閲覧数: 1,171 PV

読了時間:約 5

ツイッターのタグで「援交募集」「パパ募集」とか検索すると、援助交際目的の女の子とか大勢出てきます。 世の中はこんなに乱れてるのかという感想を抱かずにいられません。 中には目出し画像を載せてる子もいて、これは明らかにかわいいなぁと…

閲覧数: 1,912 PV

読了時間:約 3

彼女のMとは付き合って数年たつんだけど、お互い予定がなかなか合わないこともあって、どこか遠くに旅行にいったことがなかった。 仕事も波に乗ってきたので、休みを合わせて、2泊で温泉旅館に泊まりにいくことにしたのだが、その旅館には貸切露…

閲覧数: 2,089 PV

読了時間:約 3

俺の通っている大学にはとんでもないビッチがいるんです。 ビッチの名前はN子(仮名)。 日サロで焼いた肌に派手な格好をした、いわゆる黒ギャルってやつでしょうか。 対して俺は学業一筋のクソ真面目な見るからに童貞ボーイで、入学し…

閲覧数: 2,308 PV

読了時間:約 4

オレは今、朝起きると人妻にフェラしてもらっている。 詳しく言えば、朝の目覚ましがフェラと言うことだ。 朝になり、何か下半身が気持ちいいなと思うと、そこには人妻がオレのムスコをしゃぶってくれている。 なんとも男にとっては夢のような世…

閲覧数: 3,880 PV

読了時間:約 8

投稿者:いけない人妻さん(女性・20代) 29歳の専業主婦です。 5歳になる娘が一人います。 旦那は、単身赴任で今は離ればなれの生活を送っています。 ご近所に、娘と同じ幼稚園へ通う蓮くんという男の子がいました。 ある週…

閲覧数: 1,482 PV

読了時間:約 2

小学校5年生の時、女子から「ディープキスの練習がしたい」と言われた。 なぜかは分からなかったけど、俺も同意した。 放課後の音楽準備室、大太鼓の陰に隠れて舌を絡めあった。 だんだんその子の吐息が荒くなってきて・・・俺もなんだか股…

閲覧数: 1,695 PV

読了時間:約 4

昔、アパートで一人暮らしをしていたときの話。 斜め上に住んでいる独身の香奈ちゃん(仮名・矢口マ○似・24)が俺の家のピンポンを押したと同時にドアを開け部屋に駆け込んできた。 「ね、ねー、いるー?」 まあ年が近いせいもあって普段…

閲覧数: 3,243 PV

読了時間:約 7

僕は37歳の独身男です。 自他共に認める風俗好きの風俗マニアです。 毎週必ずヘルスに行き、月一でソープを楽しむ生活です。 正直モテるタイプではありませんので、彼女が居ないのが理由かも知れませんが・・・。 先日、上野方面のファ…

閲覧数: 1,996 PV

読了時間:約 5

オレは大学時代にサークルでサッカーをしていた。 部活ではないサークルと言う世界だと、本気でやる人と遊びのグループが出てくる。 オレはどちらかというと本気だった。 サークルといえど、実は地域の中で色んな団体が集まる大会がある。 …

閲覧数: 2,465 PV

読了時間:約 4

オレはその日は仕事がいつもより遅くなってしまい、帰るころには完全に暗くなっていた。 まあ急ぎの用事もあるわけでは無いが、なんとなくそそくさと車に乗って帰宅本能が働きだす。 オレの借りているマンションは車で15分ほど。 飛ばせば…

閲覧数: 1,858 PV

読了時間:約 3

彼と結ばれてから一週間が過ぎました。 大袈裟に言えば『処女喪失』から一週間です。 処女から卒業して数日間は性器の痛みがひどくて辛かったです。 歩く時には両足の間を少し広げて歩いていました。 性器に彼の分身が刺さったような気分…

閲覧数: 3,089 PV

読了時間:約 4

会社に24歳の先輩がいる。 会社でアイドル的存在で松嶋菜々子似で、そうそう居ない美女です。 頼み事は何でも笑顔で引き受けてくれる。 俺にとっては高嶺の花でした。 彼氏は会社の人ではないという噂は何度か耳にしてました。 まぁ…

閲覧数: 2,295 PV

読了時間:約 4

オレは小さな料理屋さんでバイトしていたことがある。 全員で三人しかいないくらいの規模なのだが、一応会社を起業している社長が、趣味で出したようなお店だ。 しかし、調理長もホールチーフも一生懸命働いているので、お店はそれなりに評判がイイ…

閲覧数: 2,580 PV

読了時間:約 11

その夏は、バイクで大学のある所から田舎に帰るため、友達の家に寄りながら2、3日かけて帰っていた。 その日はA君の家に泊まる予定だったが、当日になって連絡が取れなかったため(夜には連絡取れたが・・・)かなりの疲労もあり、そのまま実家…

閲覧数: 2,845 PV

読了時間:約 9

両親が法事で一泊の予定で出掛けた日の夜。 当時、3つ下の高校3年の妹と、二人だけで宅配ピザを夕食に食べた後、リビングのソファーでくつろいでいた時だった。 突然妹が、「お兄ちゃん、耳掃除かヘソのゴマ取らさせて!」と耳かきと綿棒を持…