閲覧数: 1,059 PV

読了時間:約 4

オレの知人には女優の卵がいる。 キョウコという24歳の背の高い女だ。 何とかオレよりは低いのだが、それでも170くらいはある。 モデルのような体系でスタイルも良いキョウコは、本当に最初はモデルとして働いていた。 ファッション…

閲覧数: 1,736 PV

読了時間:約 6

中学3年の夏、俺達は無敵だった。 中学校の最上級生になり、校内に怖い者がいないという環境は好きな事が何でも出来ると思っていた。 俺達は別に悪かったわけではない。 他校のガラの悪そうな奴等に恐怖し、安い万引きをして自慢し合う程度…

閲覧数: 1,444 PV

読了時間:約 5

田舎の小さな事務所で起きた話。 以前、事務に小倉優子似ですごく可愛い、スレンダーなのにかなりの巨乳の女の子がいたらしい。 しかもちょっとしたセクハラなら笑って返すくらいの性格のいい子だったため、オヤジに人気があった。 婚約者の…

閲覧数: 2,271 PV

読了時間:約 4

オレがまだ若いころのことだが、フリーターをしている時代にファミレスでもバイトをしていた。 たまたまオレは飲食店の経験があり、お金が稼ぎたいという理由でファミレスに。 気楽にやるつもりだったのに、バイトリーダーになってしまって。 …

閲覧数: 1,889 PV

読了時間:約 4

この夏の出来事。 配送先の担当者の三枝子さんとの話。 三枝子さんは42歳で、細身ですが、なかなかの巨乳! その日は遅れてしまい、いつもは受け取る人が何人もいるのだが、到着した時には三枝子さんひとり。 急いで荷物を下ろし、仕分…

閲覧数: 1,605 PV

読了時間:約 7

私はユキ(23歳)、総務課に勤務しています。 美貌とナイスバディでは会社でナンバー1の自負があります。 身長162センチ、バスト92(Fカップ)、ウエスト58、ヒップ88。 均整の取れたスタイルに長い脚、自分でもウットリしてしまう…

閲覧数: 1,716 PV

読了時間:約 4

私は38歳の主婦です。 あれは昨年の7月の出来事でした。 主人のお義父さん(当時60歳)は大工の仕事をしていて、脚をケガし自宅で養生している時の事でした。 主人(40歳)はサラリーマンで、お義父さんの事なんか私に任せっきりで、…

閲覧数: 1,591 PV

読了時間:約 6

僕(ショウ)と彼女(レナ)は高3の頃から付き合って、かれこれ3年が経つ。 お互いに会おうとすることも少なくなり、エッチもマンネリ気味。 そろそろ別れの時期が来てるかなと思ってました。 それを大学のサークルの先輩に飲みながら相談…

閲覧数: 1,280 PV

読了時間:約 4

結婚4年目の28歳です。 主人以外の人と男女の関係を持ってもう2年です。 主人とのエッチも気持ちいいけど、同級生の和也は、これまで眠ってたエッチで大胆な私を開花させた人。 だから主人の事を心から愛しているのに、身体は和也を求めてし…

閲覧数: 2,091 PV

読了時間:約 11

大学時代の話だ。 俺、空手部に入ってたんだけど体硬いとダメだね。 初段試験があるっていうんで、蹴りの練習に打ち込んでたのがどうもいけなかったらい。 椎間板ヘルニアっていうやつに罹ってしまった。 体が硬くて蹴りが上がらないのに…

閲覧数: 1,726 PV

読了時間:約 8

学生の時、ヲタ系サークルでいつもつるんでた女子がいた。 名前は『リク』ってしとく。 同じ地方の出身で、好きなアニメやら声優やらでも気が合って、サシで飲んだり、頼まれてリクの作った同人作業の手伝いをしたりもしてた。 俺んちで宅飲…

閲覧数: 1,985 PV

読了時間:約 10

俺の通った中学校には週番という制度があって3年になると、クラスの出席番号順に男女ペアが 組まされて、放課後に学校中の戸締まりを点検して用務員室に届けるというのがあった。 その頃の俺は香織という、ちょいデブだけど胸の大きい大橋未歩…

閲覧数: 1,737 PV

読了時間:約 3

年末年始、嫁の家族と一緒にスキー旅行に行った。 大きめのレンタカーを借りて、自分・嫁・両親・義妹の5人だったのだが、今年は雪が多かったので比較的雪道に慣れている自分がずっと運転することとなり、3時頃に宿に着いた時には自分一人がクタクタ…

閲覧数: 2,265 PV

読了時間:約 8

巨根のヤリチン人生。 女は竿で管理するという格言がある。 誰が言ったか知らないし、女も巨根が好きかどうかは知らないが、ネット上では 『巨根で良い思いした』 とか『女の子も巨根が好き』 みたいな、本当かどうかも疑わしい定説が蔓延し…

閲覧数: 1,483 PV

読了時間:約 4

私の店でバイトしていた由香里(仮名)は去年高校を卒業したばかりのフリーターで、19歳にしては大人しく、いつもあまり喋らないで黙々と仕事をしているタイプでした。 ある晩、店が終わった後何の気なしに夕食に誘ったところ、由香里は少し迷ってい…