閲覧数: 1,473 PV

読了時間:約 4

自分の勤めている会社に、現在5人のセフレがいる。 ニッチな物を製造しているメーカー(中小企業)に勤務しています。 国内に数ヶ所工場がある。 自分の立場は製造のトップ。 製造に係わる人事も権限があるので、面接、採用の判断をして…

閲覧数: 1,538 PV

読了時間:約 3

去年の夏、合宿が終わって帰るときに思いついて姉の所に寄ってみようと電車を乗り換えて電話もせずに行ってしまった。 姉夫婦は夏休みを利用して旅行に出たそうで、留守番してる旦那さんの義母さんが居ただけだった。 突然寄った事を説明して、…

閲覧数: 1,239 PV

読了時間:約 4

私40歳、妻34歳。 結婚して10年の記念に、私たち夫婦の過去を記します。 もし登場人物に心当たりがあった方、それはあなたかもしれません。 私達の出会いは14年前、某素人投稿誌の投稿マニアの方々との乱交集会でした。 当時私は…

閲覧数: 1,834 PV

読了時間:約 4

オレの学生時代には年に一回だけ、先生の卵と言うべき人がやってくる。 授業の様子を見ながら、オレ達の前でも挨拶をしていた。 その教育実習生とも言うのだろうか、ある年には何ともか弱そうな女22歳が来ることに。 声もか細いし背も低め。 …

閲覧数: 1,562 PV

読了時間:約 4

オレはたまに男の友人とナンパに出かける。 季節によっては色んなところに行くが、まあ夏の海の時期も終わったので、基本に戻って街でのナンパに。 ちょっと時間も遅くなってしまったのが悪かったのか、イマイチ良い感じの女二人組がいない。 …

閲覧数: 2,243 PV

読了時間:約 4

6年前に、25年間連れ添った愛する妻に先立たれた57歳のオヤジです。 子供達も独立して孫も2人いますが、現在は一人暮らしです。 妻の3回忌を終えた頃、やっと、愛しい妻がもうこの世にはいないんだと自覚しました。 そんな4年前、独…

閲覧数: 1,966 PV

読了時間:約 4

ホテルでバイトしてた時の話。 フロントで社員だったBさん。 俺が入社した時から色々と親切にしてくれた。 俺の勤務時間は夜19時~翌朝9時まで。 彼女は朝8時から夕方18時まで。 つまり殆ど顔を合わさなかったんだけど、朝の僅…

閲覧数: 1,492 PV

読了時間:約 5

名古屋の親戚が亡くなったので法事のために土曜の朝、名古屋へ。 そしたら昼過ぎに従妹と叔母がやって来た。 最後に会ったのは盆だから、かれこれ7ヶ月は会ってない。 何事もなく一日目が終了して、二日目、昼過ぎには葬式が終わった。 …

閲覧数: 2,029 PV

読了時間:約 7

僕は高校時代、部活動は弓道をやってました。 なぜそんな物珍しい部活動に入ったのかというと、ある可愛い1コ上の先輩がいたから。 その先輩(以後A先輩)は可愛いだけではなく実力もあり、部内の人気ナンバーワンでした。 A先輩は小柄(…

閲覧数: 1,738 PV

読了時間:約 4

オレの仕事先の事務員の女のことだ。 めでたく一昨年に子供が生まれて幸せな時間を過ごしている。 うちの会社は育休制度があって、出産前から1年間の産休を取っていたのだが、職場復帰してからは彼女の様子がちょっと変わっていた。 彼女は…

閲覧数: 2,223 PV

読了時間:約 7

俺と姉ちゃんは、実質夫婦として暮らしてます。 姉ちゃんと作った子供が2人、娘2人です。 姉ちゃんは今33歳。 俺は29歳。 姉ちゃんと俺が姉弟相姦を始めたのは、姉ちゃんが高校3年の18歳。 俺が中3の14歳の時。 姉ちゃ…

閲覧数: 1,948 PV

読了時間:約 10

おいしい体験談を書こうと思います。 昨年の夏、転勤になり、東京で一人暮らしをすることになりました。 初めの日曜日、小さなマンションで同じ階には3部屋しかなく、ご挨拶に伺いました。 私は角部屋で、隣はOLの斎藤さん。 見た目は…

閲覧数: 1,306 PV

読了時間:約 10

何気なく読んだ小説『不夜城』で、酔っ払った母親が主人公のチンポをフェラするシーンで近親相姦話に目覚めた。 実際に母親と自分に置き換えたら、確かに有り得ない、ってかキモすぎる。 でも姉ならOK! しかも酔っ払った姉に油性マジック…

閲覧数: 1,264 PV

読了時間:約 4

オレが働いている会社なのだが、非常に嫌な上司がいる。 そいつはもう40を超えたというのに言うことが子供すぎる。 上司と言うプライドが無いのかタダのバカなのかは分からないが、とにかく仕事の失敗を部下のせいにして、正論で責めてくるのだ。…

閲覧数: 1,970 PV

読了時間:約 6

旦那に逃げられ、2人の息子たちはそれぞれ所帯を持って家から離れ1人暮らしとなった後輩の母親(46歳)の家にちょっとした用があって行くことになった。 行ったのは昼間だったが、出迎えてくれた母親の姿に少し驚いた。 小柄な母親だが胸と…