閲覧数: 1,442 PV

読了時間:約 6

僕は都内でOA機器販売の営業をしている35歳の男です。 会社は都内の中心地にオフィスがあって、社員数は100人ちょっとです。 男女の割合が6対4位で、比較的女の人が多い企業だと思います。 それだけ女性がいると、当然可愛い娘が何…

閲覧数: 2,029 PV

読了時間:約 4

中学校の林間学校の時、憧れの女の子の部屋に忍び込んだ思い出があります。 憧れの女の子と一晩でも一緒の布団で寝ることができたこと、体のいろんなところをどさくさにまぎれて触ったこと、ほんとに今でも忘れられない経験です。 女子の部屋は…

閲覧数: 2,400 PV

読了時間:約 9

昨年の7月。 女房にヘソクリがバレてしまい、子供(小学校6年生)連れて、北海道に家族旅行するハメになってしまいました(泣) この金で吉原何回逝けるのか? ツアーの二泊目は、大雪山の麓のいかにも『シーズン中はスキー宿』って感じな…

閲覧数: 1,628 PV

読了時間:約 2

半年とチョット前、クラスメイトの男子2人と担任にHを目撃されました・・・。 その日は文化祭の練習と準備で夜の7時くらいまで同じクラスの彼氏と2人で教室に残ってました。 で、彼氏が「◯◯、ちょっとこっちおいで~」と優しい声でうちを…

閲覧数: 3,726 PV

読了時間:約 6

ここ最近、勝手に自分の中で流行っているプレイがあります。 それは同棲中の彼女の“プチ露出”です。 対象は俺ではなく俺の友人。 彼女が意図してない露出を、友人が偶然にも見てしまう。 その光景を気付かぬフリをしつつ観察する。 …

閲覧数: 4,100 PV

読了時間:約 3

妻とまだ恋人だった頃、妻の友人カップルと2組で、隣の部屋同士に宿泊した時のお話です。 妻はややロリッぽい可愛い女性で、体形はムッチリ、朗らかで明るい性格です。 一方妻の友人は、絵に描いたような清楚なお嬢さんで、大人しい性格です。 …

閲覧数: 3,024 PV

読了時間:約 4

僕が30歳になったころの春のことです。 僕は友達からの頼みでカットモデルになりました。 初めてのことだったのでどうしようかと思いましたが、ちょうど髪も切りたいと思っていたころだったので引き受けたのですが。 まあ無難に髪を切って…

閲覧数: 2,608 PV

読了時間:約 7

<スペック> 俺:学生、身長168cm、フツメン。 彼女:学生、身長155cmぐらい、昔の上戸彩似。 いつも元気でゲームとファッションとおしゃべりが何よりの大好物。 名前は『彩(仮名)』にしときます。 俺の誕生日だったから…

閲覧数: 3,787 PV

読了時間:約 2

オレは22歳、ルックスはイケメンだが、短小で早漏という欠点があるんだ。 (皮は剥けている!) だから女の子とエッチまでは割りと簡単にいけるんだけど、その後が続かない。 オレの勃起したスモールチンコを見て、あからさまに「ちっちゃ…

閲覧数: 3,093 PV

読了時間:約 3

俺と彼女と、彼女の親友の話。 新学期始まって早々、女の子にお約束の体育館の裏に呼び出された。 そこには二人の女の子がいて、片方の威勢のいい子が、「久美があんたのこと好きみたいだから、付き合ってくれないかな?」って言ってきた。 …

閲覧数: 5,933 PV

読了時間:約 3

小学校の頃、騎馬戦をやったのだが人数が合わなくて自分の騎馬だけ女子が上に乗ることになった。 最初は上に乗る女子も恥ずかしかったらしく、男子の腕にお尻をつけないようにして戦っていた。 でも次第に騎馬の体勢が崩れてきて右側を支えてい…

閲覧数: 3,684 PV

読了時間:約 5

テレビ番組のディレクターをやっている俺。 ローカル局の旅番組の取材での出来事です。 ローカル番組だと予算の都合上、ギャラの高いタレントさんは使えません。 たまに、“元ミス◯◯”みたいな下手なレポーターを使ったりするけど、その時…

閲覧数: 4,420 PV

読了時間:約 3

ヨーロッパの比較的大きな都市には、大抵、女性同伴の可能なおしゃれなポルノ映画館がある。 女性は無料または週末だけ無料で入館できる。 女性用と謳うだけあって館内は上品な絨毯が敷かれ、いかにもという装飾はなされていない。 独身の時…

閲覧数: 4,657 PV

読了時間:約 2

バイト先での話エッチしたりする話じゃないのであしからず。 そこにはパートで来ていた30歳の人妻がいて、俺は彼女に好意を持ってた。 ある日、だだっ広い倉庫の片隅でその人妻と二人っきりで商品の整理。 人妻が棚の上のほうから商品の箱…

閲覧数: 4,958 PV

読了時間:約 3

ぼくは二浪中の浪人生です。 適当な大学なら合格できるけど、自分の父は厳格で、有名大学じゃないと認めてくれません。 妹にはすごく甘いくせに・・・。 二浪中で小遣いも減らされたぼくの唯一の息抜きが、既に大学生になった友達がたまにく…