時間:約 2

これは5年前に足の骨折で入院した時の事。 足の骨折以外悪いところは無かったので、溜まって溜まってどうしようか悩んでいた。 ちょうど当時同い年で仲良くなった看護婦A美が部屋の見回りに来て、「何か困ってることはない?」って聞いてきた…

閲覧数: 2,238 PV

読了時間:約 5

俺は28歳のサラリーマン。 24歳の彼女は元スポーツ選手でバイセクシャル。 つまり彼女は男も女も恋愛対象の微妙な女です。 彼女の名前は『智子(仮名)』、同棲して2年。 ボーイッシュで顔は矢口真里をちょっと細めにした感じで美形…

閲覧数: 2,328 PV

読了時間:約 4

最近、出会い系サイトも厳しくなって低年齢の女性となかなか繋がり辛くなって来たように思えます。 とは言うものの自称JK辺りはたくさんいますが、自称JKだったのに次に書き込まれたときは20代後半だったり、会ってみるとがっくりすることも多々…

閲覧数: 3,320 PV

読了時間:約 3

最近、私は動物好きな家族を持つ人と友達になった。 彼とは偶然一緒のクラスになり、席も隣だった。 “ちょっと変わった人”と言う噂は聞いていたが、話をしてみると普通だった。 彼に誘われ、彼の家に行った。 彼の家は、街外れにあり庭…

閲覧数: 2,632 PV

読了時間:約 2

私が小学校6年の時の事です。 私が住んでたところは超田舎で、小学校は1学年1クラスでした。 私の性格は内気で大人しいです。 友達も少ない方でした。 秋に、6年生だけで遠足に出掛けました。 山登りでした。 お弁当を食べてる…

閲覧数: 2,839 PV

読了時間:約 3

私は35歳のバツイチ看護師。 女手1つで娘を育てています。 娘は前田敦子に似ています。 性格は内向的で、父親がいないせいか、同年代の男子には興味がないって感じでした。 私が娘の変化に気付いたのは中学2年の夏休みの事です。 …

閲覧数: 1,558 PV

読了時間:約 5

思い出したくもないトラウマになった体験があります。 私は大学生の時にテニスサークルに入っていました。 でも飲みサーやヤリサーという程淫れてはなくて、実際にテニスをする程度に真面目なサークルでした。 その日はテニスサークルの飲み…

閲覧数: 1,635 PV

読了時間:約 5

小学生の近所の女の子がいて、俺の事を格好良いと言っていた。 名前はY香とする。 その子は結構可愛くて、よくオナネタにしていた。 そして俺も可愛がっていたんだが、中学生になってすぐに彼氏が出来て、会うこともなくなった。 それか…

閲覧数: 2,127 PV

読了時間:約 2

スリルと刺激求めて、痴漢されたいあたし。 朝のラッシュ時間帯狙って、電車に乗った。 ドアが開かない方の乗降口のドアに外側向いて立った。 痴漢しやすいように服装はタンクトップとミニスカ。 発車して10分ほど、お尻触って来た。 …

閲覧数: 2,881 PV

読了時間:約 8

久しぶりに夜遅くに電車に乗ったときのこと。 終電まで1時間ぐらいあったので駅はそんなに混んでいなかった。 座って電車を待っていると、一目で酔っ払っていると解る女がホームに下りてきた。 明らかに千鳥足、ホームの壁にもたれるように…