このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】獣姦プレイが見たい、長年の夢がついにかなう・・・

投稿者男性には「犬と人間のセックス」を見たいという性癖があった。そして獣姦AVを見ていつかは獣姦プレイを見てみたいと思う日々を悶々と過ごしていた。そんな時、ついに獣姦プレイを経験したことがあるという女性に出会う・・・。

jukan

私にはどうしようもない性癖があります。

それは犬と人間のセックスを見たいということです。
もちろん犬がオスで人間が女性です。
なぜそんな性壁を持つようになってしまったかというと大学時代に借りたAVの作品紹介の中に獣姦プレイがあったからです。

その時見た際に気持ち悪いと思ってしまったのですがAVを返してしばらくするとそのことを思い出すようになってしまい(肝心のAVについてはすっかり内容を忘れてしまいましたが)どうにかして見れないものかと悶々とするようになってしまいました。

それからというもの私は行きつけのレンタルビデオ店で獣姦プレイものが入荷されたら貪るように見ていました。
こんなプレイできるのかな?とかこんなの生で見たいなという思いが徐々に強くなってきたのです。

もちろん彼女にそんなことを打ち分けられるわけもなく、前に一度だけできたセフレにもそんな性壁を暴露したらドン引きされてしまいました。
そんな中偶然にも獣姦プレイをしたことがあるという女性に遭遇しました。

とある乱交パーティーで意気投合した女性とバーで話していたときのことです。
お互いの性壁やどんな変態プレイをしたことがあるかということ盛り上がったのです。
最初はそこまで引かれないであろう青姦であったり、1対複数の話で盛り上がっていました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】衝撃的な内容が子供心に焼き付いて・・・

投稿者男性が幼いころ、床屋へ行くのが楽しみだった。その理由は床屋においてあるエロ本が読めることだった。そして投稿者の性嗜好に影響を与える一冊の本と出会う。それは文字ばかりのエロ雑誌だったのだが・・・。

tokoya

子供のころ床屋に連れて行かれて楽しみだったのが店に置いてあるエロマンガが読めることでした

大人向けの雑誌で表紙はエロくなくほとんどが文章でしたが、
表紙からしたら普通なので親の前で隠れ読むのもスリルでした

しかし中に2作品ほどエロマンガが掲載されていたのです

もう30年以上前の話ですからなんという雑誌か作者かわからないのですが
自分流にちょっとアレンジして書きます

 

令嬢が気が付くと地下室?らしい部屋の中です
全裸で犬の首輪、なぜ?どこ?

ドアが開き初老の男が手に牛乳とパンと犬用の皿を持ち入ってきます
記憶が目覚めます、アメリカ留学中両親が事故死して帰ってきたのです

令嬢は会社を狙うこの男が犯人だと疑っていたのです
男は、パンをさらにちぎり入れ牛乳をかけおなかすいたろうと進めます
女とはいえスポーツ万能の令嬢は襲いかかります、初老の男はわけもなくくみ倒されてしまいます

両親を殺したのはあなたね!
しかし体に衝撃が走りのけぞり立場は逆転します、

男の手にはリモコンのスイッチが
令嬢の股間には電極が取り付けてあったのです、

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】義父の策略に嵌ってしまった主婦の悲劇・・・

忙しく不在がちな夫。同居する義父にいつもいやらしい目で見られていた投稿者女性(45)。ある時、夫が1週間の長期出張へ出たとき、ついに義父の毒牙にかかってしまう。しかも義父だけでなく愛犬の大型犬にまで慰み者にされる始末・・・。

jukan

私(幸恵:45歳)は義父(68歳)に犯されました。

夫(45歳)は土建業で営業課長をしており、出張も多く休日も会社に出る事が多かったんです。
息子(22歳)は大学に進学と同時に家を出て1人暮らしをしています。

そんな訳で、家には義父と私の2人で過ごす事が多かったんです。
結婚当時は別に暮らしていた私達も、義母が病気で亡くなり仕方なく一緒に暮らす事になりました。

一緒に暮らして数年が過ぎた頃から、義父が私を厭らしい視線で見ている事を知りました。
息子が大学に合格し、家を出ると義父は淋しさからか?一匹の犬を飼いはじめたんです。

名前はルイ、雑種だと思いますが大型犬の血を引く雄犬です。
義父はルイを可愛がり、面倒は義父が全てやっていました。

ある日、夫が1週間の出張で家を空ける事になったんです。
夕食を終え、私は風呂に入る事にしました。
湯船に浸かりながら”ホット”していると、窓の隙間から感じる視線。

もう何年になるでしょうか?夫が居ない時は決まって義父が風呂を覗きに来るようになっていました。
以前、義父に覗かない様に言うと、凄い勢いで”証拠はあるのか?”と怒鳴られた事があり、義父は認めようとしません。

それ以来、私は義父に覗かれている事を知りながらも諦めていました。
湯船から出て、体を拭き脱衣場へ入った瞬間、突然ルイが脱衣場へ入って来たんです。

”ルイ!どうしたの?ダメよ”と言っていると、義父も脱衣場へ入って来ました。
”お義父さん!何ですか”と思わず身を屈め隠す私。
全て義父の仕業だったんです。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】息子が家を出たので大型犬を飼うようになった投稿者一家。普段は義父と2人でいることが多い。そんなある日、犬が股間の臭いを嗅いで舐めてくるので、思わず感じてしまった彼女。しかし義父がやって来て終了。その後、コタツで義父と寛いでいるところへまた犬が入って来て中からマンコを舐め始めた・・・!

52歳の夫と76歳の義父、そして愛犬シロと暮らす私は45歳になる主婦です。

1人息子も2年前に高校を卒業し、都市部に就職が決まり家を出ました。
息子の代わりと1匹のラブラドール(シロ)を購入し、一緒に暮らす事になったんです。

シロの世話は私がしていた関係で、シロは私に随分と懐いています。
そんなある日、キッチンで夕食の準備をしているとシロが近づいて来て、私の傍でクンクンと臭いを嗅ぐ仕草を始めました。

”どうしたの?シロ”
と言いながら食材を切っていると、シロがスカートの中へ首を入れて来て、やはり臭いを嗅いでいる様です。

”もう!シロったら”
そう思った瞬間、シロがアソコをペロペロして来たんです。
”えっ”
荒々しく息を荒らしながらシロのペロペロは止まりません。

久し振りの愛撫に、私の股間も反応を始めてしまいました。
数分だったと思いますが、何だか気持ちが良かった事もあって、私は暫くシロの愛撫を楽しんでいたんですが、義父がキッチンの方へ来たのを知り、”シロ駄目よ”と引き離しました。

気づけば、シロの唾液と自分の汁でパンティはすっかりベチャベチャになり、私はパンティを脱ぎ洗濯機へ放り投げました。

その日、夫は接待らしく帰りが遅いとの連絡が来ました。
義父と2人で夕食を済ませ、居間で寛いでいるとシロが来て、やがてシロはコタツの中へ入って行きました。
我が家は堀コタツで、中が広くシロが入っても十分にスペースがあります。

寒くなりコタツに電気を入れるとシロは必ず中に入って暖を取ります。

シロがコタツに入って数分が過ぎたでしょうか?
ふくらはぎから太腿に掛けて、シロの息が当るのを感じ、やがてシロの顔が足の間に入って来るのを感じました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】工場で働く43歳独身の投稿者女性は、露出オナニーが好きな変態さん。ある日、いつもの場所で露出オナニーをしていると物音が。見ると一匹の大型犬だった・・・。

私は43歳になる独身女性です。

私には変わった性癖あるんです。
それは野外露出とSM・獣姦に興味があるんです。

田舎の工場で働く私は、凄い田舎の古いアパート暮らしをしています。
会社から細い山道を抜け、自宅に向かいます。

山道は地元の方でもあまり利用しない道路で、車1台が通れるほどの道幅で、舗装も居たんで、所々穴が開いています。

夜は外灯も無く、静まり返っていてちょっと怖い感じがしますが、私には露出をするのに最高の場所でした。

途中、横道に入ると昔資材置き場に使っていたと思われる建物があります。
そこは車3台程が停めれるスペースがあって、私はいつも車をそこに置いて資材置き場の建物に向かいます。

昔、事務所だったと思われる部屋で全裸になり、古びた机に身体を縛りムチで叩いて喜びを感じているんです。

通販で買った道具を次々とマンコへ挿入し、私は1人逝き捲ります。
誰も居ない場所なので、大声を出しても気にする事はありません。
心の中では、誰かに気づかれたら・・・何て考えながらするオナニーは最高です。

少し前、暗闇に電気を照らし1人エッチを楽しんでいると、物音が聞えました。
一瞬驚き、大きな声を出してしまいましたが、明かりを照らすと1匹の大きな黒い犬だったんです。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】ある日投稿者男性の家にやってきた見知らぬ一匹の犬。餌をやるととてもなついてくる。毎日のようにくるのでかわいがっていると妻のスカートの中に顔を入れるようになったのだが・・・。

私達夫婦の秘密の体験談です。

私の妻(幸江36歳)は、獣と繋がる事に快楽を感じています。

結婚10年目を迎えますが、子供はいません。
SEXの愛称は良いのですが…。

街外れの安い長屋を借りて住んでいたんですが、ある日を境に見知らぬ犬が訪れて来る様に
なりました。

茶色い大型犬で雑種の様でした。

首輪は付けているので、飼い犬だと思います。

凄く人懐っこい性格なのか?尻尾を振りながら近寄って来るので、パンや牛乳を飲ませると
凄い勢いで食べ尽します。

毎日来るようになり、妻共々可愛がっていました。

休日、妻が洗濯物を干していると、どこからともなくペコ(勝手に付けた名前)が来て、妻の元へ
近寄って来ました。

”ペコ?またご飯が欲しいの?ちょっと待っててね”

妻が洗濯を干し始めると、ペコが妻の足元でクンクンし、やがて妻のスカートに顔埋め足の臭いを
嗅ぎ始めたんです。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者女性は田舎育ちで、動物をたくさん飼っていた。その成果動物の交尾は見慣れていて、小学校の時にはふざけて「交尾観察会」なるものまでしていた。しかしそのせいで中高と浮いてしまい、犬にバターを塗って舐めさせてばかりいたのだが・・・。

田舎にある私の家は、昔から動物をたくさん飼っていました。
だから、幼い頃から動物の交尾には見慣れていました。
いつもは大人しい鶏もうさぎも、犬も、発情期になると腰をカクカクさせて面白かったです。

小学校の時は、友達を連れて「交尾観察会」なんてのもしていました。
もちろん、すぐに友達のママからクレームが来て叱られましたが。
その時、初めて「交尾」は隠さないといけないことだと理解しました。

隠さないといけないと思うと、なぜかとても興奮しました。
「誰にも言わない?」「秘密だよ?」と数人を秘密の交尾観察会に誘いました。

口の軽い子はできるだけ誘わないようにしていたのですが、ある男子だけ
「お前らコソコソ怪しい!先生に言ってやる!」と言われ、仕方なく見せたことがあります。

すると、その男子は「なんだ。交尾なら、うちの母ちゃんもしてる」と言ったのです。

お父さんとお母さんも交尾するの?と女子とクスクス笑っていましたが、その男子は
「父ちゃんと母ちゃんは、お互いのお尻舐め合うんだぜ!それから交尾するんだ。」
と教えてくれました。

それから数年経ってから、私は獣姦というものを知りました。

その時はまだ処女だったので、彼氏がいたら早く交尾したいと思っていたのです。
でも、なかなか彼氏ができず…。

なぜなら、「交尾観察会を小学校の時にしていた」と女友達にバラされてから、中学高校でも浮いてしまっていたからです。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】フリーの記者だった投稿者は昔、とある自称学者から女性とセックスするウミガメがいると聞いた。そして実際にそれを体験した女性の話も食効くことができ、半信半疑で沖縄のとあるビーチへ向かう・・・。

タイトルの通り、信じられないことに人間の女性と”交尾”する海亀がいること知ったのは10数年前、僕がフリーの記者をしていたときでした。

情報の出所は”自称”、生物学者を名乗る学者からでした。
それだけでも怪しい情報だと思いますが、学者が言うには、その亀は通常のアカウミガメなどの海亀から”突然変異”した種とのことです。

学者の話を要約するとその”亀”はちょうど真夏の7月、8月頃に繁殖期を迎え、沖縄県のとあるビーチに夜中に上がってくる習性があるとのことでした。

通常砂浜などに上がってくる海亀はそこで雄と雌がお互いパートナーを見つけ、交尾に及ぶのが普通ですが、おかしいのは、その亀に限っては、ビーチに上がってくるのは何故か皆”雄”の亀ばかりであり、雌は一匹もいないというのです。

よって交尾という目的ではない為、どうしてこのような習性があるのか明確には分かっていないとのことでした。。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】義父のいる傍で愛犬に舐められる事で興奮している投稿者女性。義父と囲む堀コタツの中でいつも愛犬にアソコを舐めさせている。ある日、義父が老人会で出かけたので部屋へ入るとエッチな本を数冊押し入れから発見する・・・

義父(76歳)の居る傍で、愛犬に舐められ興奮する人妻45歳です。

夫ともSEXレスで、欲求不満だった私のアソコを求める繁殖期の愛犬シロ。

堀コタツの中で、義父が傍に居るのにシロにアソコを舐めて貰う快楽に夢中になっていました。
義父に見られたら…そう思うと激しい興奮が湧き上がると同時に、義父の存在が大きい事を
実感していました。

ある日、義父が老人会の集まりで出掛け、家にはシロと私だけでした。
義父の部屋を掃除しようと中へ入ると、何かを探して持って行ったのか?押入れが開き、中に
あったと思われる箱が散乱していました。

”急いでいたのかしら?”そう思い箱を押入れの中へしまっていると、中にエッチな本が数冊…。
お義父さんもまだ女性に興味があるのかしら…そう思うと何故かアソコが疼いて来るのを感じ
ました。

そして、義父の部屋でアソコに指を這わせ、私は義父の部屋でオナニーを始めてしまいました。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【驚愕】妻が幼馴染の男の養豚場を自分に黙って手伝いに行っていたのだが・・・

妻(七海:33歳)と結婚して8年を迎え、7歳になる息子も居る35歳の公務員です。

何度か役所を訪れる美人OL(妻)に一目惚れし、こっそり口説いて付き合う事が出来ました。

彼女は色白肌で小顔、海藤愛子アナに似た感じです。

2年程付き合い結婚する事になったんですが、妻は一人娘だったので婿養子として私が彼女の家に入る事になりました。

妻の実家は街の中心部から5km程、山間に入った小さな集落(60軒程)で、しかも更に奥にあり、平屋で小さな家でした。

子供が出来て数年、実家から100m程離れた所に新居を建て、別々に暮らす事にしました。
とは言え、実家は直ぐ近くでしたので、毎日の様に夕食を一緒に食べたり、休日も子供を
連れ実家を訪れる日々でした。

今年の2月だったか?実家で寛いでいると両親が ”近所の畑中さんが体調崩した様だ”と話していました。

畑中さんとは、近所で小さな養豚場と牛を飼っている人で両親も長く付き合っていた人でした。

体力的に限界を感じたのか?畑中さんは長男夫婦の所に行くらしく、養豚場は次男が引き継ぐと
言うんです。

畑中夫婦が引っ越して間もなく、1人の男性が実家を訪れて来たんですが、私は見た事がありません。

「あら!純ちゃん久し振りね」
「どうも!」

義母が懐かしそうに話掛けている男性が、畑中さんの次男(畑中 純:38歳)でした。

「ナナ久し振りだな!元気か?」
「お兄ちゃん・・・ビックリしたぁ~」
「今度、こっちに来る事になったからよろしくなぁ」
「んっ・・・ん~」

その後、純ちゃんは1時間程、お茶を飲みながら懐かしい話をして帰って行ったんですが、直ぐ隣に座った妻の目が泳ぎ、誤魔化すような仕草をしたのを覚えています。 この記事の続きを読む