閲覧数: 2,163 PV

読了時間:約 5

以前会社に、怜奈って子がいた。 この怜奈って子は、完璧な子で、当時入社二年目で24歳、身長は160cmくらいでそれほど高くないけど、女子社員から聞いた話だと、Eカップでかなりの美乳。 父親は取引先の重役で(なので、コネ入社って言…

閲覧数: 1,957 PV

読了時間:約 3

新宿の某ビル内で働いていた頃の事です。 女性総合職では一番年下だった私は、いつも要領が悪く最後まで残って残業してました。 そうすると当然、書類を待っている課長も残る事になってしまって・・・。 いつも、「お先にどうぞ」と言っても…

閲覧数: 3,728 PV

読了時間:約 7

会社に短大を卒業したばかりのKが配属されました。 Kはポニーテールで化粧にも慣れておらず、見ているだけで緊張が伝わってきます。 顔はカワイイ系で今で言う白石美帆似、ほんわかしたお嬢様といった感じです。 一目見て驚いたのは、脚がきれ…

閲覧数: 1,855 PV

読了時間:約 6

同棲中の彼氏がいたのですが、浮気をしてHをしてしまいました。 相手は男前社員の宮田さんです。 彼氏と大ゲンカした私は「相談したい」と一緒に飲みに行き、たくさん飲まされて、勢いで酔っ払い、彼の部屋で介抱されることに・・・ 宮…

閲覧数: 3,301 PV

読了時間:約 11

今年の8月の話になります。 私は去年の秋に再就職して1年を迎えようとしています。 測量という仕事で、外で働く機会が多いんです。 職場は10人程の小さな所で、いつも一緒に動くメンバーは決まっていました。 若手20代の男性2人(…

閲覧数: 2,667 PV

読了時間:約 4

オレ(既婚)、M美(独身で2歳年上)。 食ったってより、結果食われた話。 M美には最初、彼氏がいたしね。 オレも結婚したばかりだったので、仕事の話オンリーだったわけだ。 翌年に職場の飲み会があり、1次会では普通に飲んでたが・…

閲覧数: 2,890 PV

読了時間:約 10

俺は23歳で看護学校を卒業して看護師になった。 同期で一つ下の俊二、啓介も同じ病院の看護師として働いてて俺達は仲が良かった。 そして朋美ちゃんと直子ちゃんと美恵ちゃんも同期で仲が良かった。 女は他にも何人かいたが、この3人とは…

閲覧数: 3,298 PV

読了時間:約 8

俺は愛媛県のある片田舎に住んでいます。 職場からは家が遠く、毎朝車通勤で中心部に働きに行ってます。 結構遠いのでかなり面倒臭い。 特に、出勤の会社まで行く長い運転はストレスが溜まる。 そんな日々のストレスの解消法は風俗! …

閲覧数: 3,145 PV

読了時間:約 4

会社に24歳の先輩がいる。 会社でアイドル的存在で松嶋菜々子似で、そうそう居ない美女です。 頼み事は何でも笑顔で引き受けてくれる。 俺にとっては高嶺の花でした。 彼氏は会社の人ではないという噂は何度か耳にしてました。 まぁ…

閲覧数: 3,088 PV

読了時間:約 2

会社の皆と飲み会。 翌朝、俺の横には事務の娘が全裸で寝てた。 俺も全裸だった。 そんな事よりもだ、それ以上に問題点があった。 大量の乾燥ワカメが、水で戻した状態で2人の全身に張り付いてた。 事務の娘の穴(2ヶ所)には大量の…

閲覧数: 3,504 PV

読了時間:約 11

妻がたまたま連休が取れた為、実家へ帰る事になった。 その日は夕方から会社の新入社員の歓迎会があって参加する事になってたんで、夕飯の心配もなければ多少遅くなっても文句も言う奴もいないんで、羽を伸ばせるなぁなんて思ってた。 総勢20…

閲覧数: 3,330 PV

読了時間:約 7

先日会社の部下がマイホームを買ったというので、お祝いに駆けつけました。 この部下は最近結婚したばかりで、一度奥さんにも会ってみたかったので、ちょうど良い機会だと思い、忙しいところ時間を作りました。 地図通りに駅から5分くらいで、…

閲覧数: 1,870 PV

読了時間:約 5

先日、転職して憧れの法律事務所の受付に転職しました。 そこはとても小さな会社で、女性は私一人、あとは男性が5人いました。 初日の月曜日は右も左もわからない状態で大変でしたが、二日目の火曜日になると、いくつか仕事も覚え、楽しくなってき…

閲覧数: 3,892 PV

読了時間:約 9

先週の金曜日の話。 仕事を終え身支度を整えてると総務課のEちゃんがトコトコとやってきて・・・。 E「あのぉ~・・・先輩、ちょっといいですか?」 俺「ん?なに?」 話を聞いたら悩み相談だった。 もちろんひとつ返事でOKをし、…

閲覧数: 3,392 PV

読了時間:約 5

寿退社したリエという、年(29歳)の割に童顔で可愛い子に前々から憧れていた。 1年ぐらい会えなくて妄想ばかり膨らみ、我慢ができなくなったので、ご主人がいない事を祈って、たまたま近くに寄ったフリをしてマンションのベルを押すことにした。 …