このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】彼氏を連れ込んでエッチしてる姉の声でシコってた厨房の投稿者。ある日、帰ると姉がシャワーを浴びてる様子。我慢できなくなり、ガラス戸ぼ前でチンチンを弄ってたら姉に声をかけられた。すると姉は入ってこいというのだ・・・。

ぼくは中3のときです。姉貴は3つ上の高3で、夏休みの昼間は親がいないので、ときどき彼氏を部屋につれてきてました。

ぼくが自分の部屋で受験勉強をしていると、姉貴は部屋で彼氏とHしてたことがなんべんもありました。
ぼくはむらむらして、隣の部屋で姉貴の大きな声をききながら、オナってしまいます。

ある日帰ったら姉貴がシャワーをあびてるとこでした。
ガラスの向こうにぼやっと姉貴のはだかが見えるので、ぼくはがまんできなくなり、チンコを出してさわっていました。

姉貴はぼくに気付いて「ケンなん?」とのぞきました。
ぼくは立ってるのを必死でおさえていると、姉貴は笑って
「ひさしぶりにいっしょにはいろ!みたいんやろ。」と誘いました。

「彼こないん?」というと「試合やしこられへんねん」といいました。
姉貴は全然隠さないんで、めちゃ大きなオッパイで、あそこも見えてるし、見ただけで出そうな感じでした。

ぼくがじーと見てたら、姉貴は
「姉弟やしかくさんとき!うちやてかくしてへんやん。みせてみいや。」
というので、ぼくは恥ずかしいけど手をはずして見せました。

「お~、けっこうでかいやん! 彼のよりでかいんちゃう!?」
と姉貴はぼくのチンコをはじいて、
「なんか、そんなおっきいの見たら、したくなるやん~」
というので「姉ちゃんかって胸でかいやん」というと
「そやろ。彼氏にもまれてるしなー。Eカップやで」
と笑って自分で胸を持ち上げてゆさぶりました。

ぼくはたまらんくなって、壁にびゅっびゅっと精子を飛ばしてしまいました。
姉貴は「うわっ」とびっくりして「すっご~!! さわらんでも出るんや」と驚いてました。 「 【近親相姦】姉の入浴中に風呂の前でシコってたら見つかった結果・・・・・・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】小6の夏休み、スイミング仲間の友達とそのお母さんと三人で海へ旅行に。そこで友達が怪我をしてしまう。泳げなくなった友達をおいてお母さんと二人で泳ぐ事に。岩場で二人っきりになるとお母さんが急におちん○んを触ってきたのだ・・・。

小学6年生の夏休み、俺は同級生でスイミング仲間の健斗と、健斗のお母さんの真理さんとの3人で、伊豆の海岸まで泊りがけの旅行に行った。

宿に到着して荷物を置くとすぐに海岸に出て泳ぎ始めた。

俺も健斗もスイミングでは選手コースでタイムを競ってる仲だっんで、海でもお互いに意識しながら夢中で沖の岩場まで競争で泳いだ。

岩場で健斗が怪我してしまい、一度宿に戻って医者に診てもらうことになった。

怪我はたいしたことなかったけど、健斗は泳ぐことができないんで、二人は海の家で遊んでることになった。
怪我をした時に助けてくれたガードの人達が、俺達の遊びの相手もしてくれた。

俺も、最初は一緒にゲームしたりしていたけど、つまんなそうな俺に気付いたのか、真理さんが「慎ちゃん、ここまで来たのに泳がないとつまんないでしょ?私とあの岩場まで競争しない?」と言ってくれた。

「健斗はここでお兄さん達に遊んでもらってなさいね。お兄さん達お願いします」と言って、真理さんが俺の手を曳いて海岸まで連れてった。

「私も高校まで一応水泳選手だったんだよ。まだまだ慎ちゃんには負けないと思うよ」って真理さんが張り切って泳ぎ出した。

俺もすぐに泳ぎ始め、真理さんを追い越して先に岩場に着くと、岩場に上って真理さんを待った。
「わぁ~、やっぱり慎ちゃん早いわ~」と、真理さんも岩場に上ってきた。

しばらく二人並んで座ってたんだけど、突然真理さんが俺に抱きついてきた。

ビックリしている俺にかまわず、今度は俺の穿いてる競泳パンツの前に手を当ててきた。

「慎ちゃんのここ、いつももの凄くモッコリしていて、スイミングのギャラリーで見ているお母さん達にも評判なのよ。慎ちゃん、どんな大きなオチンチンしてるのかしら?って」

競泳パンツがモッコリしてるのは、スイミングの友達からもからかわれてたんだけど、お母さんたちまで話題にしてるとは思っていなかった。 「 【ショタ】友達のお母さん「オチンチンおっきいわねぇ」俺消6「え?」友母「ちょっと見せてくれる?」 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】当時中2の投稿者は夏休みで電車に乗っていた。満員で年上っぽいミニスカートの女性と密着してしまい、勃起してしまう。それに気づいた女性に次の駅でおりなさいと言われるが・・・。

中学2年の夏休みの朝、電車に乗ってたときです。

満員の車内で前に薄い生地の短いスカートの女性がいました。

僕は満員の中で彼女に密着していました。

彼女のお尻が気持ちよくて僕は勃起してしまいました。

恥ずかしかったんですが動けなくてどんどん膨張しました。

彼女が僕の手をとりました。

そして次の駅で彼女は体勢を変えこちらを向きました。

20代ぐらいの伊藤美咲のような顔でした。

彼女は次の駅でおりなさい。わかったわね。と小さい声でいいました。

今度は向き合ったまま密着した形になったのであそこが密着したんです。

女性のあそこにペニスをおしつけたまま彼女を窓におしつけた形になりました。

大きな胸が押し付けられて僕はもう気持ちよくてたまらなかったです。
彼女は怒ったような顔で僕を見ていました。

痴漢扱いされてると思いました。

僕は彼女に手をとられて電車をおりました。 「 【痴漢】厨2の俺が電車に乗ってたらお姉さんのお尻に股間が密着→勃起してしまった結果・・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

中1の夏、水泳部の投稿者は部活が休みの日に市民プールで練習をすることにしたら、たまたま3年の先輩女子と遭遇した。スタイル抜群の先輩と一緒に練習する事になり更衣室(男女共用)へ。更衣室で着替える自分の股間をみつめる先輩・・・。

僕は中学2年生、水泳部

去年中1のころ同じ水泳部今中3の先輩とエッチしました
時は去年の夏、場所は市民プールの更衣室です

その日、僕は部活が休みだったので市民プールにいって練習することにしました
その時たまたまあったのがその先輩でした

その先輩は背はいいぐらいでスタイル抜群の先輩。

せっかくなのでその先輩とは一緒に練習することになりました

僕とL先輩は一緒にに更衣室に向かいました

ここのプールは更衣室が男女共用で仕切りなどは一切ありません

僕はスタイル抜群の先輩と同じ所で着替えているということで興奮してしまってあそこがビンビンになってしまっていました

僕が着替えている間、L先輩はまだ着替えていませんでした
というよりもぼくの着替えているすがたをずっと見ていました

するとL先輩が僕に思いがけない質問をしてきました

「B(僕)君ってさぁ、チンチン大きいの?」

ビックリしました、あの先輩がそんなことをいうなんて・・・

僕は自分のペニスが小さいと思っていたので「え、あ、たぶん小さいと思います」と答えました

L先輩は「ふーん(笑)、ちょっとみせてよ、いいことしてあげるから(笑)」
と言って僕に近づいてきてパンツをおろされました 「 【衝撃体験】初エッチは中学の水泳部先輩と市民プールの更衣室だった・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

冗談から始まった生々し過ぎるスワッピング体験・・・

Ο夫妻は妻の友人夫婦だ。

どちらも30歳前半で子供はいない身軽さだ。

私達H夫婦がΟ夫妻と2泊3日の旅行にでかけたときの話。

1泊めの夜、妻と貸し切り混浴があるのを知りました。

私「Mちゃん(妻の友人)達に教えてあげようか?」と言うと、
妻「教えてあげたら?あっ、そう。で終わりよ」と言われ、私もそうだなと思いました。

でも混浴ってしてみたいし、
「友人同士だからいいだろう?女性はバスタオル巻けばいいじゃないか?」
となかば諦め気分で誘うと、
「それなら誘ってみて」の返事!

Ο夫妻の部屋に行き暫くしてから、
「ああそうだ、ここ貸し切り混浴があるよ」
ときりだしてみました。

Οさん「ええ、そう!行った事ないし、行ってみたいなM子!」
Mちゃん「何言ってんの、K子に怒られるよ!」
私はすかさず、「僕たちも行ってみたいよな、K子!」
K子「う〜ん、バスタオル巻いてはいればいいんじゃない、Mちゃん!」
Οさん「それにまだ風呂に入ってないしね、M子!」

ということで私達2組の夫婦で混浴する事になりました。

先に風呂にΟさんと入って待っているとき、
「Οさんの隣にK子を行かせますよ!」と言うと、Οさんは「ほんとですかあ?うそでしょう?」
私は冗談のつもりで、「触ってもいいですからね」と言いました。

暫くしてタオルを巻いた妻達がやって来ました。
少しだけポッチャリした色気のある妻とスレンダー美人のMちゃん。

妻に「タオルの下、着けてるんじゃないの?」ときくと、
「ぜんぜんだよね〜、Mちゃん」だって。

Οさん、「2人とも早くおいでよ!」
2人が入ってきました。

私は「K子、Οさんの隣に行ってあげなよ。Mちゃん以外の女の人が傍にくるの久しぶりだろうし!」
Οさんも「じゃあ、M子はHさんの隣にいきなよ!」といい、2組が向かい合わせに入りました。 「 【スワッピング】友人夫婦と貸切風呂に一緒に入った結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【初体験】彼女の家で事に及ぼうとするも彼女の母親に見つかり出禁に・・・そしてついに卒業旅行で念願の二人きりになるも・・・

高二の夏に同じクラスの彼女に告白してつきあい始めた

背丈は150cmぐらい。

ちょい貧乳気味で、どこにでもいそうな明るい子

最初はちゅーだけしか許してくれなかったけど、
しかし悲しいかなやりたがりの高校生

その年の冬。

彼女の家やらで二人っきりになったとき
そう言う雰囲気になり(というよりした(笑))見つめ合いチュー

ブラウスの前のボタンを外そうとしたけどうまく外れず(T-T)

結局、ボタン取れちゃって(これはあとで怒られた)

ブラ越しに、ちょい貧乳気味の胸をもんだ。

「女の子の胸って柔らかいんだなぁ」なんて思いながら、柔らかな胸を楽しんだ

そのうちブラを上にずらし、直接触りだした
彼女の息も絶え絶えになってきて、あそこを触ってみるとちょっと湿ってた

「もういいかなぁ」なんて思って、パンティ脱がして、俺も下脱いで、
(このときなぜか焦ってて、下しか脱がさなかった)
今更ながら彼女に「いい?」なんて聞いて「うん」って言ってくれた。

しかし童貞と処女、入れようとしてもどういうわけか入らない・・・
色々やってみても彼女は痛がるばかりで、あそこも乾いてくるし
そんな彼女を見てると、次第に萎んできてしまった 「 【体験談】高校時代の初体験で勃たずに失敗→卒業旅行で再チャレンジするも・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【初体験談】小学校で好きだった子と中学生になって再会。お互い好きだったことが分かり・・・

中学の時の話、させてください。。。

まず、小学校のころまで話はさかのぼります・・・
小学校5年のころに転校してきたHさんという女の子がいました。
同じクラスに転校してきて、ほとんど一目ぼれのような勢いでHさんへの恋心は膨らんでいきました。

どうしてもHさんとメールがしたくて、親のケータイ借りてメールしてました。
しかしちょっとしたことでケンカになってしまい、音信は途絶えてしまいました。。
(と言っても毎日学校で顔をあわせているわけですが。)

まぁソノ後スグに仲直りできたのですが、気まずい雰囲気でした。
どうにかして私に好意を持たせようとこちらの好意をちらつかせる作戦に出た私は、
「Hは俺のこと好き?」とメールで聞いてみました。

返信は別にーみたいなちょっとツレない返事でした。
そして中学になり別のガッコに別れました。(俺は私立中なので)

中学にあがって2ヶ月くらいたってどうしても忘れられずメールを送ってみると、送れませんでした・・・(´;ω;`)
これで完全に吹っ切る決意をしたはずですが・・・

それからHさんとメールできない日々を経て、中2になりました。
Hさんのことを忘れかけて新しい恋ができそうなときに・・・いきなりメールがきました。
Hさんからです。

生憎ケータイは親に解約されてしまったのでPCからでしたが、
もう嬉しくて嬉しくて・・・

すぐ返信すると、PCだからか返信があまり早くありませんでしたが、とても嬉しかったのは覚えています。
向こうもメールしたかったらしく(じゃナゼメールくれなかったんだ!!)
ヒサビサに翌日会うことになりました。 「 小学校の時に告白してフラれた子から中学になってから連絡が・・・・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】処女の彼女との初えっちでやらかした失敗とは・・・

今から八年前の高三の時のこと。

県内の私立高校に通っていたが、高二の時通学途仲、毎日同じ電車で通う同じ学校の一学年下の子がいた。

平山綾に似た可愛い子だったので話しかけると、同じ中学の出身で自分と違う隣町の小学校の出身。

意気投合し毎日同じ電車で待ち合わせて登校するうち、初めの内は学校のことや中学時代のことなど話していたが、いつのまにか日曜日に会って、手をつないで歩いたり、ついにはキスまでするようになった。

そんな事が数ヶ月続き、お互い高三,高二に進級し八月のある日、彼女から両親が夜遅くまで帰ってこないので遊びに来ないかと言われ、何か良いことがありそうな気がして彼女のマンションに出かけた。 「 俺氏、彼女(処女)の実家で初エッチしてやらかす・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 」の続きを読む