このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】本来の用途ではない穴ですもんね・・・

投稿者女性は夫が単身赴任のため、寂しい思いをしていた。そして浮気をしてしまう。二人目の浮気相手にアナルを開発されるも怖くて会わなくなった。しかしその後、久しぶりの夫とのセックスになぜか満足できない。すっかり自分がアナルマゾになってしまったことに気づいた投稿者は思い切って夫にお願いしてみると・・・。

anal

私は結婚して15年目の38歳の主婦です。

旦那は現在単身赴任中で家にはほとんど帰ってきません。
その為、寂しさを紛らわすためには他の男性と肌を合わせるしかありませんでした。

私が初めて不倫したのは・・・、旦那が単身赴任を始めてわずか1か月後のことです。
この頃、近所の奥様方とよく喫茶店に言って話をしていたのですが、皆さんが夜の生活の話ばかりするので寂しさが倍増してしまいました。

奥様1「私の旦那はすぐに発射するからつまんないわ」
奥様2「あーら、うちなんてしつこく乳首しゃぶってきますよ。旦那と赤ちゃんがおっぱい吸ってくるんです」
私たちはこんな話を喫茶店の中でしていました。

しかし、私の番になると何も言えなくなってしまい気まずい思いを何度もしました。
だって、旦那とは離れているからエッチできないんです。

私が困っているのをいつも熱い視線で見ている店員がいました。
その人が初めての浮気相手のバイト君です。

彼は私の話を聞いてくれて・・・、時間がある時はデートに誘ってくれました。
彼と一緒にいると寂しさを忘れることができて本当に楽しかった。

でも、彼と一度エッチをしてしまったら・・・、彼はいつも身体ばかり求めるようになりました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】先輩に言われた通り1万円の金券を5枚用意したのだが・・・

投稿者男性は去年のクリスマス、「たくさんの女性とエッチしたい」という目的のために先輩から聞いた方法で女性を落とすことに。それは「1万円の金券を準備してプレゼントの代わりに渡す」、という方法だった・・・。

christmas

1年もあと少しで終わりですが、年の終わりの前に男女にとって最大のイベントがありますね。
そうです「くるしみます」、あーじゃなくて「クリスマス」ですね。

クリスマスと言えば・・・、男性が女性にプレゼントを渡してセックスチャンスをゲットする日。
今年のクリスマスのために現在様々な情報を収集中ですが、せっかくなので去年のクリスマスに関わる僕の体験でも聞いてください。

去年の11月ごろから、クリスマス攻略法について考えていた。
僕は恋人もいないし、ほとんど女性経験がないのでとにかくたくさんの女性とエッチがしたい。
とりあえず、会社の上司に女性へのクリスマスプレゼントは何を渡せばいいのか聞いてみました。

上司「クリスマスプレゼント?チンポにリボンでもつけてプレゼントしたらどうだ?」
僕「先輩、真面目にお願いします」
上司「どんな女性にプレゼントを渡したいんだ?」
僕「えーっと・・・」

よく考えてみたら恋人がいなかったんだな。
特にお付き合いしたい女性もいなかったので・・・。
僕「エッチできそうな女性かな(笑)」
上司「あーん、トラブルになるようなことだけはするなよ」
僕「はい、大丈夫ですよー」

上司「いいかー、信販系の金券を一人1万円として考えて遊びたい人数分用意すればいいよ」
信販系の金券?あー、ほぼ額面通りで取引される金券ですね。

上司「女は物より金を欲しがるからな、でも金だとあからさますぎるだろう?だから金券にしておくのさ」
なるほど!さすが先輩です、すごく勉強になりました。

上司「いいか、本気で好きな女性には金券やるなよ、真面目にアクセサリーでもプレゼントすればいい」
僕は先輩に感謝してこの日の飲み代をおごった。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】普通の女の子が普通に¥交してる時代・・・

投稿者男性が数年前に出会い系サイトで知り合った女の子。いきなり電話番号を教えてくれたのでかけてみると、携帯代を払ってくれたら会ってもいいとのこと。しかもいきなりホテルで。会ってみると意外に普通の女の子だったのだが・・・。

jd

数年前の事を思い出したので書き込んでみようと思う。

出会い系でで女の子をさがしていたら、
いきなり電話番号を交換できた女の子が居た。

そして恐る恐る電話を掛けてみると結構明るい声の子が出た(T子と言ってた)。

「どんな人を探してるの」って、紳士的に話すと
「携帯代を払ってくれる人・・・」だと。

こっちは暇だし、すこしならお金もあったので
「どのくらいお金がいるの?」って聞いたら
「一万五千円くらい・・・」だって。

困っている子は助けないといけないと、紳士的に(しつこいか・・・)

「じゃあ、一緒に食事をしてくれたら考えてもいいかな」ともちかけると
「地元だから、それはできません、ホテルでお話でいいですか」
と、話がうますぎる展開。

あってみると歳は19で見た目普通の子で、
良くこんな子がホテルに誘うよなと感心した。

T子はホテルに入ると
「ほんとに助けてくれるんですか?」と上目遣い(エロい)。

わかったよとお金を渡すと
「今日は半日暇なんですよ、ゆっくりしていいですよ」
とうれしいことを言ってくれる。
(ちなみにホテルインが午後1時)

T子は部屋を探検した後、テレビゲームを始めた。
楽しそうに一人でやっているので、そのままにして俺はビールを飲みながら、
たまに相槌を打ったりしていた。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】初めての3Pにドキドキしながら行ってみると・・・

投稿者女性は生理前でムラムラしていたので出会い系サイトで相手を募集することにした。すると一人紳士的な印象のいい男性が見つかり、その人にお願いすることに。しかしその時、写メを送ってきたイケメンが。そこで彼女は以前からやってみたかった3Pをしてみたくなりお願いしてみたら・・・。

3p

女性の多くは生理前にムラムラしてしまう性質を大なり小なり持っていると思います。
私はその生理前のムラムラがかなり強く、誰とでもいいからエッチしたいと思うこともしばしばです。

大体は悶々としながら一人で慰めることが多いのですがその日はどうしても我慢できなかったので無料の出会い系サイトで「気持ちよくしてくれる人募集」と投稿しました。

そうしたら40人くらいの人がメッセージを送ってきました。
その中で紳士っぽいいい感じの人がいたのでその人と会いたいと思い返信しました。

すぐに「どこで会おう」と言う話になりました。
そんな時です。ある男性から写メ付きのメッセージが来てそれがめちゃくちゃイケメンでした。

同い年で爽やかだったためどうしようかすごい迷ってしまいました。
以前から3Pもして見たいと思っていたのでその紳士っぽい人(タクヤさん)に「3Pって出来ますか?」と聞いたらあっさりオッケーしてくれました。

そしてイケメンの(ユウジくん)にも大丈夫かと聞いたらユウジ君の方は1対1の方がいいんだけどなぁと渋々ながらも了解してくれました。

最初駅前のカフェで待ち合わせたのですがタクヤさんは思った感じの年上で落ち着いた人だったのですがユウジ君は写メとは全然違ってなんなら不細工な部類でした。

それでも私の性欲はマックスだったのですぐにホテルに行きました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】ライブチャットで出会いを探してたら・・・

投稿者男性が出会いを求めてライブチャットを始める。1対複数で話す形式のサイトだったのだが、しばらくして投稿者と二人っきりになる。そこで回線の状況が悪くなり、通話をすることになるのだが・・・。

live

出会いがないと嘆いている人が多い中私はひたすら出会いがどこかに転がってないか探しています。

そんな中先日初めて某有名動画配信を使ってみることにしました。
そのサイトはサイト内でやりとりでき配信者に対してチャット感覚で話すことが出来ます。

最初は「何してる人?」とか「趣味は?」などという話で盛り上がっていたのですが徐々にきわどい話になっていきました。

しかもそのサイトは1対1のやり取りではなく、配信者対複数と言う構図で私の他に4人の視聴者がいました。

4人のうちの一人が「顔見せて」とか「上着脱いで」と徐々に調子に乗ってきたのが丸わかりでした。
ノリのいい配信者だったため徐々にエッチな言葉を言わされるようになり徐々に盛り上がってきました。

ところが希望に応えて来たのですが電波が悪かったのか徐々に反応が遅れ始めてきました。
それに焦ったさを感じた3人はその部屋から退出してしまったので1対1になってしまいました。

1対1になってしばらくやりとりしていたのですが、電波が悪いからということで急遽通話しない?と言われてしまいました。

通話をすると相当欲求不満なのかエッチな話が多くなり「やりたい」と言う言葉を連発してきました。
場所を聞くと1時間程度で行ける場所だったので、冗談半分で「今すぐ会おうか?」と言うと「家に来てくれるなら」となんと願っても無いお誘い。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】四十路女が息子みたいな歳の男の子と・・・

投稿者女性は四十代の既婚者。ネットでグループチャットをしていたらオフ会をしようということに。チャット上では独身ということにしていたのでオフ会にもその設定で参加。しかしそこで運命的な出会いが・・・。

jukujo

私は25歳くらいまで年上が好きでちょっとでも年下となると恋愛対象外でした。
しかし30も過ぎてくると渋いおじさんより可愛い年下の男の方が好きになるようになりました。

現在私は40なのですが先日なんと20の男の子とエッチをしちゃいました。

事の成り行きはグループチャットでした。
特に何するわけでもないのですが雑談をメインとしたグループチャットで既婚者、独身が入り乱れていました。

年も20から50と幅広く毎日特に決まったテーマはなかったのですが盛り上がっていました。
そんな中下心丸出しの男性がオフ会でもしない?といい、オフ会する事になりました。

それが先週の出来事です。
グループチャットのメンバーは全員で20人近くいるのですが、集まったのは男7女5でした。
私は既婚者でしたが、既婚というとチャットで独身と言っていたのでそこでも独身の体で行きました。

男性は20代1人、30代が3人、40代が3人、女性は20代が3人、30代が1人、40代(私)が1人でした。

オフ会を企画した人は20代の女の子に猛アプローチをかけていてちょっと入れなかったです。

私は30代の人が声かけてくれないかなと思っていたのですが意外にも仲良くなったのは20代の男の子でした。

そこそこ可愛い感じで男性陣の中では2番目かなと思ったため私なんて相手にしないと思っていたのですが、かなり礼儀正しく、私の隣に来るとチャットの内容を覚えていて「趣味は〜〜ですよね」とかこの間「OOに旅行に行ったんですよね」と全て覚えてくれていました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】かなりグロテスクな内容になっておりますのでご注意ください・・・

投稿者男性が学生時代に体験した恐怖の出来事。当時、出会い系で女性を探していた投稿者だったが、連戦連敗を重ねるうちに誰でもいいからエッチがしたいと思うようになる。そしてついにコツをつかんで20歳も上の女性と会うことになる。しかしこの女性がとんでもないジョーカーだった・・・。

hentaijukujo

僕が学生の頃の話だけれど・・・、お暇な方は目を通してくださいな。

出会い系サイトで簡単に女性とエッチするには、多少のコツだけでうまくできた時期があったんだ。
始めは連戦連敗が続き性欲だけが溜まっていったから、変態オナニーばかり覚えていった。

出会い系サイトで失敗するたびに僕自身への罰として、洗濯ばさみで乳首を挟んだり、缶コーヒーを陰部にグリグリ押し付けたり・・・、気持ち良くはなるけれど罰なので射精は厳禁というルールでやったんだ。

そのため、頭の中は常に性欲で支配されて、どんな女性でもいいから射精させてほしいと途中から考えるようになった。

何度も失敗を繰り返していくうちに、ついにコツを掴むことができた。
このコツをうまく利用して女性を口説いてみた結果、何と20歳も年上の自称変態の女性と会うことになったんだ。

20代の僕が40代の女性と会うって、これはもしかして女性の方がオイシカッタ???
まぁ、細かいことを気にせずに約束場所で待ち合わせをした。

待ち合わせ場所に行くと、ちょっと派手目のおばさんがいた。
一瞬、このまま逃げてしまおうかと思ったけど何週間も発射していなかったため、正常な判断ができなかったのだろう。

僕「お待たせしてすいません、僕がマイケルです」
マイケルと言うのは僕の偽名、ただのハンドルネームってやつだ。

熟女「あらマイケルちゃんね、可愛いわぁ~。私は聖子よ」
彼女の名前が本名かハンドルネームか知らないけれど、とりあえずこのまま近くのホテルに向かった。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】最初は素っ気なかったが、下ネタを振ると・・・

投稿者男性が35歳の頃にでバイクサイトで出会った40代の熟女ライダー。エロ写メをやり取りするほどの関係になり、いつか会ったらセックスする約束までして3年。ついに直接会うことになる。大型バイクに乗って現れた彼女は写メの通りのFカップ巨乳熟女だった・・・。

kyonyujukujo

35歳の頃、俺は某バイクのサイトで6歳年上のチエさんと言う女性ライダーと知り合ってメールをするようになった。

他県に住むバツイチの子無しだ。

彼女とはほぼ毎日メールで話していたが、レスはイマイチ素っ気ない・・・。

そこで俺はダメもとで下ネタを話したところ、何と彼女はいきなり裸の写メを送ってきた!!

しかも、嬉しい事に彼女は俺好みの巨乳のFカップだV(^-^)V

乳首にはまだ赤みが残っており、乳輪もけっこう大きめだ。

かぶりつきたくなるような美巨乳!!

無防備だなあと思いながらも、お返しに俺もチンポの写メを返信すると、「ちんこ下向いてる~(-.-;)」なんてお返事。

改めて勃起チンポを撮影して彼女に送ったところ、一気にメールの通じが良くなり、以後毎晩ノリノリでエロメールをするようになって、

「そのうち会ったらセックスしよう!!」

と約束までしてしまった。

3年経って、ようやくチエさんはツーリングで俺の地元に来る事になった。

よって俺38歳、チエさん44歳の時の話になる。

当日、フェリーターミナルで彼女と初対面!!

お互いにフルフェイスのヘルメットを脱いで「お初ぅ!!」でご挨拶。

写メで見た通り、熟女と言うにはまだ若さの残るややぽっちゃり気味だが、決してデブなんかじゃない容姿で、セミロングのヘアスタイルだ。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】金の力で女子大生もモノにできる・・・!?

投稿者男性が出会い系で出会った女子大生との話。最初、食事だけで1万という高額な要求にムカっときたのだが、写メがかわいかったので会ってみることに。すると意外とオドオドとした感じの子だったので、大金をはたいて家に上がらせてもらうことに・・・。

jd

女子大生。素敵な響きですよね。

私はなんと46の時に21の女子大生であるエリを彼女同然にしていました。
彼女と言うより性奴隷といった方がいいでしょう。

その女子大生はまあまあ可愛い感じの子です。
出会ったきっかけは無料の出会い系でした。

「今月ピンチで助けてくれる人募集」とありました。
普段ならスルーするのですが冷やかし半分にメッセージを送ったらすぐに返信が来ました。

「ご飯だけで一万」という条件になめてるのか?とも思いましたが写メが可愛かったし女子大生と言うこともあり会う事にしました。

会ったらけっこうオドオドした感じで断れないタイプという感じがしました。
ご飯を食べている間紳士を振る舞いどれ位お金がないかを聞きました。

ご飯だけで一万と言う事でしたがその子が一人暮らししているという事もあり、家でやらせてくれたら5万円あげると言い家に上がらせてもらいました。

家に上がっても紳士を続けます。
割れやすいガラスを扱うように丁寧に身体ハグをしたりキスをして安心感を与えます。

「んっ」と小さい喘ぎ声が出たためあそこを舐めます。
責めている間「かわいいね」「今までやった子の中で一番おいしい」とおだてまくりました。

段々女の子が心を開いてくるのが分かりました。
首に捕まってきて「耳舐めて下さい」と言ってきたり自分からフェラをしてきたりしてきました。

あまりうまくなかったけど「うますぎ、エリちゃん誰にも渡したくない」と言って楽しんでいました。
あそこを舐めまくったら「気持ちいです」と言ってきたので「彼女になってくれたらもっといっぱい舐めてあげる」と言ったのに対して頷きました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】男に騙され女に走った女の末路・・・

投稿者女性は大学3年にしていまだに処女だった。そして出会い系に手を出すも年齢詐称され来たのはオッサン。トラウマになり男性恐怖症に。それでも性欲は増すばかり。そこでレズの書き込みを見た投稿者はついに禁断の世界へ足を踏み入れるのだが・・・。

rezu

去年の夏の話です。

私は大学三年で暇を持て余していました。
男性には興味があったのですが誰からも告白されず、ずっと処女でいました。

ネットで一人仲良くなった男性がいたのですが、会う前は23と聞いていたのに実際あったら40歳の方で「無理」というと乱暴されそうになりました。

なんとかホテルに入る手前で逃げることができたのですが乱暴されそうになったのがトラウマで男性が信じられなくなりました。

それでもエッチしたいという願望は強く生理前になると疼いてしまってオナニーでは満足することができないくらいになってしまいました。

そんな時目に飛び込んだのがレズの書き込みです。
相手が女性ならちょっと安心かもと思ったのです。

そのサイトを見つけてからというもの私は「女性にクンニされてみたい」と思うようになってしまいました。

いくつか書き込みを見ていくと比較的近い場所で友達募集がありました。
ドキドキしながらメッセージを送ると返信がすぐ来ました。

しばらくそのサイト内でやり取りをしていたのですがやがて「メールアドレス教えて」と言われ教えました。

この記事の続きを読む