閲覧数: 1,659 PV

読了時間:約 3

すでに3年ほどの前のこと。 もう時効だと思うので・・・。 友人の彼女の紹介で出会った『M』。 年は8歳下だが、結婚して5年、まだ子宝には恵まれないらしい。 旦那とは子作りに励んでいるのだが、何が原因かよくわからない。 最近…

閲覧数: 1,592 PV

読了時間:約 4

ネットで、女1対男3で4Pの相手を募集した。 俺たち3人、全員20歳以下。 エッチ大好きってことで、中出し&口内射精のできる相手を募集した。 『若さいっぱいの溜まり放題の精液をたっぷり出すよ』と呼びかけてみた。 絶対来ないだ…

閲覧数: 1,313 PV

読了時間:約 4

禁断の一線を越えて義母と近親相姦してしまいました。 そのダブーを犯すきっかけは、熟れた体の義母の裸体を見た事でした。 私は交代勤務の仕事柄、平日休みも多く、日中義母と一緒に過ごす時間が多かったんです。 その日は雪が大量に降り、…

閲覧数: 1,634 PV

読了時間:約 10

私(S)は既婚の40代後半、5歳の子有り。 K美はちょうど一回り下で、こちらも既婚で子無しです。 K美とはとある趣味のサークルで知り合いました。 知り合った当初はお互い独身で、小柄でスタイルが良く、ちょっと天然で可愛いK美のこ…

閲覧数: 1,944 PV

読了時間:約 8

私は32歳で訪問販売の仕事をしています。 当然、営業マンですから、毎日各家庭を飛び込んで回っています。 そんなある日、いつもより話をしてもらえる家庭が少なく、今日は調子悪いなと思っていた時、ちょうど80軒目くらいでしょうか、一軒…

閲覧数: 1,461 PV

読了時間:約 4

悪友がナンパした女と合コンをした。 待ち合わせの店に来た女性達は堪らなく色っぽく、いい女だ。 俺たちから軽く自己紹介を済せ、そして女性陣。 職業は2人共、美容部員のお姉さん。 さゆり:35歳、子持ちの人妻。 みき:28、独…

閲覧数: 1,722 PV

読了時間:約 9

名前は「恭子(仮名)」、年齢は45歳、ちなみに私は当時29歳でした。 それは今年の3月の連休の前々日のことです。 連休の予定が無かったので、チャットでエッチが出来る人妻さんを捜してました。 「熟女のお姉さん今度の連休に、ドライ…

閲覧数: 3,027 PV

読了時間:約 6

学生時代付き合ってたK子は同じクラスで、高校2年から3年まで付き合っていました。 髪は長く、細身で目がおっきく、贔屓目に見ても凄く可愛くて、俺には勿体無い位でした。 エッチもお互い初めてでしたが、達成しました。 K子の家に行く…

閲覧数: 2,923 PV

読了時間:約 4

単身赴任4年目、40代前半の会社員です。 赴任当初は、毎週末に帰省(都内)し、土曜の午後、妻との買い物が終わると、日曜の昼頃まで愛妻を相手に性的なストレスも併せ発散していた。 しかし、毎週末に帰省が出来なくなった。 そんな時、…

閲覧数: 2,767 PV

読了時間:約 7

先日会社の部下がマイホームを買ったというので、お祝いに駆けつけました。 この部下は最近結婚したばかりで、一度奥さんにも会ってみたかったので、ちょうど良い機会だと思い、忙しいところ時間を作りました。 地図通りに駅から5分くらいで、…

閲覧数: 2,325 PV

読了時間:約 5

ある家に営業に行った時の話です。 「せっかくだから、ゆっくりお茶でも飲んでいって。あら、それとも、お茶よりビールの方がいいかしら~」 何が「せっかく」なのかは知らないけれど、ビールまで勧めてくれた綺麗な奥さん! ボクもせっかく…

閲覧数: 2,834 PV

読了時間:約 6

今日はかなり涼しい。 26~27度くらいか。 少しぬるい温泉に浸かっても汗があまり出ない。 湯から上がって強い風に当たると少し寒いぐらいだ。 13時過ぎに入ったが・・・男湯は内湯も露天も誰もいない。 女湯も音がしない。 …

閲覧数: 4,123 PV

読了時間:約 3

最近、私は動物好きな家族を持つ人と友達になった。 彼とは偶然一緒のクラスになり、席も隣だった。 “ちょっと変わった人”と言う噂は聞いていたが、話をしてみると普通だった。 彼に誘われ、彼の家に行った。 彼の家は、街外れにあり庭…

閲覧数: 2,110 PV

読了時間:約 5

私はバツ1の38歳普通の会社員。 今から約1年半前に、ある出会い系サイトで37歳の人妻と知り合った。 お互いメールを交わすうちに親しくなり、割りと近所だったので土曜の昼間にJR駅の改札で待ち合わせデート。 身長は160cm前後…

閲覧数: 2,408 PV

読了時間:約 8

俺の母親は、俺が子供の時に家出をした。 それ以来、父親と二人で暮らしていた。 母が家出してからの父は、仕事もせずに飲み歩いたりとどうしようもなく、俺のことも放ったらかしで、わずかなパンやカップ麺などでしのいでいた。 しかし突然…