閲覧数: 209 PV

読了時間:約 1

投稿者:みーさん(女性・20代) 元々視られたいみたいのはあった私 高校生の時に援交で処女を失ってからエッチがめちゃ好きになりました。 その内の1人のオジサンが野外でエッチをしたがるのね。 始めこそ野外にめちゃ抵抗があっ…

閲覧数: 734 PV

読了時間:約 2

投稿者:みーさん(女性・20代) 中学の時にオナニーを覚えてから就寝前には毎日オナをしてから寝てました。 その頃の私 オナは皮の上から弄るだけだったけどアソコにペン入れてみたり 綿棒で直にクリを刺激してみたけど刺激が強す…

閲覧数: 1,082 PV

読了時間:約 3

投稿者:みぃさん(女性・10代) オレ…つっても女です。 オレが初めてオナニーシたのって何年ぐらいっけーって、ここのサイト見てて(覗いてて)思ったんです。 んで、確か…ニコ動で人気の動画ラン…みたいなのありますよね? そ…

閲覧数: 1,576 PV

読了時間:約 3

昨年の夏季休暇に私は会社の先輩から3日間だけペットの犬を預かってほしいと頼まれました。 なんでも彼氏と旅行に行くらしくて、その間犬の世話をする人がいなくて困ってたとか。 幸い私はペット可のマンションに住んでいたし、先輩には普段か…

閲覧数: 1,767 PV

読了時間:約 3

女子大に通う、サチ(20)です。 今通っている大学は、第一志望の大学ではありません。 第一志望の大学には、あることが原因で通うことができませんでした。 その原因とは、オナニーです。 小学校の時、臨海学校で友達が「床におマタス…

閲覧数: 1,698 PV

読了時間:約 6

以前どこかの掲示板で私の体験と非常によく似た体験談が書かれていたので私も書き込んでみます。 それは私が高2の時のお話です。 当時私はサッカー部のマネージャーをしていました。 自分で言うのも何ですが、高校に入った時からだけでも告…

閲覧数: 1,545 PV

読了時間:約 5

私は女なんですけど、昔から女の子が好きでした。 正確には、清楚だったり、真面目だったり、エッチなことに興味がなさそうな私好みの女の子が、エッチなことを覚えて堕ちていくのが大好きです。 男性の趣味に近いと思います、男性だったらこん…

閲覧数: 1,667 PV

読了時間:約 3

都内の会社で事務職をやっている27歳の女です。 私は小額生の頃から背が高く、そのことがコンプレックスでした。 男子からはよく電柱だのエッフェル塔だのからかわれて嫌な思いをしたものです。 それだけならまだ良かったのですが、高校に…

閲覧数: 1,805 PV

読了時間:約 7

運動不足で体型が気になり始め、スポーツジムに通うことにしました。 初めはおばちゃん達とお喋りしながら楽しくトレーニング、って思ってたんですが、段々物足りなくなり、コーチからも「もう少しランク上げてみない?」と後押しの言葉もあって、上級…

閲覧数: 3,848 PV

読了時間:約 8

投稿者:いけない人妻さん(女性・20代) 29歳の専業主婦です。 5歳になる娘が一人います。 旦那は、単身赴任で今は離ればなれの生活を送っています。 ご近所に、娘と同じ幼稚園へ通う蓮くんという男の子がいました。 ある週…

閲覧数: 1,675 PV

読了時間:約 11

夏に向けた水着の営業をしている。 何種類か会社が小売店に卸す中で、サンプルを持参して売り込む。 中国製の安っぽい水着や下着を私は売り込んでいるが、正攻法ではあまり売れたことが無い。 今日は下町の中規模の卸会社。 社長は40に…

閲覧数: 1,494 PV

読了時間:約 9

アロマセラピーのサロンで働いてる26歳の女です。 マッサージ師ではなくセラピストですがここにレスさせてください。。 去年の夏、指名のお客様とサロン内で施術中、恥ずかしくて人に言えないようなエッチな事をしてしまいました。 …

閲覧数: 1,445 PV

読了時間:約 11

私の会社で課長だったKさんは、 去年引き抜かれて取引先の会社へ転職しました。 入社してからいろいろ面倒をみてくれてたので、やはり寂しかったんですが、 退社記念飲み会では「スパイになってやるよ!」と冗談をいってました。 ちなみに私…

閲覧数: 1,455 PV

読了時間:約 2

これは私が彼氏とデートした時の話です。 彼はSで、私はかなりのドMなので、普段のエッチも主導権は私にはありません。 ある日、彼がカバンの中から遠隔操作のバイブを取り出し、私にトイレで入れてくるよう命令してきました。 早濡れ…

閲覧数: 1,897 PV

読了時間:約 6

あたしは、かなり若い彼とベッドを共にしていた。 家出してきたという自称十六歳の男の子の悩みを聞いてやって、そのままなんとなく。 『なんとなくクリスタル』なんて小説があったっけ。 彼とは面識があった。 市立図書館で、あたしは司…