このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

toshositu

高校のときの話です。
K君というクラスメイトがいました。長身ですらっとした、寡黙そうなイケメンです。
もともと、ちょっと、いいかなって思っていたんです。

ある日のこと。
図書室の奥の方で、資料を探していたら、K君を見かけました。
図書室の隅で、窓際にもたれかかって、本を立ち読みしていました。

なんか黒っぽい表紙で、よーく読んだらタイトルが……さすがに実際になんというタイトルだったのかは覚えてませんので、ちょっと似たようなタイトルを挙げてみます。
『陵虐 四泊五日の修学旅行で襲われた三人の女教師』。

そうです。フランス書院文庫です。いえ、私もそのときはまだそんなものが存在することも知らなかったんですけど。
えっちな本だってことくらいはタイトル見たらわかりました。

「 高校の図書室の片隅でおっぱい舐められた話・・・・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

onsen

就職の内定もきまりようやくほっとひと息、ということで、気の合う男友達(悪友?)と温泉旅行に行くことにした。
雑誌でもあまり取り上げられない、穴場的なスポットらしい。

「ここ、隠れ混浴らしいぜ」
道中、車を運転しながら、悪友がニヤリと笑う。
でも、待てよ。旅館のホームページには、混浴という情報はひと言も書いていなかった。
そもそも隠れ混浴とはどういう意味なんだろう。

まあまあ、きれいな旅館だった。
着いて早々、美人の仲居さんが笑顔で出迎えてくれる。
夕方過ぎに着いたので、その日は夕食だけをとり、観光は次の日にまわすことにした。

「 穴場温泉宿の隠れ性的サービス・・・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

bukyo

中学生の頃、毎日のようにヒロという友達の家に遊びに行っていました。

ヒロには4つ上の大学生の姉がいました。
姉は彩香といい、ヒロとは仲がよく俺達が喋ってる所によく割り込んできました。

「タカ君また来てるの?少しは勉強しなきゃヒロみたいにバカになるよ」
「ヒロは相当勉強出来るじゃないですか」
「全然だよ〜。なんなら勉強教えてあげようか?」

彩香は名の知れた大学に通っているため教えてもらう分には申し分ないように思うのですが、あまり可愛くなくちょっと太っていたため当時の俺は教えて欲しいとは思えませんでした。
(今はちょいブス巨乳は大好物ですが…)

「 【初体験】友人のブス巨乳な姉に誘惑されてパイズリされた結果・・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

kanojo

自分には学生の頃から付き合って7年になる彼女がいます。

名前は亜紗子、27歳、166cmで52kg、おとなしい顔立ちですがキレイな子です。胸はFカップあってお尻も太腿も程よく肉付きがよくて、自分的にはたまらないスタイルをしています。

そして自分ですが、自分は寝取られ妄想M男(彼女とは同級生)です。
何年も亜紗子が他人棒で犯されるのを妄想してはオナニーばかりしていました。

現実に実行する勇気もなく、いつも亜紗子に自分の願望を伝えているだけの日々でした。

亜紗子は強気な性格という訳ではないですが、しっかり者で自分の意志を持っている子です。
根は真面目でエッチな話にはあまり乗ってくれず、亜紗子の願望や淫らな部分を聞き出すのはいつも一苦労でした。

自分は亜紗子の全裸の立ち姿が好きで、いつも嫌嫌言われながら写真を撮ったりしていました。
最近になって上手ではありませんが、嫌がる亜紗子に頼み込んで緊縛することに成功しました。

「 【寝取らせ】彼女に目隠しして縛り上げてネットで知り合ったオヤジに抱かせてみた結果・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】まさかのヤンキーが将棋部に・・・

投稿者女性が中1の時、周りが色恋沙汰に敏感になり始め、先輩と付き合うことがステータスのようになっていた。そんな中、投稿者が好きになったのが、二つ上の先輩。運動もできて目立つ存在のヤンキーで接点などないと思っていたのだが、まさかの将棋クラブで一緒になることに・・・。

shougi

私が中学一年生だった時のことです。

特に性に目覚めていたというわけでがありませんが、みんな色恋沙汰には敏感になっていました。
彼氏ができようものならみんなから崇められたり、逆にいじめの対象になったりもしました。

しかし必ずと言っていいのが先輩と付き合った人はいじめられないというレールに乗ることができるのです。そして私が好きになったのは二つ上の先輩です。

その先輩は言ってみたらヤンキーだったのですが運動もでき学校では目立つ存在でした。
当時の私は先輩のことをかっこいいというよりは「この人と付き合えたら箔がつく」と言う感じでしか見ていませんでした。

とはいえ二つ上の先輩なんて接点がありません。
ところが偶然にも週一で行われるクラブ活動(部活とは違い土曜日に行われていた)でたまたま同じクラブになったのです。

クラブは囲碁将棋でなんでこの先輩がいるの?と思ったのですがとにかく一緒になってしまいました。
しかも囲碁将棋クラブなんてはっきり言ってマイナーなクラブで潰す潰さないでもめていました。

そのくらい人数の少ないクラブだったため会話しない人間はいないくらいです(合計で五人くらいだったと思います)

「 将棋オタクの私(女)とヤンキー先輩との”手コキ”の思い出・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】靴屋の女性店員は気を付けないといけない・・・

投稿者が登山靴を買いに行った時の話。売り場の店員は可愛らしい女の子で一生懸命接客してくれて好感が持てた。さらにその女の子を気に入った理由はもう一つあった・・・。

kutuya

先日、靴を買いに行った時の話。

その店は登山用品を扱う店で、俺が靴の試着をすると熱心に対応してくれた。
「今年、初めて山に登りたい」と靴売り場担当らしい店員に話しかけた。

ちょっと地味な感じだが、いかにも「アウトドア好き」ってカンジの小柄な可愛らしい20代前半くらいの女の子。
売り場の隅に置かれたベンチに座って何足か試着してみる。

試着用の靴下を履き終わると、女の子は丁寧に一足づつ俺に履かせてくれた。
まるで王様になった気分、丁寧な応対に満足しながら目の前にしゃがみこんだ彼女を見ていた。

すると彼女の胸元がかなり開いていることに気づいた。
お店のエプロンの下に着ているのは襟ぐりが大きく開いたボーダーのカットソー。
ちょっと意識して見るだけで、その中に着ているブラジャーまで丸見えだ。

子供っぽいカンジの彼女にお似合いの薄いピンクのブラジャー、肩紐の付根に赤いリボンがついているのまでハッキリ見えた。

期待しながらチラ見していると・・・、見えた!
俺の履いた靴の紐を縛ろうと体を乗り出した時、パカッと浮いたブラジャーの隙間からから生オッパイが見えた。

「 【変態】靴売り場のかわいい女性店員に30分以上接客してもらった理由・・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】調子に乗って生乳首まで摘んでしまうのだが・・・

投稿者男性が会社の送別会の二次会で先輩の家で飲んでそのまま雑魚寝。深夜に目が覚めると皆爆睡中。お気に入りの巨乳の先輩も爆睡中。そこで童貞な投稿者は2ちゃんのエロ体験談を見ていたこともあり、先輩の巨乳を触ってみることに・・・。

kyonyu

この間あった送別会の出来事について書こうと思うんだけど、見てる人いる?
とりあえずコピペしてく

送別会の二次会での出来事
ついこの間会社の送別会があって、職場の先輩達と飲んだ。

因み俺はまだ一年目。職場は20~30代の女の子が多い。

一次会は社員全体で飲んで、解散した後飲み足りない人たち俺含め男3人、女2人と男先輩の自宅行って宅飲みした。

11時位に先輩宅着いて、そこからビールやらウイスキーやら飲み、割と皆酔っていた。
その時の会話は皆の恋愛話やら好きなタイプやら、特別エロい展開になる訳ではなく普通に楽しく話してた。

余談になるが、俺は大学時代はこうして仲間と宅飲みなんてしたことが無かったから、この環境は凄く楽しかった。

1時30分位になると家主が寝はじめて、他4人も寝るかって感じで、フローリングの上で4人が座布団一つを囲って枕にして、雑魚寝しただ。(←イメージつくかな)

ふと目が醒めて、時間を確認するとAM3時。他4人は鼾かいて寝てる。
この時の雑魚寝ポジションは、俺が時計の6時の位置だとすると3時の位置に女Aさん。
9時の位置に男Sさん。んで俺の真上、12時に女Hさん。

このHさんて人…結構可愛くて、おっぱいも大きく、職場の俺ランキングでは上位いってる人。
そのHさんの頭が俺の頭すぐ上にある。
むくりと起き上がり、辺りを見ると皆寝ていて、起きる様子がない。

「 【イタズラ】飲み会後に雑魚寝→先輩の巨乳を触るも起きない→乳首を摘んでみた結果・・・・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】PCには生徒が体を貼って収集したすごいコレクションが・・・

投稿者男性が大学生の頃、学習塾でバイトしていた。適当な経営者に実質経営を任されていた投稿者にはよく助けてくれる女子大生がいた。かなりの美人だったがサバサバした子だった。しかしある日、その子が乳首まで見えそうな胸チラをよくしていることを発見し、そのことが原因で事件が起きる・・・。

munechira

数年前の話なんだが。

俺は、あるちっぽけな塾でバイトをしていた。
他にも何人かいたんだが、その中に、大学2年生の女の子がいた。

どう見てもかなり美人なんだけど、本人は自分を飾ることに興味はないらしく、化粧はほとんどしてなかったし、髪もショート。
だからと言って全然だらしないわけではなく、むしろいつも清潔感があった。

あとは、昔からバスケをやっていて、かなりのスポーツ好き。
そのせいか、けっこう体育会系の考え方をする子で
いちおう先輩にあたる俺の言うことをよく聞いてくれたし本当に一生懸命やっていた。

ここ経営者はかなり適当な人だった。
他にもいろいろ仕事をしているらしく、運営はほとんど俺任せ。
合鍵を俺に渡していて、塾の開け閉め、現金の管理、アルバイトの面接、教室の管理運営など、ほとんどすべて俺がやっていた。
その分給料もかなりもらっていたので不満はなかったし、俺も好きでやってたんだけど。

まあ、ともかく、そのせいでかなり忙しかったんだが、その子(美香)は、すごく協力的な子でバイトの時間が終わった後も、残って俺の手伝いをしてくれた。
そのせいで、他のバイトのやつらよりも自然と会話をする機会が増えていった。

そんな中で分かったのは、今は付き合っている人がいないということ。
中学時代に、周りのブームに乗って、たいして好きでもない男と少しだけ付き合ったらしいけど、本人曰く、そのことは黒歴史らしい。

それ以来、バスケ以上に好きな人ができるまでは彼氏は作らない、と決めているようで、バスケとバイトが私の生きがいです!とのこと。

美人なのにもったいない…って俺が言うと
「そんなこと言っても何も出ませんよー」
って言って笑ってた。

「 【役得】塾バイト時代、女子大生講師の胸チラを盗撮してた生徒を捕まえた結果・・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者の巨根を見た人妻は・・・

(前回のあらすじ)元ニートで大学生の投稿者男性が山道をドライブ中に助けた三十代の夫婦と一緒に同じ目的地だった鉱泉へ。そこでまさかの混浴に3人で入ることになる。そして童貞の投稿者を悪ふざけした夫婦がからかいだすのだが、なんともおいしい体験をすることに、・・・。

前編はこちら
【奇跡】ヒキニートだった俺が山道で困ってる若夫婦を助けた結果・・・・・・・・・・・・

onsentekoki

椅子に座らせられると、背中から洗い始める由紀子さん。
手で背中を洗っていたが、急に体を押しつけてきた。

背中で由紀子さんのおっぱいが上下左右に動き回る。
おっぱいで洗ってくれているようだ。

俺は、ただただうつむいて、その感触をドギマギしながら楽しんでいた。

しばらくすると、由紀子さんは後ろから抱え込むように両手を伸ばして、俺の胸や腹なんかを洗い始める。

指先で、乳首を転がすように洗いながら、
「あっ君、綺麗になってる?気持ちいいかな?」

なんて声をかけてくる。

正直に言って、童貞の俺には乳首はくすぐったいだけだったが、背中のおっぱいの感触がたまらなく気持ちよかったので

「はい!気持いいです!」
元気よくそう答えた。

すると、由紀子さんは素早く俺のタオルを取り払い、俺のガチガチのチンポを握ってきた。

「 【奇跡】ヒキニートだった俺が山道で困ってる若夫婦を助けた結果・・・・・・・・・・・・(後編) 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】車に乗せて一緒に温泉へ→なぜか一緒に入ることに・・・

投稿者男性は引きこもりだったのだが、親からご褒美に車を買ってやると言われて大学受験し、見事合格した。大学生になってからは愛車のパジェロミニを運転して山道をドライブするのが趣味になっていたのだが、ある日、山道で夫が足をくじいて困っている若い夫婦に出会う。

onsen

昔、引きこもり気味だった俺に、親が「大学受かったら車買ってやる」と言ってくれて、頑張って予備校かよって勉強した結果、引きこもりも治って車持ちの大学生になれた。

たまたま流行ってたパジェロミニを買ってもらった事もあって、林道を走り回ることにハマっていた。

舗装もしていない山道を、ただ走り回るだけだったがとても楽しく、ダムや廃村なんかで写真を撮ったり、鉱泉でお湯につかったりして楽しんでいた。

たまに友人も連れて行ったが、基本的にいつも一人だった。

その日もいつものように学校のない平日を、林道で楽しんでいた。

車がギリすれ違えるかどうかの、細い未舗装の道を走っていると、遠くに2人組のハイカーが歩いているのが見えた。

この林道は、登山口にもつながる林道なので、ちょくちょく見かけるのだが、二人のうちの一人が足を引きずっているように見えた。

片方の荷物を、小柄な方の一人が全部もっていて、見るからに大変そうだった。

近づいていくと、二人揃ってこちらを振り返る。
男性と女性の組み合わせで、結構年上に見えた。と言っても、俺が19の時の話だ。

目が会った事もあるが、女性がいると言う事もあって、車を止めて声をかけた。

「 【奇跡】ヒキニートだった俺が山道で困ってる若夫婦を助けた結果・・・・・・・・・・・・ 」の続きを読む