閲覧数: 263 views

読了時間:約 5

私50歳、妻の眞澄51歳の熟年夫婦です。 結婚生活も25年を過ぎるとやはりマンネリ感は避けられないもので、先日の金曜日の夜に刺激を求めアダルト映画を観に行く事にしました。 夫婦でこんな映画を観るのは全く初めての事です。 仕事帰…

閲覧数: 1,452 views

読了時間:約 5

私が高校生だったときの痴漢体験を書きたいと思います。 私は背が高い方です。 168センチで、髪はショートボブ、まじめに見られるほうだと思います。 制服はセーラー服です。 初めて痴漢にあったのは、高1の春、まだ入学して間もない…

閲覧数: 1,092 views

読了時間:約 2

私の恥ずかしい体験を告白します。 私ってこんなにスケベな女だったかしらと最近悩んでいます・・・。 主人は私の三つ年上の29歳。 友人主催のお食事会でお互い自然と惹かれ合い、半年の交際でゴールインしました。 充実した結婚生活で…

閲覧数: 1,450 views

読了時間:約 2

大学への通学にいつも電車を使っています。 都内の大学なので当然ながら満員電車。 そしてある日、私はいつものように電車に乗ると、運悪く後ろに背の高い男の人が立ちました。 私は普通に音楽を聞いていたら、その男の人が私のお尻辺りを触って…

閲覧数: 1,390 views

読了時間:約 3

この間、ライブに行った時のエッチが忘れられなくて、今でも思い出すだけでなんか・・・。 先月、私と友達のきょうこはあるバンドのライブに行きました。 実はライブ中、メンバーに胸を見せようかと思って二人ともノーブラで行ったんです。 (バ…

閲覧数: 1,305 views

読了時間:約 8

仕事で疲れた体を引きずるようにしていつもの車両に乗り込む。 社会人になって3ヶ月・・・、毎日の帰宅ラッシュにもそろそろ慣れ始めてきていた。 車内に入って正面の開かないドアの脇に立つ。 そこがいつもの私のポジションだ。 完全に…

閲覧数: 1,024 views

読了時間:約 5

彼女と乗ってる通学電車で痴女に手コキでイカされた屈辱体験・・・・・(前編) 昨日と同じ位置に彼女と一緒に乗りました。 かなり不安はありましたが、周りを見渡してもその女性の姿はなく、少しほっとしていました。 しかし、人が大勢乗る…

閲覧数: 1,091 views

読了時間:約 5

僕が高校2年生の夏に受けた屈辱的な体験を書きます。 僕は彼女である裕子ちゃんと一緒に電車で通学していました。 裕子ちゃんとは同じ中学校に通っていましたが、クラスも別で、気にはなっていたけど話す機会もなくて、中学校3年間はほとんど会話…

閲覧数: 3,115 views

読了時間:約 4

個人的な用事があり、滅多に乗らない常◯線に乗ったら、何と知り合いの奥様が乗車してきてビックリした。 彼女は以前お世話になった先輩の奥さん。 向こうも俺の存在に気づくと驚いた顔して近づいてきて・・・。 奥さん「あら!偶然ね。お仕…

閲覧数: 1,626 views

読了時間:約 3

今週もまた、痴漢に遭いました・・・。 電車に乗る度に、痴漢を待ってる自分が恐い・・・。 痴漢の二人組みに毎日・・・ではないけど、定期的に痴漢されてます。 最近暖かくなってきたし、痴漢を待ついやらしい気持ちもあり、パンストを履か…

閲覧数: 2,177 views

読了時間:約 6

これは私が中一の時の話です。 大阪のK市に住む友達から誘われて『だんじり祭り』に参加しました。 祭りの当日、私を含め女の子4人で朝早くからだんじりを曳いて楽しんでいました。 そして夜になり、私たちはハッピを脱ぎ、祭り用の下着が…

閲覧数: 2,960 views

読了時間:約 5

ふたつの悪い癖が出ました。 昔から暗くなると変に興奮するんです。 そして、年上の女性に興奮するんです・・・。 この間、とある東京までの夜行バスに乗りました。 いつもは使わないのですが、どうしてもお金が無かったので。 案の定…

閲覧数: 2,095 views

読了時間:約 2

すごく恥ずかしい官能的な体験を告白します。 私は2年前に結婚した25歳の人妻です。 この話は、先日主人と映画を観に行った時のことです。 私の好きな海外の恋愛映画で、大きな話題にもなっていて、以前から楽しみにしていたんです。 …

閲覧数: 1,854 views

読了時間:約 3

初めて投稿します。26歳の主婦です。 去年の暮れ、4歳の子供(男の子)をつれクレヨンしんちゃんの映画を観に行きました。 子供映画はうるさいので行くのは気が進まなかったんだけど、あまりにせがまれるので、たまにはいいっかって思っては…

閲覧数: 2,560 views

読了時間:約 3

今日の朝は寝覚めも悪く、いっそのこと会社を休んでしまおうか?なんて考えていたのですが、どうしても行かなきゃマズい仕事があるので、重い体を押していつもより若干遅れ気味に家を出ました。 改札に着き、女子高生や一般の人達でごった返してい…