閲覧数: 2,419 PV

読了時間:約 3

骨折で入院していた時だけど、眠れなくて喫煙室でボーっとしてたら、同じように眠れなくて暇してる女の子がきた。 名前はカオリで、17歳の高校生。 すぐに仲良くなり、お互いの病室を行き来するようになった。 何度か会ってるうちにエッチ…

閲覧数: 2,048 PV

読了時間:約 4

この間、友人にコンパに誘われた。 男3×女3、相手はO女子短大。妹の通ってる学校だったんで、もし妹の知り合いだったらマズイかなーと思ってちょっと躊躇したけど、やっぱり行くことにした。 当日、先に着いて女の子を待ってたら、5分ぐら…

閲覧数: 2,768 PV

読了時間:約 5

これは私が大学生の頃、実際にあった巨乳JKとの体験談です。 当時、私はコンビニの夜勤のアルバイトをしていました。 夜勤は私と同じ年の大学生ばかりで、基本的には裏で談笑してサボっているような仕事でした。 ある時、夕勤にJKが二人…

閲覧数: 2,765 PV

読了時間:約 4

おれは27歳になる普通の会社員です。 つい先日、念願の友達とのセックスが実現したので報告させて下さい。 その相手は大学時代に知り合った純子という27歳のコで、美人なうえかなりの巨乳の持ち主。 大学時代はお互い恋人も居て、正直何…

閲覧数: 3,971 PV

読了時間:約 4

中学生の頃の思い出です。 幸運にも私のクラスには、学年でもトップクラスの人気を誇るY美がいました。 さらに幸運な事に、私はY美の乳首を見る事ができたのです。 私はたまたま掃除場所がY美と一緒だったのですが、当時Y美はブラジャー…

閲覧数: 2,711 PV

読了時間:約 6

叔母さんが引っ越すので手伝いに行きました。 もともと、僕のアパートから歩いて15分くらいの所に住んでいた叔母さん。 引っ越し先は、最寄りの駅から一駅だけ南の方へ下った場所です。 叔母さんは20代半ばの頃に一度結婚しましたが、二…

閲覧数: 2,087 PV

読了時間:約 3

僕達は30代前半の夫婦です。 結婚して2年近く経つがそろそろ新しい刺激がほしかった頃の出来事。 その日、嫁さん(K美)が学生時代からの付き合いだった女友達(E子)とその旦那さんが家に遊びにきていたのだ。 お酒を飲んで4人とも程…

閲覧数: 2,861 PV

読了時間:約 2

ある日、会社に戻ると話し声がした。 留守番している事務員28歳L美だ。 どうも会社の電話で私用電話をしている様子。 少し聞いていたが相手は男のようで会社の愚痴ばかり話している。 ソッと覗いてみると足を机の上にあげている。 …

閲覧数: 2,458 PV

読了時間:約 3

これは2年前。僕が22歳だった頃に、北海道のオシャレな居酒屋でアルバイトをしていた時の体験談です。 5つ上に結衣さんという、身長が低くて胸が大きくて、広末涼子似のとっても可愛くて美人な先輩がいました。 その人は前の仕事はスナック…

閲覧数: 1,788 PV

読了時間:約 4

高校時代の友人の結婚式で8年ぶりに会った女とのSEX。 その女とは二次会で偶然(?)隣に座り、二時間ぐらい身の上話をした。 高校生のときはあまり話したことが無かったため、昔話をするには話題が乏しかったが、まあ割と盛りあがった。 …

閲覧数: 2,031 PV

読了時間:約 2

今日、今年最後の献血に行ってきた。 献血ルームの看護師はたまーーーーに20代の人もいるが、本当にたまにで、ほとんどが40後半~50代ばかり。 仕方がないのでお菓子と飲み物を目当てに行く。 年末休みで少し混み合っていたが、看護師…

閲覧数: 1,879 PV

読了時間:約 2

実は今日同じクラスの、女の子3人に集団でいじめられました。 いつもいじめられてるのですが、今日はいつものいじめとちがいました。 終業式が終わった後「おまえちょっとこいよ。」といわれ、バレー部の部室につれていかれました。 そこに…

閲覧数: 2,211 PV

読了時間:約 4

僕は22歳の社会人2年生です。 仕事もだいぶ慣れてきて、先輩たちとも仲良く飲みに行くようになりました。 そんな先輩の中でも、一人ちょっと厳しめの方がいるのです。 その先輩はミユキというしっかりした女性。 小柄で可愛らしいショ…

閲覧数: 1,833 PV

読了時間:約 3

以前勤めていた会社が、いわゆる編集プロダクション(雑誌や書籍の編集やライティング請け負うとこね)なんだけど、そんときの話を少々。 5年くらい前かな。 ある日、新入社員で女の子が入ってきた。 ただでさえキツい職場だ、周りはほとん…

閲覧数: 3,305 PV

読了時間:約 7

あれは土曜日の朝の出来事。 前日の夜に会社の同僚と飲んで朝帰りした時のことだった。 六本木から某私鉄の始発に乗って到着したキーステーションで、爆睡状態の彼女がいた。 俺も朝帰りだからフラフラだけど、すかさず彼女の横をキープ。 …