閲覧数: 1,168 PV

読了時間:約 4

投稿者:TVA さん(男性・10代) タイトル:バイト先の女子大生の先輩と初めてセックスした話 高校1年生の頃です。 毎月5千円のお小遣いじゃ足りなく感じ親にバイトがしたいと言ったところ、夏休みの間だけの短期ならOKと許可が降…

閲覧数: 1,851 PV

読了時間:約 6

投稿者:ぽぴお さん(男性・40代) タイトル:初めての寝取らせ…完結編 前回(【寝取らせ】妻(45)を私より一回りも大きな巨根男に貸し出した結果・・・・・)の続きを報告させて頂きます。 3日間、A氏に愛妻を差出し、その行…

閲覧数: 1,064 PV

読了時間:約 3

タイトル:密かなブーム!俺が撮影したコスプレ現場で実際にされていたXX体験! 俺は自分で言うのもアレだが所謂キモヲタってやつだ。 そんな俺がふとしたきっかけからコスプレ撮影会に参加、うっかり童貞を卒業しちまった体験について書いて…

閲覧数: 1,873 PV

読了時間:約 5

投稿者:エッチな弟 さん(男性・20代) 自分の兄弟とか家族が同性愛者だったらどうする? というか、「もしかして、自分の家族が同性愛者かもしれない」なんて思うこと自体、あんまりないのかもしれない。 俺も、そんなこと考えたこ…

閲覧数: 2,545 PV

読了時間:約 4

投稿者:ぼくちゃん さん(男性・20代) 僕には5歳離れた姉がいます。 姉の名前は「春海」で僕が小学校低学年の時から僕のちんこを触って遊んでくる、ちょっと変わった感じの女性です。 思春期が過ぎても「ちんこ」や「まんこ」…

閲覧数: 2,713 PV

読了時間:約 6

投稿者:MS さん(女性・20代) タイトル:私より背の低い可愛い男の子と付き合った中学生時代の話 ・出会いから初キスまで これは数年前、中学校に入学してすぐの話です。 入学した次の日、どんな人がいるのか確認しようと教室をグ…

閲覧数: 2,227 PV

読了時間:約 3

投稿者:コンビニ店長最高! さん(男性・30代) 俺はコンビニで働いてる三十過ぎ、とは言っても、経営者のほう。 正直、本部からの商品とかキャンペーン押し付けとか、本部による利益強奪とか、キツいこと多いけど、ひとついいことがある。…

閲覧数: 1,667 PV

読了時間:約 1

投稿者:レイチェルさん(男性・40代) タイトル:4P調教 私には定期的に調教してくださる女王様がいます。 先日、女王様のご友人のご主人様(私よりも年下のご主人様でした)とその方のM女奴隷とプレイさせていただきました。 …

閲覧数: 1,645 PV

読了時間:約 5

ツイッターのタグで「援交募集」「パパ募集」とか検索すると、援助交際目的の女の子とか大勢出てきます。 世の中はこんなに乱れてるのかという感想を抱かずにいられません。 中には目出し画像を載せてる子もいて、これは明らかにかわいいなぁと…

閲覧数: 2,411 PV

読了時間:約 3

彼女のMとは付き合って数年たつんだけど、お互い予定がなかなか合わないこともあって、どこか遠くに旅行にいったことがなかった。 仕事も波に乗ってきたので、休みを合わせて、2泊で温泉旅館に泊まりにいくことにしたのだが、その旅館には貸切露…

閲覧数: 2,961 PV

読了時間:約 3

俺の通っている大学にはとんでもないビッチがいるんです。 ビッチの名前はN子(仮名)。 日サロで焼いた肌に派手な格好をした、いわゆる黒ギャルってやつでしょうか。 対して俺は学業一筋のクソ真面目な見るからに童貞ボーイで、入学し…

閲覧数: 3,316 PV

読了時間:約 4

オレは今、朝起きると人妻にフェラしてもらっている。 詳しく言えば、朝の目覚ましがフェラと言うことだ。 朝になり、何か下半身が気持ちいいなと思うと、そこには人妻がオレのムスコをしゃぶってくれている。 なんとも男にとっては夢のような世…

閲覧数: 4,507 PV

読了時間:約 8

投稿者:いけない人妻さん(女性・20代) 29歳の専業主婦です。 5歳になる娘が一人います。 旦那は、単身赴任で今は離ればなれの生活を送っています。 ご近所に、娘と同じ幼稚園へ通う蓮くんという男の子がいました。 ある週…

閲覧数: 1,953 PV

読了時間:約 2

小学校5年生の時、女子から「ディープキスの練習がしたい」と言われた。 なぜかは分からなかったけど、俺も同意した。 放課後の音楽準備室、大太鼓の陰に隠れて舌を絡めあった。 だんだんその子の吐息が荒くなってきて・・・俺もなんだか股…

閲覧数: 2,016 PV

読了時間:約 4

昔、アパートで一人暮らしをしていたときの話。 斜め上に住んでいる独身の香奈ちゃん(仮名・矢口マ○似・24)が俺の家のピンポンを押したと同時にドアを開け部屋に駆け込んできた。 「ね、ねー、いるー?」 まあ年が近いせいもあって普段…