閲覧数: 2,955 PV

読了時間:約 6

私も妻も同じ歳で30歳、子供はまだいません。 妻は背は小さいのですが伊藤由奈に似た感じで可愛い顔立ちをしていて、スタイルも申し分ありません。 先日の日曜日の朝、妻の姉夫婦が所用の為に、小学4年生になる双子の男の子達を預かる事にな…

閲覧数: 2,729 PV

読了時間:約 8

兄が地方の国立大に入学して、それまで受験勉強に使っていた部屋が空いたので、僕が使うことになりました。 うちの親が所有している3階建ての雑居ビルの3階で、1階と2階は賃貸で倉庫のような使われ方をしていたと思います。 実家はひとつ隣…

閲覧数: 3,244 PV

読了時間:約 3

少年野球のコーチを3年しています。 最初は土日が練習になったり試合になったりするので断りましたが、頼まれてやり始めました。 まぁまぁチームは強いし、やり甲斐はありましたが、やはりちょっとしんどい。 けど、楽しみを見つけてからはなか…

閲覧数: 3,515 PV

読了時間:約 6

今やもう昔の話だからいいけど、彼氏の携帯で、知らない女が全裸でピースしてからおちんちんを咥えて美味しそうにしゃぶる動画見た時は心臓破裂するかと思った。 カメラにいやらしい口元が映るように、その女の子の長い髪の毛を掻き上げる手には、私が…

閲覧数: 2,624 PV

読了時間:約 6

私には妻を淫乱な女にしたいという歪んだ願望がありました。 私の前で男と交わり、歓喜の声をあげ続ける淫乱な女・・・。 現実は願望だけで20年が過ぎていきました。 しかし、娘が全寮制の学校に進学し妻と二人暮しに戻った今、夢を叶える…

閲覧数: 3,607 PV

読了時間:約 3

俺には二つ上の姉がいます。 俺から見て全く性の対象にもならないんですが・・・。 周りからはよく「あんな綺麗な姉がいていいな」って言われますけど、俺から見ると・・・全くと言っていいほどそうは思いません。 高校一年生の時にクラブの…

閲覧数: 3,563 PV

読了時間:約 7

私はいわゆる寝取られ好きっていうか、妄想して興奮するのが好きなんですね。 しかし、実際に自分が親友に妻を寝取られるなんて思ってもみなかったです。 事が起こったのは先週金曜。 大学時代の友人2人と飲みに行った帰りに、どうしてもと言う…

閲覧数: 3,658 PV

読了時間:約 3

妻は31歳、私は33歳、小学生の子供が2人います。 同じような3家族でコテージに泊まった時の事です。 夜中に私は喉が渇き、何か飲み物はないかとキッチンの冷蔵庫に飲み物を探しに行きました。 キッチンの奥の物置のような所で何かゴト…

閲覧数: 4,899 PV

読了時間:約 6

私(39歳)、妻・清美(32歳)です。 この夏休みにあったことを告白します。 子どもの通う小学校で、夜に盆踊りの祭りがありました。 校庭の中央にある櫓(やぐら)を取り巻く形で、多くの店が出ます。 家族で出掛けて、金魚すくいや…

閲覧数: 2,938 PV

読了時間:約 3

大学3年(21歳)の頃付き合ってた彼女(17歳・高2)と人気のない公園のベンチでいちゃついてた時のことです。 (時は金曜夜・深夜1時過ぎ)学校帰りの彼女と待ち合わせて、映画&ボーリング&ご飯などしてたらすっかり遅くなってしまい、いつも…

閲覧数: 3,372 PV

読了時間:約 5

僕は公団に住んでいる16歳の高校生です。 両親は共稼ぎで、父親は公務員、母親は普通の会社に勤めています。 僕は大学で天文学を勉強したいと思っていて、高校に入学した際にお祝いに天体望遠鏡を買ってもらいました。 学校から帰ると、い…

閲覧数: 2,924 PV

読了時間:約 3

僕(20歳、大学生)には高校2年生の妹がいます。 家族が言うのも何なんですが、ロリ顔にD~Eカップ位の巨乳で結構可愛い方なせいか、家に連れてくる彼氏がコロコロ変わってました。 その日は大学の部活の試合で、夜遅くに帰ってくる予定で…

閲覧数: 2,845 PV

読了時間:約 6

4年ほど前、俺はお金が全くなくアルバイトで何とか食っていたがある日そのバイトをクビになった。 途方に暮れていると電柱にチラシが。 それによると俺の地方のローカルテレビが行うバラエティ番組のオーディションということで俺は行ってみること…

閲覧数: 7,155 PV

読了時間:約 2

最近妻(29歳)が早起きをして庭の掃除を始めたようで、良い事だなと思っていました。 いつも8時に目を覚ます私が、二日酔いで喉が乾いて5時に目が覚めました。 台所で水を飲んでいると勝手口の外で話し声が・・・。 男「奥さんのおっぱ…

閲覧数: 3,331 PV

読了時間:約 4

私の母に彼氏ができたことを兄がわざわざスマホで連絡してきました。 「ほんとなの、それ」 私がすぐに信じられなかったのも無理はありません。 5年前父と離婚してからと言うもの母は、これまで仕事一筋で生きてきて、華やいだ話ひとつ、耳にす…