【興奮】隣に住む憧れてたきれいなお姉さんの部屋にあった意外なモノ・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性の隣に住むきれいなお姉さん。近所のスーパーで顔を合わすようになり、ついに部屋まで遊びに行くことに・・!?

大してエロくない話だが、地方都市在住の俺の隣の部屋、芽衣さんって可愛いOLさんが住んでる。

ロリ系って訳じゃないが、まだ大人っぽい大学生くらいに見える芽衣さん。

お隣さんってことで顔を合わせたら雑談くらいはするようになった。

 

ちなみに、向こうは俺を実年齢より上に見てたらしく(実際は24だが30くらい、自分より年上に思ってたらしい)、俺は実年齢より芽衣さんを下に見てた(実際は28だが22~3、俺よりちょっと下かなって思ってた)。

 

地方都市、お互い一人暮らしだから買い物の場所がかぶる。

仕事終わって惣菜コーナー行くと、スーツ姿の可愛い女の子が半額シール貼られるの待ってると思ったら芽衣さんだったりとか、割と多い。

ちなみに、その光景見たときに、

「なんか、○君には恥ずかしいところばっか見られてる気がするんだけど……」

とか拗ねられた。

年上なのに可愛いと思った。

最近ダイエットのためにエレベータじゃなく非常階段を使って俺達の部屋がある4階に行ってる。

ある日、大量のスーパーの袋を抱えた仕事帰り、スーツ姿の芽衣さんの姿が。

 

「重そうっすけど、今日も階段でいくんすか?」

 

「うん、女の子の綺麗になる努力は、毎日続けないと」

 

「女の子……28歳……」

 

からかうようにそう言うと、

 

「はい、ダウト。○君、荷物持ち&階段昇りに付き合うの決定だからね!」

 

と言われて強引に荷物押し付けられて階段昇りに付き合わされた。

芽衣さんの後ろから俺は上ったんだけど、かなり目の保養になった。

 

というのも、ぴっちりしたスーツに包まれた芽衣さんの少し大きめのお尻が目の前で揺れるし、パンティラインは丸わかりだし。

それが目の前でぶるんぶるんスーツが窮屈そうに、はち切れそうに揺れるし。

バックからやったら相当興奮するだろうな、と思わせるデカ尻だった。

 

上り終わったときには、多分荷物持って身体動かしてなかったら勃起してただろうなって思った。

 

「はい、ご苦労さま。お礼にお茶でも飲んでいく? わたしも鬼じゃないから、そのくらいお礼するよ?」

 

「あー、じゃあお言葉に甘えて」

 

で、芽衣さんの部屋に入ると、同じマンションなのに入った瞬間の空気から違う。

中も部屋は片付いてて、なんかカラフルで壁一枚でぜんぜん違う空間になってた。

 

部屋着に着替えた芽衣さんにドキドキして、でもいつも顔合わせたときの雑談の延長みたいなアホ話して、みたいな感じだった。

 

一度入った後は俺を家に上げるのに抵抗なくなったのか、飯作りすぎたときとか暇なとき、さびしいときに俺を呼ぶようになった。

ただ、くれぐれも「私、年上趣味なんだ~」みたいな感じで俺が勘違いしないように釘刺されてた。

弟みたいに思ってたんだろう。

 

ただ、やっぱり何回も家に行くうちに無防備になったり、俺を家に置いたまま外出するようになった。

その間、もちろん芽衣さんがどんな下着とか、チェックしてたw

 

いちばん驚いたのは、電マとバイブ持ってたこと。

長い間彼氏いないみたいだから、持ってても不思議じゃないかもしれないが、可愛い系でいつも元気な芽衣さんが、電マ、バイブ両方持ってたことに驚いた。

彼氏、長い間いないにも関わらずエロい下着も持ってるし。

 

普段俺のこと子ども扱いする隣のOLのお姉さんも、やっぱり女なんだな、バイブとか電マとか使うんだなって、妙に興奮した。

コメントを書く