このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】隣の奥さんがとんでもない淫乱女だった・・・

投稿者男性は隣の奥さんと仲が良かったのだが、ある時、男を連れ込んでいる現場を目撃してしまう。そこでダメもとで口止め料として体を要求してみると・・・。

furin

私は隣に住んでいる奥さんと仲がいいのですが先日ついにエッチをする関係になってしまいました。

隣の奥さんは昌美と言うのですが息子同士が同級生で仲がいいため自然と親同士も仲が良くなり行き来するようになりました。

もちろん昌美と二人きりで会う仲ではないのですがたまにエレベーターで一緒になると冗談を言い合ったりします。

ある時昌美が男を家に入れたのを見てしまったのです。
その場はやり過ごし、後日、
「男の人連れこんでませんでした?」
と聞くとギクッと言う表情をした後、
「主人には言わないで!」
と言ってきました。

しかし私も昌美の事をちょっといいなと思っていたので、
「晃さん(旦那さん)とはしないの?」
とかまかけたら、
「旦那はEDだからね〜」との回答。

さらに
「昌美さん美人なのに晃さん勿体無いなぁ」
と言ったら、
「隆さんは由香ちゃんとしないの?」
と聞かれてしまいました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者の巨根を見た人妻は・・・

(前回のあらすじ)元ニートで大学生の投稿者男性が山道をドライブ中に助けた三十代の夫婦と一緒に同じ目的地だった鉱泉へ。そこでまさかの混浴に3人で入ることになる。そして童貞の投稿者を悪ふざけした夫婦がからかいだすのだが、なんともおいしい体験をすることに、・・・。

前編はこちら
【奇跡】ヒキニートだった俺が山道で困ってる若夫婦を助けた結果・・・・・・・・・・・・

onsentekoki

椅子に座らせられると、背中から洗い始める由紀子さん。
手で背中を洗っていたが、急に体を押しつけてきた。

背中で由紀子さんのおっぱいが上下左右に動き回る。
おっぱいで洗ってくれているようだ。

俺は、ただただうつむいて、その感触をドギマギしながら楽しんでいた。

しばらくすると、由紀子さんは後ろから抱え込むように両手を伸ばして、俺の胸や腹なんかを洗い始める。

指先で、乳首を転がすように洗いながら、
「あっ君、綺麗になってる?気持ちいいかな?」

なんて声をかけてくる。

正直に言って、童貞の俺には乳首はくすぐったいだけだったが、背中のおっぱいの感触がたまらなく気持ちよかったので

「はい!気持いいです!」
元気よくそう答えた。

すると、由紀子さんは素早く俺のタオルを取り払い、俺のガチガチのチンポを握ってきた。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】車に乗せて一緒に温泉へ→なぜか一緒に入ることに・・・

投稿者男性は引きこもりだったのだが、親からご褒美に車を買ってやると言われて大学受験し、見事合格した。大学生になってからは愛車のパジェロミニを運転して山道をドライブするのが趣味になっていたのだが、ある日、山道で夫が足をくじいて困っている若い夫婦に出会う。

onsen

昔、引きこもり気味だった俺に、親が「大学受かったら車買ってやる」と言ってくれて、頑張って予備校かよって勉強した結果、引きこもりも治って車持ちの大学生になれた。

たまたま流行ってたパジェロミニを買ってもらった事もあって、林道を走り回ることにハマっていた。

舗装もしていない山道を、ただ走り回るだけだったがとても楽しく、ダムや廃村なんかで写真を撮ったり、鉱泉でお湯につかったりして楽しんでいた。

たまに友人も連れて行ったが、基本的にいつも一人だった。

その日もいつものように学校のない平日を、林道で楽しんでいた。

車がギリすれ違えるかどうかの、細い未舗装の道を走っていると、遠くに2人組のハイカーが歩いているのが見えた。

この林道は、登山口にもつながる林道なので、ちょくちょく見かけるのだが、二人のうちの一人が足を引きずっているように見えた。

片方の荷物を、小柄な方の一人が全部もっていて、見るからに大変そうだった。

近づいていくと、二人揃ってこちらを振り返る。
男性と女性の組み合わせで、結構年上に見えた。と言っても、俺が19の時の話だ。

目が会った事もあるが、女性がいると言う事もあって、車を止めて声をかけた。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】ずっと女として見てた従姉妹とまさかの妊婦セックス・・・!?

投稿者男性は昔から歳が同じ従姉妹と仲が良かった。高校に入ると従姉妹を女として見るようになったが、大学に入っても下ネタは言い合う仲だったが、実際にエッチに発展することはなかった。そしてそのまま従姉妹は結婚してしまい、少し後悔していたのだが、従姉妹が妊娠したときに家に遊びに来たのだが・・・。

bonyu

私は他の人と比べ昔からいとこと比較的近い間柄にいたと思います。

距離的にも近いですし昔からしょっちゅう遊んでいてじゃれ合っていたのでいとこ兼友達という感じです。
同い年なのでお互いの部屋にも行き来していましたが中学生くらいになるとちょっと距離を置くようになってしまいました。

それでも高校になると異性の話で盛り上がったり冗談で「彼氏紹介して」「彼女紹介して」と言う冗談を言い合っていました。

その頃になってくるといとこを女として見るようになり客観的に見るとそこそこかわいいなと思うようになってしまいました。

大学になると二人で飲みに行くこともあり下ネタをいいあっていましたがなんとなくエッチに発展する様子はなく悶々と過ごしてしまいました。
したいなとは思っていましたがリスクがあると思ったためなかな踏み切れずにいました。

後悔したのはそのいとこが結婚してからです。
なんとなく他の男に取られたという感じがして面白くありませんでした。
それ以降いとこがうちに来るなんてこともなくなりはっきり言って疎遠になってしまいました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】看病に疲れてストレスがたまった親たちは・・・

投稿者男性は子供が重度の喘息で入退院を繰り返していた。そのせいで妻はうつ病になり実家に帰っていた。投稿者の娘は同じような境遇の子供たちが入院する病棟に入っており、投稿者が寝泊りして面倒を見ていた。中には看病に疲れ夫婦仲が悪くなるた親たちも多く、子供に付き添って寝泊りをする親同士があらぬ関係になることも・・・。

byousitu

私は現在妻とは別居中です。

理由は娘の病気と妻の心の病です。

私の娘は重度の小児喘息で幼稚園に上がる前から入退院を繰り返し、妻は看病疲れから「鬱」になって現在実家にて療養中です。

しかし子供の入院中は就学前の幼児には付き添いが必要なので、仕事で昼間は仕方なく”付き添いさん”を雇っていましたが、夜は出来るだけ私が泊り込むようにしていました。

そう云う訳で、その病院の小児科は同じような病状の子供たちと、 同じ悩みの親たちが共同生活をする一種のコロニーのようでした。

話が暗くなって申し訳ないですが、本題はここからです。

その病院はかなり全国的にも小児科の分野では名が通っていて 「えっ!」と思うくらい遠方の方でもわざわざ治療に来られるのですが、 何度目かの入院から一ヶ月経った頃、 同じ病室(4人部屋)に4歳の男の子が入ってきました。

一週間前に一旦個室に入ってから、この日大部屋に移ってきましたが、 付き添いのお母さんは何度か廊下で会釈した程度で話したことはありませんでした。

その部屋は他に2歳と5歳の男の子がいてそれぞれ若いお母さんと、お祖母さんが 付き添っていました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】最後に捕まえた”臨時さん”が実は・・・

某県の職員の投稿者男性。昔本庁に勤めていた時の話だが、内部の性がかなり乱れていた。投稿者男性も彼氏持ちや既婚者の臨時職員との奔放なセックスライフを楽しんでいたのだが・・・。

rinjisan

結婚5年、34歳の某県の職員です。
現在、本庁を遠く離れた出先機関勤務となったので、本庁の実情を書き記そうと思います。

他の自治体もそうかと思いますが、職場には正職員とアルバイトの臨時職員がいます。
臨時職員の8割方が独身の女性で、男性職員との結婚を狙った婿探しの方もいますが、中には彼氏持ちもいます。

その、彼氏持ちや既婚の臨時職員の中には、私達のような転勤のある職員との浮気を楽しむ方がいるのです。

初めて臨時さんと関係したのは私が23歳の頃、35歳の小奇麗な奥様でした。

就職1年目で彼女もいなくて、誘惑に乗ってラブホへ行って、その熟した生膣の虜になってしまいました。

それまで私は、高校時代は女子高生、大学時代は女子大生というように、同年代の女性としか付き合ったことはなく、10歳以上年上の女性と初めて性行為をして、熟成した大人の女性の体の滲み出るような妖しい色気にやられてしまったのです。

ご主人が何百回と抜き差ししてきた生膣は、若い女性と違って小豆色になった陰唇に囲まれていて、若干気味が悪く感じましたが、綺麗な奥様と異様な股間の取り合わせに興奮もしました。

その人妻臨時さんが辞めるまで約2年、身体の関係を持ちながら妖艶な大人の性行為を教えられました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】オヤジの変態っぷりを侮っていた・・・

投稿者男性が中学の時に近所に住むヤバそうなオヤジが投稿者の母親を見る目がエロかったので、ことあるごとに母親を襲ったらどうかと煽っていた。そしてついにある日、親父から「母親をやる」という言葉を聞き・・・。

rape2

俺が厨三の頃、同じ地区に住む少しやばそうなおやじが俺の母親に目をつけていた。

そいつの素性は未だにはっきりとは知らないのだが、当時は確かちょっとボロい一軒家に一人暮らしをしていて、画家だとか小説家だとかという噂だった。

別に俺も仲がいいというわけではなく、ガキのころから何となく知っていて挨拶くらいをする程度だったのだが、たまに母親と会う時の目つきが変だったので気になっていた。

まあ当時の俺は何を見てもエロに結びつけていたが、おやじの目はまぎれもないエロ目だったと思う。

そんなことが2,3回あったので、ある時俺はおやじに
「俺の母さんと、やりたいと思ってない?」
とダイレクトに聞いてみた。

そしたらおやじは「そんなことはねえよ!」と否定したのだが、怒ったり、強い口調ではなかったので、からかい半分に
「やりたいなら、やっちゃえよ。最近 やってないみたいだし、欲求不満みたいだよ」
とか言いながらあおった。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】まさか自分たち夫婦がターゲットにされているとは知らず・・・

投稿者男性は妻のスイミングの友人夫婦に誘われて夫婦数組が参加する温泉旅行に参加することに。子供たちも預かってもらえて夫婦水入らずの楽しい旅行のはずが・・・。

tuma

妻の友達家族といった温泉旅行の話をします。

妻”ミユキ”は最近スイミングスクールに通い始め、誘われたのはそこで友達になったご夫婦からだそうです。

妻の話だと以前から温泉旅行は数家族で行ってるみたいで、当番制で1家族が子供達の面倒を残ってみて温泉旅行に行くのは残りの家族で夫婦水入らずというものでした。

私達家族は初参加という事でもあり、居残り組みから外され、久しぶりの夫婦旅行という事もあり参加をOKしました。

温泉に着くと早速露天風呂に向かいました。
この頃になると旦那さんたちともすっかり打ち解けて、お互いの仕事の話や妻との馴れ初めの話をするようになりました。

湯船につかりながらF氏がしきりに妻のことを褒めています。

「奥さん、美人ですよね。うらやましいなぁ」
「そんなことないですよ。もう三十路ですし、Fさんの奥さんこそ可愛いじゃないですか」
「それはないな(笑)・・・ところで話は変りますが・・」
「・・奥さん一筋なんですか?」
「そんな当たり前ですよ」
「じゃあ、奥さんは?」
「妻も浮気はしたことないと思いますよ」

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】ベッドの上では”立場逆転”の快感・・・

投稿者男性の会社には唯一の女性管理職がいたが、周りからは怖がられていた。しかし投稿者だけは大学時代にラクロスをやっていたという共通点から割と言いたいことを言える仲だった。そんな課長が珍しく飲み会で酔った時、皆が二次会へ行く中、投稿者が課長を介抱することに・・・。

jousi

俺の会社は結構男社会で上役は男がほとんど占めています。

女性の管理職と言ったら俺のとなりの課の課長が一人いるくらいですが、その一人がすごいんです。
影響力は絶大で数字もめちゃくちゃいいので上司に食いついても簡単に言い負かす事が出来ないのです。

俺の課ととなりの課はよく合同で忘年会をやったり歓送迎会をやるのでその課長とはかなり顔なじみです。多くの人はその課長に結構気を使って言いたいことを言わないのですが、俺は課長と接点がありました。

それは大学時代ラクロスをやっていたというところです。
ラクロスなんていうマイナーな競技をしている人間は少ないためすぐ意気投合、言いたいことをズバッと言えてしまいます。

そのため「課長にこれ伝えといて」など言われることもしばしば。
その度課長は「直接言えばいいのに」と言いながらもたわいの無い会話を交えるのでそこでまた親密度が深まります。

普段酔わない課長ですがその日は体調がすぐれないということでかなり酔っていました。
みんなそれをいいことに課長を置いて二次会にいってしまいました。

俺はもちろん介抱役です。駅に行くまでで吐いてしまったのでタクシーを呼んでうちに行くことにしました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】ちょうど入ってきた義母と鉢合わせしてしまう・・・

投稿者男性は30歳の時、妻(26)が妊娠し入院することになった。週末は妻の実家に泊まり、産院へ顔を出していた。泊まりに行くと、夫を失った義母と二人きりになる。そして義母は52歳にも関わらず、豊満な体つきと美貌を保っていた。そしてお風呂に入って出たとき、足ふきマットがないことに気づくが・・・。

gibo

あれは私が30歳、女房が26歳の夏だった。

女房が第一子を出産するために実家のそばの産院へ入院した7月の暑い日、俺は女房の実家に泊まっていた。

俺達の住んでいたアパートは、女房の実家から車で20分くらいだったが、週末は女房の実家に泊めてもらって女房の顔を見に行くことにしていた。

義父は女房が21歳の時に亡くなっていたから、俺は生きた義父に会ってなかった。

義母と二人きりの夕食、
「あの子、私と同じ26歳で子供を産むのね。母娘って似るみたいね。あなたも、亡くなったあの人に何となく似てるし・・・」

この会話で、義母が52歳なんだと気づいた。
義母は女房より若干豊満で、肌艶がいいから50代には見えなかった。

「私、後片付けしちゃうから、沙希にお風呂入ってくださいね。」

風呂から上がったら、足ふきマットがないことに気付き、仕方がないのでバスタオルで足の裏を丹念に拭こうとした時、洗面所のドアがガラッと開いて、義母が足ふきマット代わりの畳んだバスタオルを持って立っていた。

俺のチンポをまともに見た義母は、
「アラッ・・・ごめんなさい。これ、ウチは足ふきようにバスタオルを置いてるの忘れちゃったから・・・」

義母はしゃがんで、俺の足元に畳んだバスタオルを敷いて、目の前にぶら下がるチンポをジッと見て、
「あの子、こんな立派なもの手に入れて、羨ましいわねえ・・・」
と言った。

この記事の続きを読む