このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】禁断の親子丼・・・

バイト先のバツイチのパートさんと肉体関係を持つ大学生の男。彼女に頼まれて中学生の息子の家庭教師をする事になる。ある日、彼女が家を留守にするので泊まることに。息子と一緒にお風呂に入っているとなんとおちん○んが勃起していた・・・!

oyakodon

もう16年前の話です。

当時大学3年生だった私は、バイト先の38歳のパートさんと肉体関係にありました。

彼女は真矢ミキさんに似た美人バツイチで、その匂い立つ色気に私は若さの全てを吸い取られていましたから、彼女をミキさんと呼ぶことにします。

ミキさんに出会うまで私はロリコン気味で、女子中学生や女子高生とばかり付き合っていました。

でも、大人の女の色気と妖艶なまでの淫乱を知った私は、女性の美しさを思い知らされたのでした。

柔らかな白い肌、男を知り尽くした淫猥な陰唇、勃起して剥き出た淫核、蠢き陰茎を誘い込む膣穴、蕩けるように包み込む膣壁、くねらせる腰、

「あっ・・・あはぁ~・・・」
快楽の啼き声、熟した女とはこうも猥褻な生き物なのかとすっかり虜になっていました。

そんなミキさんには裕紀という中2の息子さんがいました。

裕紀はマッシュルームカットのような髪型で、どことなくユニセックスな顔立ちでとても可愛い男の子でした。

その裕紀は、成績もいいのですが理数系が弱く、工学部の私に家庭教師の白羽の矢が立ったのです。
中学2年の後半、私は裕紀の勉強を見てやりながら、ミキさんの旨い体を味わっていました。

私は、3年生が終わって春休みになりましたが、裕紀の中学2年がまだ終わらなかったので帰省せずにいました。

そんな時、ミキさんがふるさとで同級会があるとかで、一晩ミキさんの家に泊まることになったのです。

男同士、一緒に風呂に入ると、裕紀はじっと私の陰茎を凝視すると、急に背中を向けたのでどうしたのかと思ったら、裕紀は思い切り勃起させた陰茎を手で隠していました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】高校時代に撮られた変態マゾ写真を会社の先輩(女)に知られ・・・

投稿者男性は、中学1年の時、近所の自転車屋のオジサンにイタズラされたことから体を開発された。そして高校に入り、オジサンの紹介で出会った熟女に童貞を奪われ、変態マゾ写真を撮られる日々が続いた。そして社会人になり、変態趣味は封印していたのだが、ある時、会社の先輩に昔の変態マゾ写真を見せられる・・・。

josoko
私は、妻子ある31歳の会社員です。

結婚して6年の妻は36歳、優木まおみさんに似た見目麗しい美人です。
そんな私は、女性との性体験より、男性との性体験の方が先でした。

私が中学1年の2月の事です。
当時、私は数回の無性を経験していましたがおねしょだと思ってドライヤーでパンツを乾かしていたくらいで、オナニーすら知らないウブな男の子でした。

中学に入ってからよくおしゃべりするようになった、通学路の途中にある自転車屋の40歳くらいの小太りのオジサンに初めて性的な悪戯をされました。

自転車通学だった私が、帰宅途中に転んでチェーンが外れて悪戦苦闘していると、通りかかったオジサンが軽トラックに自転車を載せて、お店で直してくれました。

オジサンは、転んで膝をすりむいた私の足を浴室で洗ってくれたのですが、その時、私の股間に何度も肩や頭で触れて、勃起させたのです。

「おや?直貴君・・・オチンチンが硬くなってるぞ。」
私は真っ赤になってしまいましたが、足を洗った後にオジサンは、
「直貴君、パンツを脱いでごらん。」
と言って、私の仮性包茎の陰茎を剥きました。

「直貴君、これはダメだよ。ちゃんと皮を剥いて、洗わないとね。」
オジサンは、石鹸で恥垢を綺麗に洗ってくれましたが、それが何ともイタキモで、ウットリしていると、
「何だ、直貴君は感じているのかい?そうか、仕方がないなぁ・・・」
そういうと、オジサンは私の陰茎をパクリと咥えて、フェラを始めました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】大学2年の時、ぼっちだった投稿者男性は同じぼっちのかわいらしい女の子とよく授業が一緒だった。ある日、その子がしばらく学校を休んだことからノート貸してほしいと頼まれ、話すようになる。そしてクリスマス、意を決してデートに誘う投稿者だったが・・・。

思い出は美しい

20歳、大学2年の秋、俺はぼっちだった。

友達がいないのでいつも一番前の席で真面目にノートを取っていた。

同様にいつも一番前が指定席のコがいた

メガネをかけて真面目そうなコで、黒髪で可愛いかった。
実質隣の席でありながらコミュ障な俺は一年間話しかけることもなく秋を迎えていたのだった

スペック
俺 Fラン大学生 ぼっち 童貞
彼女 可愛い

秋から冬になろうとするころ、
世間ではインフルエンザが流行っていた。

馬鹿は風邪を引かないので俺は無敵だった。
その子は1週間くらい見かけなかった。

言い忘れたが、授業は選択式だったが結構な数がそのコとかぶっていた

しばらくして、そのコと再び授業で会った

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性には美少年の甥がいた。その彼が高校を卒業したくらいに、相談があると投稿者の元へ現れる。驚く事に彼は女装で現れたのだった・・・。

懺悔、ということではないけれど、少し後味の悪い経験をしてしまったので、ここに告白してすっきりしようと思う。

まず前提として、私は普通に女性が好きな、今は38歳になる男性だということを頭に入れておいて欲しい。

甥に幼少の頃から綺麗な顔立ちをしていた由希君がいる。

男の子だけど両親揃って美形ということもあって、幼い頃は女の子に間違われ、女の子の服を着ていた。

小学校に入って普通に男の子として育てられたものの、子供の頃から私に懐いていてくれて、「将来、おじさんと結婚する」と、小学校低学年までは言ってくれていた。

それも大人になるに連れて交流は年一回、正月の親戚の集まり程度になり、格好いい少年に成長していった。

だけど彼が高校を卒業したこの間、相談があるといって私のところに来た。

女装で。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】大学時代に塾講師をしていた投稿者は3人の人間と付き合っていた。塾の経営者の女性と、生徒の女の子、そして同じく生徒の男の子だ。熟女とロリとショタを手に入れた男は変態趣味の限りを尽くして彼らを凌辱していく・・・。

俺が大学2年の時、付き合っていた4年生の先輩の後釜で塾講師のバイトをしていた。

先輩が卒業した後、大学3年と4年の2年間、俺は3人同時に付き合うことになった。
今から8年前の話だ。
1人は塾の経営者で41歳の百合さん、もう1人は塾の教え子だった15歳の有美、そして同じ塾の教え子で有美の幼馴染のタケル君の3人だった。
そう、タケル君は男が好きな15歳だった。

百合さんのご主人は単身赴任なので、週末以外は俺の体が性欲の捌け口になっていた。
百合さんには、オンナが悦ぶセックスを教わった。
俺は百合さんに言われたとおりに腰を動かす。
百合さんは、ギャンギャン喘いで逝きまくった。
165cmと女性にしては長身で、スレンダーな肢体が艶かしい百合さんは、普段は知的で清廉な淑女だが、俺とセックスするときはまるで別人だった。

俺は有美に、タケル君と付き合って欲しいと言われて絶句した。
そこで、俺は交換条件として有美の青い性を要求した。
俺は有美に中学時代の制服を着せて猥褻なデジタル画像を撮影した。
まだ男を知らない性器もドアップで撮影してから、処女喪失動画を撮影した。
今でも俺の宝物だ。

俺は卒業までの2年間、火、木、土曜日は有美を味わった。
俺は、月、水曜日は百合さんにオンナの悦ばせ方を教わり、有美にオンナの悦びを教えた。
有美は147cmの色白ムッチリロリータだった。
お子様ファッションに小学校時代のランドセルを背負わせたらリアルだった。

今後週3回セックスをしていけば、可愛いピンクのアソコもめくれてくるだろうと考えた俺は、早いうちに小学生スタイルでハメ撮りをした。
ピンクの純情膣穴にバックから挿入して、ツインテールとランドセルを揺らした。

「ヤン、ヤン」
とアニメ声で可愛く喘いだ。
そろそろ生理が近いので、思い切って中に出した。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

私は32歳、結婚5年で子供は無しです。

今は小●6年(この春から中●生)の男の子二人をペットにして遊んでいます。

裕君は主人の親戚にあたり、小●生にしては大柄ですが、目がクリッとしたかわいい顔立ち。
けっこう生意気。

友達の健ちゃんは、小柄でおとなしい雰囲気ですが、クールでわりとハンサム。
二人は親友で、とてもうまくいっています。

私が二人を食べるきっかけになったのは、私の趣味のお菓子作りの試食部隊として二人がうちに出入りを始めたこと。

最初は色気より食い気で、私が作ったケーキなんかを喜んで食べてくれていましたが、打ち解けるに従い、私が得意の猥談で挑発し始めました。

と言っても最初は
「キスしたことあるの?」
「早く彼女作んなきゃ」
ぐらいの会話でしたが、
「女の子のおっぱいさわったことある?」
の質問から、お調子者の裕君が、ふざけたふりをして私の胸やお尻に触るようになりました。 この記事の続きを読む