閲覧数: 2,736 PV

読了時間:約 4

約10年前の高校2年の時、持病の喘息がひどくなった時期があり、よく保健室に行ったりしていた。 一応、喘息の発作を抑えるための吸入薬を持っているのだが、副作用(眠気など)の関係で、学校内で吸入薬を使用する時は保健室に行くことになっていた…

閲覧数: 2,887 PV

読了時間:約 2

ある日私の入っている駅伝部で、2泊3日の合宿をすることになりました。 宿泊先は、ちょっとボロい民宿で、部屋には鍵もありませんでした。 私は女子1人だったので、他の人たちは3人で1つの部屋を使っていたけど、私は1人で部屋を使うことにな…

閲覧数: 3,692 PV

読了時間:約 3

大学の時、バスケットのサークルに入っていた。 1年の時だが、試合で相手のファウルを喰らい、転倒して腰を強打して痛めた事があった。 軽い捻挫のような症状で、3~4日安静にしてれば良くなるという事で、一人暮らしのアパートで静養する事に・…

閲覧数: 4,833 PV

読了時間:約 2

私が風紀委員だった中学3年の時のことです。 体育祭があって、風紀委員は校内の見回りをすることになっていました。 私はお昼過ぎに同じ学年のA美ちゃんと2人で回ったのですが、武道場の裏まで来た所で、女の子たちが「いや~ん」なんて声を出し…

閲覧数: 2,839 PV

読了時間:約 9

細かい部分は脚色してあるのであしからず。 いつも溜まり場になっていたYの部屋にその日いたのは男連中が4人で、女の子はMだけ。 Mの彼氏であるNはこの日、他の男連中と遠出していたので不在。 そこにいた女の子がどっかでナンパしてき…

閲覧数: 2,399 PV

読了時間:約 13

彼女は俺が幼稚園の頃から通っていた柔道道場の先生の娘だった。 彼女とは幼稚園、小学校は違っていたが、同じ年で、いつから好きになったのかはわからないが、気づいた時には彼女のことが好きで好きでどうしようもなかった。 柔道というと体の…

閲覧数: 2,858 PV

読了時間:約 10

大学生4年の頃だった。 男3人で飲んでたら、この間ナンパした女子大生、確か1年生から電話が。 「何しよ~と?」と聞いてきたので、「男3人で悲しく飲んでるから遊びにきてよ!」と言うと即座にOK! 友人宅で迎え撃つことにした。 …

閲覧数: 2,153 PV

読了時間:約 2

付き合い始めたみずきとは結構寮でHやってましたがその中で印象に残った話を……。 その日は土曜なので半日学校。 学校が終わるとダッシュで寮に帰りました。 何故なら、相部屋の子が部活の遠征でいないので、心置き無くオナニーするチャンスだ…

閲覧数: 3,126 PV

読了時間:約 8

両親が小さい頃に離婚して、僕は母に引き取られてからずっと二人で、母子家庭として暮らしていました。 母はパートをしながら必死に働いて僕を育ててくれていましたが、今度高校受験を迎える僕を塾に行かせる為に、住み込みで働けて家賃のかからない現…

閲覧数: 3,780 PV

読了時間:約 6

中学3年の夏、俺達は無敵だった。 中学校の最上級生になり、校内に怖い者がいないという環境は好きな事が何でも出来ると思っていた。 俺達は別に悪かったわけではない。 他校のガラの悪そうな奴等に恐怖し、安い万引きをして自慢し合う程度…

閲覧数: 4,138 PV

読了時間:約 4

中学校の林間学校の時、憧れの女の子の部屋に忍び込んだ思い出があります。 憧れの女の子と一晩でも一緒の布団で寝ることができたこと、体のいろんなところをどさくさにまぎれて触ったこと、ほんとに今でも忘れられない経験です。 女子の部屋は…

閲覧数: 3,307 PV

読了時間:約 4

今はあまり流行らないだろうが、昭和の終わり頃、俺は大学生活を下宿で過ごした。 そこは小さな町工場で、昔は住み込みの職工の部屋だったが、みんな結婚して独立したので『睦荘』という下宿を始めたと聞いた。 睦荘の部屋は6畳一間で4部屋あ…

閲覧数: 3,609 PV

読了時間:約 7

オレが中学のときの話ですけど、当時仲のいい女の子がいて、学校帰りとかに良く遊んだりしてたんです。 家にもたまに行ったりして。 で、正直に言うと漏れはその子(ここではAとします)のこと好きでした。 でも奥手なんで告白するにもできず……

閲覧数: 3,428 PV

読了時間:約 3

僕が大学院1年(23歳)の時の話です。 その日も男友達1人と後輩の女の子3人という、いつもの5人で宅飲みをしてました。 飲みが進んできて、お互いの彼氏・彼女の話をするようになり、エッチ系の話で盛り上がってました。 そんな中、唯…

閲覧数: 3,492 PV

読了時間:約 4

俺には二つ下の彼女がいる。 彼女(以後N)は小学一年生の時に、三年生だった俺にとても良く懐いた。 なぜなら家が近かったし幼馴染だったからだ。 廊下や、朝の登校時間、休み時間。 常に俺のそばにくっ付いてきた。 授業が始まると…