閲覧数: 1,822 PV

読了時間:約 7

私は監禁され、レイプされて泣き寝入りしました。 最近は警察の女性に対する対応も良く、強姦や痴漢などの事件は女性警官が対応してくれると聞いています。 でも私の場合は昭和。 女は泣き寝入りするしかない時代でした。 たとえ警察に届…

閲覧数: 1,549 PV

読了時間:約 6

めぐみとは営業先の会社で知り合いました。 その会社は富山にあり、ウチの北陸支店のカバー出来る範囲なので、よく出入りしておりました。 ある日、僕がいつものようにその会社を訪れると、約束してたはずの担当部長がまだ帰ってませんでした。 …

閲覧数: 1,616 PV

読了時間:約 3

A子と初めて会ったのはA子が27歳の時、仕事の取引先としてだった。 A子の外見は、誰が見ても超がつく美人であり、しかも巨乳だ。 女としては上玉だが、擦れた雰囲気がなく、仕事にも情熱を注いでいて、しっかりとした自信とプライドを持ってい…

閲覧数: 1,166 PV

読了時間:約 2

同級生の美里ちゃんは、色白で猫のような目をしていて、とても美人です。 小柄なのに巨乳で、心身共に早熟していたので、中学生の頃からとても大人びていて、男子からすごくモテていました。 そんな彼女も結婚10年目を迎え、優しい旦那さんと…

閲覧数: 1,153 PV

読了時間:約 3

22歳の妊婦です。 私はMでいやらしいことが大好きです。 私には11才年上の自慢のダーリンがいます。 私はダーリンに出会ってマゾに調教されました。 初めは凄く恥ずかしくて・・・。 ところが、きつく縛られて放置プレイされたり…

閲覧数: 2,143 PV

読了時間:約 5

私には5歳離れた兄がいます。 今から20年程前になりますが、私は兄に抱かれました。 まだ小学6年生で、その日は両親が出掛け、兄と2人で留守番をしていました。 兄の部屋に入ると、目の前で兄がオナニーをしていました。 「勝手に入…

閲覧数: 1,678 PV

読了時間:約 3

最初に言っておくけど、俺はとくに近親相姦に興味があったわけじゃない。 しかし今、妹を調教している。 どちらかというと、俺はSM、アナル調教などが好きで、近親者にそういう行為をする興味などなかった。 今回は妹を調教するきっかけを…

閲覧数: 2,163 PV

読了時間:約 4

仕事で、1週間ほどの出張をしたときのこと。 そこは田舎町で、仕事のあとにホテルから近くのコンビニまで行くのに約2km。 森林公園の中を通って行かなくてはならず、散歩がてらコンビニに向かって森林公園の中の細い遊歩道を歩いていると・・・…

閲覧数: 1,209 PV

読了時間:約 4

あたしにはスケベなお兄ちゃんがいて、お仕置きオナニーさせられちゃった。 でもあたしもお兄ちゃんのこと好きだし、お兄ちゃんに命令されると逆らえないんです。 この前も朝ごはんの後、あたしの部屋でお兄ちゃんに裸にされました。 「仁王…

閲覧数: 1,738 PV

読了時間:約 4

一昨年のことです。 とりあえず職場(=病院)の飲み会でした。 2次会途中まではごく普通の飲み会で、僕も特に下心なく飲んでいました。 25歳くらいのナース(人妻)が真っ赤な顔でとろんとした目をしながら、隣に座ってきました(今後、…

閲覧数: 1,760 PV

読了時間:約 3

私は彼に彼とのセックスのみならず自分の願望を相手に言っていました。 「3Pがしてみたい」「屋外でエッチしてみたい」「犯されたい」彼は全て私の願望を叶えていってくれました。 「3Pがしたい」といったら、私に「今から知らない男性の所…

閲覧数: 2,188 PV

読了時間:約 6

宅急便の深夜仕分けの仕事は、早朝5時まで続く重労働だ。 その分時給も良く、それを目当てにくる人間は、大体“訳あり”な奴ばかり。 旦那の借金の負担を減らそうとする主婦やら、売れないキャバ嬢してて金ない子とか、普通の社会生活にとけ込…

閲覧数: 1,432 PV

読了時間:約 3

今でもあの時のパフュームを嗅ぐと思い出す男がいる。 匂いの記憶はフラッシュバックみたいに鮮やか。 その頃、私は売り出し中のSM嬢だった。 ピンヒールにコルセット、特注品の鞭で武装してたっけ。 SMモノビデオの撮影で彼は来てた…

閲覧数: 1,963 PV

読了時間:約 5

2年間、幼稚園の先生と不倫関係にありました。 先生といっても年は僕より3つ下です。 最初、年少のクラス担任で先生の子供らしい服装とか仕草が可愛いな~なんて思っていました。 積極的に先生と子供の話などしていたある花火大会の夜に偶…

閲覧数: 2,746 PV

読了時間:約 5

8つ下の後輩から「兄貴」と呼ばれて、かなり慕われている。 彼が中学に上がった頃に知り合い、多分一人っ子の彼としては年上の兄弟が欲しかったのかもしれない、さらには彼の家庭はかなり冷え切っている事を知ったのは、知り合ってからすぐの事だった…